FC2ブログ

ビリマン 混沌と秩序

181.png
黒髪祭に投下してきたバタービーン先生。もっと出番増えないだろうか・・・

おかしなキャラばかりの世界に君臨する女帝マンディ。
一見すると混乱の女神エリスのようなキャラかと思えるが、実は真逆。

ビリマンの初期、コンカルネと同時放送していたころは、ビリマンのテーマは「友情」でコンカルネは「愛」だった。
コンカルネとのセットから独立してからは、方向性が拡散したように思えた。
しかしそれは間違いで、ここまで来て新たに浮かび上がってきたものがあった。
『混沌(カオス)と秩序(ロー)』

ビリマンにおいては善と悪という対立構造は成り立たず、混沌と秩序が物語を支配する。
魔物や怪物、悪魔に神、それらがどれも異界からのおかしなものばかりだが、「混沌(カオス)」を象徴する最たるものはといえばビリー。
物語の多くでは、グリムを異界との接点として、混沌をこちら側へ引きずり込み加速させる役割となる。

ではマンディは? そうマンディこそが秩序(ロー)。
ビリーの引き起こす混沌を強引に元に引き戻すのがマンディの役割となる。
静寂なる平静を望む無慈悲で絶対なる秩序。それがマンディ。
ゆえに、時として混沌たる虚構から降りてしまう時もあるが、一見世界がどうなってもいいように考えているように見えるが、そうではなく無秩序に対して常にそれを収めようとするのだ。
そして、出てくるものすべてが混沌の眷族だらけであるがゆえに、それらどれにも打ち勝つ最強の存在であらねばならぬのである。

ではグリムの役割は? 天秤である。
混沌と秩序を支える天秤。
時に混沌側(ビリー)に時に秩序(マンディ)に傾き、そのバランスを保つ。
グリム自身はむしろ傍観者の立場であろうとし、世界がどうなろうと知ったこっちゃない。しかし、ビリーもしくはマンディの動きによって引きずられ動かされるのである。
bilymantitle.jpg
タイトルロゴを見れば一目瞭然であろう。まさにビリーとマンディをささえる天秤。それがグリム。

ところで、マンディを「女帝」と書いたが果たして本当に女帝なのか?
ビリマン第16話a「帝王マンディ」
むしろ帝王ではないのか? これの原題は「Mandy the Merciless」直訳すれば無慈悲なマンディ。そしてこれはおそらくフラッシュ・ゴードンの敵役、宇宙を支配する冷酷な独裁者ミン皇帝「Ming the Merciless」からだろう。
やはり帝王もしくは皇帝か?

答えはビリマンのエンディングにある。
ビリマンのエンディング(小話じゃなくて)では、キャラクターがタロットで表されている。
ビリーは愚者(The Fool)、グリムは死神(Death)
まあ妥当なとこだろう・・・というかそのまんまだ。
ではマンディは?

タロットでは女帝(The Empress)は名前こそ女帝とついているが、実態は大地母神の象徴であり、繁栄や家庭など強い母性を示す。まずマンディにはありえない。
やはり皇帝(The Emperor)か?統治や支配、安定、強い意思と父性を示す。
しかし答えは違う。マンディは教皇(The Hierophant)なのだ。

bilyman_Hierophant1.jpgbilyman_Hierophant2.jpg
信条や社会性、秩序の象徴であり、皇帝が現世の力による支配ならば、こちらは精神的な支配を示す。マンディの強さは肉体的な強さではなく、心にあるということだ。
図柄にある手前の二人の男はあがめ奉る信者を示す。アーウィン・・・

とまあ、コメントで真空管さんの「女帝と言われながら実はマンディはCNスタジオ作品で一番の良識派かも」という言葉からこんなことを考えた。
まあ教皇には罪を許す「慈愛」の意味もあったりするんだけどね。

