スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アドベンチャー・タイム フィンとジェイクとファンブック」紹介

dアニメストアに「アドベンチャータイム」が追加されたそうで。
dアニメストア「アドベンチャータイム」
けっこうあちこちに配信提供されているんですが、全話いかないで止まってたりすることが多いんですが、こっちではどこまでやるんでしょうかね。
とりあえずdアニメストアでは#70までと割と多め。できれば100話以上はいってほしいけど・・・どうかな。

それより、こちら!
81_TJHv5iqL.jpg
アドベンチャー・タイム フィンとジェイクとファンブック

これは、なかなかのオススメ本!

とにかく、「よくわかってる」というのが実感出来る編集になっていて、確かにこれが「アドベンチャータイムのファンブック」だ。という本ですね。

百聞は一見に如かず。
一応、一般向けにアドベンチャータイムの本ですよ〜とわかりやすいカバーではありますが
CA3I05500001.jpg
いわゆるジャケットカバーを外しますと・・・

CA3I05510001.jpg
「教えの書」!

そう、この本の真の姿はEnchiridion。 わかってる感すごい。

目次のページがプリズモだったり!
究極のサンドイッチの詳細なレシピが載ってたり(それを載せる!?)
ツリーハウスの構造だけでなく、バブルガムの城の各部屋紹介だけでなく、キャンディ王国の町並み紹介だけでなく、周辺の各国王国紹介だけでなく、別次元の紹介まで、とにかく網羅。

そして最終ページの奥付が
This Party so CRAZY!!でIsland Songなんですよ
CA3I05580001.jpg

わかってる感すごい。

文中の説明でも、短い文章でありながらも妙に細くて、例えば

「ブレックファースト王国」の紹介なんか
シーズン3ではこの状態だったがシーズン5ではこうなり、シーズン6では街全体がリニューアルされていて順調に発展しているのがわかる・・・ とか!
なんだよその細かい刻み方!! なんでそこまでチェックしてんだよ!

キャラ紹介や世界紹介以外にも、ストーリーでのポイントをピックアップする特集があるんですが、どれもちゃんとツボを押さえていていいです。
マッシュルーム戦争だとか、リッチとかサイモンとマーシーとかとかの他に

CA3I05540001.jpg
フィンの右腕に注目するとかね。 おぬし・・・わかってるじゃないか。ぐぬぬぬぬ。

CA3I05560001.jpg
挿入歌の歌詞全部載せるとかも。
原語の英語歌詞ならネットで調べられるかもだけど、日本語版歌詞がこうやってまとめられているのは貴重。

エピソードガイドはシーズン6までなのが残念だけど、そりゃあ、シーズン7は日本じゃ今まさに放送中だし、これから放送される分もあるからね。
それでも、これから放送予定の「父と娘のカードウォーズ」まではタイトルリストが載っています。
便利なのは、エピソードが収録されている(日本語版)DVDも合わせて載ってるところかな。


日本語版声優インタビューも貴重。
あたりさわりのない感想とかじゃなくて、けっこう収録の際の裏話みたいなのが多いので読み応えがあります。
例えば、「誰かが見てる(The Eyes)」での、アイスキングの「アイスパワー」(いい声)は、丸山さんのアドリブだったみたいですね。
マーセリン役の冠野さんの「歌のシーンはやはり大変?」「大変です」(即答) とかも
ですよね〜〜(特にマーセリンは)と思いながら、読ませていただきました。

そう。そして私が個人的に感動したのがジェイクの斎藤志郎さんのインタビューで
「ジェイクの原語版の声優はジョン・ディマジオさんですが、数年前に別のアニメ(ディズニーの『アメリカンドラゴン』)で彼の役をやらせていただいたことがあったんです。それもフー・ドックという名前の犬の役で、偶然にも主人公の名前が「ジェイク」だったんですよ。」

アメリカンドラゴン!!
フー・ドック!!!

海外アニメの役とかはキャリアから省略されることが多いのを長年味わっていただけに、こーいうの読むと弱いのよ。俺は。私は。
これ読めただけで、買ってよかった・・・(ちょろくてすいません)

なかなか満足度が高い本でしたが、「本」というページ数が限られたメディアなだけに、あ、あれが足りないとか色々あるのは、まあしょうがないかな。
ディスティニー様は?とか・・・ バナナマンは・・・とか
CA3I05530001.jpg
ハントレスウィザードちゃん その他の魔法使い扱いか!!!
もうちょっと話が進んでからだったっら、きっともうちょっと扱いよかったはず・・・ぐぬぬ


というわけで、この本がどういう本かってことを、また別の言い方すれば
『アドベンチャータイム シーズン6(7もちょっと)までを、うまく整理してくれた本』て感じかな。

つまり、その時点までを視聴している読者を前提としているので、ネタバレ容赦ないです。
ネタバレだからとぼかさない腹のくくったリミット解除仕様。
これからのアドベンチャータイムファイナルにむけて、細かすぎる基礎知識として押さえておくべき復習本。
全部見てない人は、その気になるエピソードはどれなのかのガイド本。および見逃してたら補完になる本。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/8512-b8a27f59

コメント

<記名なし>:
なーんだ、てっきり日本アニメにハマっちゃってカートゥーンに飽きちゃったんかと思ってた
復帰おかえりなさい、でも日本アニメも面白いよ
ニサ:
映らない地域に住んでる自分ではどうでもいいやと
2018年以内の放送終了は、悲しくなくとも 
これまでのマスコットやくたっこぬいぐるみ
などの景品に次は、いよいよRWBYのルビーさんフィギュアも
フリュープライズから入荷するね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。