つまりこのビリマンタロット欲しいなあ・・・・ということで。

ビリマンといえば、PowerPuffGirls Doujinshiのブリードマンさんが描いている、ビリマンをモトネタとした壮大なファンコミック『Grim Tales』
カスガさんが日本語翻訳したものがこちらにアップされています。>グリムテイルズ日本語版
マンディとグリムの子供、ミニマンディとグリムジュニアの物語。
相変わらずいろんなキャラが出演してます。スポーンやらGAZやらナイトメア・ビフォア・クリスマス。お気に入りはこちら歌劇「レノーア」
ナーゴルJr.がナーゴルと呼ばれているわけは未訳のところで語られているので、英語が苦手な人はもう少し待ちましょう(笑)

ビリマン クトゥルフの呼び声

#52 「イタズラ電話はいかが?」
クトゥルフ!クトゥルフ!
タイトルからして「Prank Call of Cthulhu」でしたな。
クトゥルフがいるってことは、あそこの異界はルルイエだろうか。
アニメではクトゥルーと言っていたけど、そもそも人間には発音できない名称なので読み方は様々だったりしますが、自分はクトゥルフで覚えちゃったので、ついこの表記に。

前にも”門にして鍵”ヨグ=ソトースも出てきたことだし、ディープワンズやティンダロスの猟犬も出てこないかなあ。”這い寄る混沌”なんか出てきたらむせび泣く。マジックアイテムでネクロノミコンや輝くトラペゾヘドロンとかも!

靴だけ電話を通らないという理由がよくわからなかったけど、素足マンディが見れて・・・私はとても幸せだ。バタービーン先生も触手責めで最高だ。バタービーン先生いいよなあ。もっと活躍して欲しい。
ビリマンにはいろんなタイプの話があるけど、クレイジーギャグタイプよか、この手のB級怪奇コメディタイプの方が私は好きだな。

そういえば、感想書きわすれていた
#42
「巨大なフワフワネコ」
X中学のロブスター、ミドルトン高校のマッドドックといい、学校にマスコットは必須。
・・・特にこれはどうということもないかな。

「悪魔のバイク」
キタコレ!!Rat Finkネタ!!
PPGの「スーパーパワーは禁止(Girls Gone Mild)」のDukes of Doomsもそれっぽかったけど、こっちはもうそのまんまですな。ビリマンのスタッフ好きそう。
で、マンディは金田バイクですか。日本人以上にアメリカ人はこのバイクが好きかもしれない。
それを描きたかっただけの話っぽいけど(笑)

Rat Fink
http://www.mooneyes.co.jp/ratfink-fever/
http://www.ratfink.org/

そういえば吹き替えの声が変わったナーゴルでしたが、そもそも原語でもナーゴルの声優って途中で変更されていたようだ。
David WarnerからMartin Jarvisに。
もちろん今回のナーゴルはMartin Jarvis版。それをふまえての声優変更だとしたら、日本の翻訳スタッフもなかなかやるものだと思った。なんて原作に忠実なんだ!!(違うかな?)

ビリマンまとめて簡単感想

ゆっくり感想書きたいけど、やっぱりそんなヒマ全然ないや。
毎日放送はつらい。
まとめて超簡単な感想

...続きを読む

ビリマン ナーゴルさんとカマ

bilyman45rakugaki1.gif
おかしいなあ。このシーン面白かったんだけど、絵にするとちっともおかしくない。

#45 世にも奇妙なお話/カマをバージョンアップ
ビリマンも今日はおもしろかった!
うん、やっぱり自分はこのタイプのビリマン話が好きだ。
アホアホビリーの超絶バカ話より、こういうトワイライトゾーン的な雰囲気こそが私の好きなビリマン。ま、今回はそのまんまトワイライトゾーンだったし。もともとシリーズものながら、各話が世界崩壊で終わったりするビリマンは、これでなくっちゃ。
それとグリムに味がある話ね。やはりグリムがいいとおもしろい。

「世にも奇妙なお話」
ナーゴルさんキタ~~~(ナーゴルJr.も) って、声違う~~~~~

アーウィンも今回はウザいわけでなくいい感じにギャグになってたし。
マンディの体操服!支配者は自らの体は動かさんものです。帝王マンディ!

「カマをバージョンアップ」
いいねええ。ニヤニヤ
庭の手入れをするグリムを見てシザーハンドを思い出しましたが、そこで首刈っちゃうとこから笑いっぱなし。グリムいいよ、グリム。惚れる!
古い道具を愛する職人気質のグリムさんイカス。カマ2.0との対決カッコいい。抱かれたい!
「その二人にカマをふるうものがいるとしたら、それはこの私だ」
なんてLOVEなセリフなんでしょ。
グリムとビリーとマンディのこういう雰囲気が好きだ。
bilyman45rakugaki2.gif

ビリマン#43 マイ・フェア・マンディ とか

bilyman43rakugaki.gif
ビリマンは英語版の方がイイかなあと思っていたけど、日本語版グリムに惚れました。
しげみにちょこんといるマンディがかわいすぎる~~~~~!!

ついにこのエピが来た~~~~~!!!
もう最高っスよ。マンディ激萌えってヤツすか!
ミンディもイカス!
スカール登場!
アーウィンキモイ!
大鴉カッコイイ!
宇宙崩壊パワーパフ~~~~~~!!!
しかもマンディの水着姿のおまけ付きときたもんだ。
もう最高っスよ。

オチてるのかオチてないのかわからんパワパフオチも恐ろしいほどに唐突。
グリムなパワパフでそれだけでチびりそうになりました。
パワパフのテーマもしっかりビリマン風にアレンジされてるとこが素晴らしい。
ナレーターはしょうがないとしても、博士の声は合わせて欲しかったなあ・・・それだけが残念。
でも、英語音声で聞けば大満足。これで我慢しよう。

最近学校では制服着ているので、それだけでごちそうさまだったのに、今回のマンディはええね、ええね!!うははははははは。

マンディも良かったんだけど、グリムとビリーのやりとりが実はけっこうツボでした。
なんだこの漫才コンビは。一番笑って見てたのはそこだったり。
今回はマンディ話だっただけあって、ビリーが押さえ気味だったんだけど、これがまた良し。
過剰にヘンであるより、こういう自然体のズレから生まれるおかしさってのが、すっごい好きだわ。この話は楽しみにしてたけど、やっぱりいいわ。

あ~~~やっとビリマン語れるとこまで来れた。
気がつけばもうずいぶん放送しちゃってるし、これだから毎日放送は・・・
せっかくなので、いままでの感想も

...続きを読む

Wiiにビリマン

そーいえば、Nintendo Wiiでビリマンのゲームが出るらしいね
http://www.nintendo-inside.jp/news/189/18906.html
最近のカートゥーンはゲームがよく出るような気がするよ。

チョコレート・セーラー

bilyman32a01.jpgビリマン#32a「チョコレート・セーラー」

この前、黒イルカさんと話していて「チョコレート・セーラーのラストってどんなんだったか覚えてますか?」と言われ、ちょっと思い出せなかったので見返してみた。マンディとグリムが仲良く食事しているシーンだけは妙に頭に残っていたのだが・・・
あ~~~~~~
すごい投げっぱなしなオチ。しかもなんの解決にもなってないビリマンらしい破滅的な展開。ああそういえば、こんな話だったっけ。
この話はチョコになったビリーが頭だけになるまで自分の体を喰いまくるという猟奇的なとこがえらいインパクトあってそこばかりが印象に残ってたんだよな。
そんなビリマンのファンコミック「グリムテイルズ 日本語版」がとうとう第一部終了。
死を賭けた究極のツンデレ・マンディの衝撃の展開をぜひどうぞ。(あ、デレは無いか)

ビリマンといえば妙劇場さんとこの「妄想板」の「加工版」がおもろすぎる。

ビリマン新作分の感想

全然感想追いついてないけど、まあいいか。

大変満足であったが印象としては
「アンソロジーぽい」
うまく言葉に出来ないんだけど、もともとビリマンはトワイライトゾーンのようなオムニバスっぽい雰囲気はあったんだけど、今回の新作分は全体をつらぬく印象がバラバラな気が・・ ちぐはぐってわけじゃないんだけど、うーんなんて言えばいいんだろう。

それとダークさ(B級ホラーっぽさ)が薄れて、逆にバカっぽさが増した。
ビリーのバカさ加減が狂気じみているというか。
天才ビリーの話のおまけエピソードとか、あきれはてて絶句する(非難しているわけではない)

あともうちょっと、もうちょっとエピソード見たかった!未放送話いっぱいあるので、なるべく早く見たいなあ。
あ、あれだ、ナーゴルさんが今回出番が無かったのが、ちと欲求不満ぎみだったのだよ!
ナーゴルさ~~~ん

マンディは上着だけで野球するとですか

ミンディはちゃんと下もはいてたのに!
さすがはいてないの女王様。

#35a 謎のピッチャー
フィールド オブ ドリームスのパロディかな?
マンディの足が気になってバッターどころじゃないね、ってみんな思ってましたよね。え?そんなことない?
日本のギャグなら「って、助っ人って人間じゃないじゃん!!!」ってツッコミありそうなものだけど、誰も何も思わず進行するのがカートゥーン。
とはいっても、普通のギャグものって感じでビリマンとしては物足りないなあ。

#35b 未来の館
これもちょっと物足りない。
どうせなら、知恵ネコ(もしくは知恵ネコきぐるみ着た狂人)が大暴れって感じのほうがよかったなあ。インベーダージムのエピソードみたいにさ!!

>知恵ネコ可愛かったですね。だけどあんな安易な名前で人気出るのかな…
知恵ネコさん、原語では「SASSY CAT」
テーマパーク的にはディズニーランドなんだろうけど、このネーミングは「PUSSY CAT(ドラドラ子猫)」からのパロディなんでしょうね。
しかし、SASSY CATって「生意気猫」って意味ですよね。なんで知恵ネコって訳したんだろう??

わかった!ホントは「血壊ネコ」なんだよ! うん、ビリマンらしい。

暑いし忙しいしビリマンはグダグダだし

今日のビリマン。
ヘビクラブの話
なんだよ、このグダグダさはYO!
30分エピでなくていいよ、こんなの・・・・
ジャックといい、たまに長い話になると妙にグダグダになるなあ。
(パワパフも・・・・・)

こういうグダグダさはウィークエンダーにでも任せとこうよな(笑)
あっちならこーいう話でも合ってたかもしれない。

でも「縛られマンディ」で心拍数上昇したので、そこだけはOK!!!!!
ポーズが危険だよマンディ!マンディ萌え!(って本編でこの言葉が出るとは思わなかった)
アーウィンのマンディのヌード絵よかコーフンしましたよーーー。

ビリマン新作始まったときに、エンディングがいつもと違って日本語キャスト部分がまた繰り返される感じになったのに違和感感じたけど、これは途中からエンディングで小話をやるようになったからだったんですね。うーむ、計算のうちだったのか、やるなあ。
しかし、毎回小話余計に作ったりと、海外ものは無駄に豪華でいいですね。
バーバリアンデイブやブンブンマギーのOPとか、チョークゾーンのミュージッククリップとか。


完全に感想おっついてないけど、HiHiもいいねぇ。

ちょっと前のエピソードだけど、AMIの
「ウソでした~~」はめちゃかわいかった!!!
このセリフは英語を超えてた。日本語で聞くのも悪くないと思った。というか最近の吹き替えさんかなり良くなってる。AMIYUMIは2倍オトクだなあ。

Web拍手
>See Me, Feel Me, Gnomey
個人的には、ポケモンチェックと老人を突き落とすシーンがマズかったのかな?という印象でした。

内容的に問題なくても、日本の場合ポケモンチェックがヤバそうですね~

レノーア!レノーア!

ブリードマンのグリムテイルズに
ついにレノーアが登場!!!!

たまらん!!なんなのよ、この嬉しすぎる展開は。

そういえば、グリムテイルズ日本語版、ビリマン新作と同時に始まったけど、カスガさん曰く、狙ったわけではなく偶然だったようです。凄すぎる偶然!シンクロニシティ!

今日のビリマンもヤばすぎだし、
ビリーの手足食われてだるま状態(しかも自分で食べた)!
ただごとじゃない狂いっぷりにどうしていいやら。

グリムにぞっこん

#30 みんな ヤラれる!!/黄金のリンゴ

モンキーチームでもあったけど、ピエロ(クラウン)が怖いってのは、スティーブンキング以来のアメリカの定番ですね。
まあ、それにつけてもマンディのカワイイことといったら!
最強少女だけど、時折子供っぽいとことかが見え隠れするとこがなんともたまりません。
今流行のツンデレとも違う、カートゥーンのキャラ造形ってステレオタイプでありそうで、また違うみたいなとこが多いのでいつも新鮮!!

もう一本はエリスが久々の登場。
まだ歯かけたままなんかい。
なんつうかオチもくそもない、さわがしいだけの話。うん、デタラメでいいな。乳まるだしとかありえない。セリフだけ聞いてるとどんなアニメなんだかって感じですよ(笑)
3人がじゃれあってる(?)とこ見てるとそれだけで楽しくなってきます。

マンディもビリーももちろんいいんだけど、なんかグリムにぞっこんですよ。ああ、グリムの立ち位置ってのがいいんだよなあ。
あんな大人になりたい!!(もう大人だろ>俺)
あんな人間になりたい!!(人間じゃねーだろ)

なんつうか、「良いことも悪いことも、そして変なことも良く知ってる気さくな親戚のおじさん」なんかそういう人を思い出すのですよ。
「お前たち、おとなしくしてなさい!」とか言いながらも付き合ってくれる叔父さん。親が教えてくれない面白いことをいろいろ教えてくれる叔父さん。

ドラえもんみたいだ、って前にも書いたけど、自分のドラえもん像ってのはこれに近いんですね。
アニメじゃなくマンガから入った口なんで、自分にとってはドラえもんって「大人」なんですよ。
だからドラえもんの声優交代の話があった時に「大山のぶ代のドラえもんがやはり最高」とか言う声もあったけど、自分は全然そんなことなくて、ずっと違和感感じていました。
だって、自分のドラえもんは「おっさん声」でしゃべってるんだもの!

だから、新しいドラも声優さんには悪いけど、違うんですよ。
のび太に近い友達じゃなくて、もっともっと大人なんだよ、ドラえもんは。

だから、今のビリマンが自分の中での「もっとも正しいドラえもん」。
まさか、海外アニメでそのテイストが再現されようとはねえ。世の中面白いものだ。
うん、もちろんそう思ってるのはきっと俺だけだと思うけど。

あ、web拍手で、トップ絵気に入ってもらえた方いて、ありがとうございました。

ビリマン新作オマージュ

さすがにちゃんと放送してくれてるのに、あのトップ絵はないだろうということで、Top絵を更新した。
色使ってないのにわりと時間かかってしまった。

今風に言えばオマージュ。いや普通にパロディでいいか。

ビリマン新作二発目はホス登場か。

前回のマッチョビリーが狂いすぎていたのか・・・まあ今回は普通な感じ。
でも面白いな。
まーしかしやっぱりドラえもんぽいよなあ。でもってやっぱグリムとビリーって仲いいよなあ。友情と共に!いぇい。

女の子の寝室に侵入して、さらにぬるぬるした穴に侵入、そして女の子(マンディ)の大切なものを奪うだなんて・・・・ビリーくん、それは犯罪・・・・ガクガク
弱気マンディもよかったけど、いつものマンディがやっぱり一番だな。
それにしてもマンディいじり2連発かよ。

あ、そうそう、ビリーくん、ヒゲはやしても女の子にモテたりはしません。
しないんだよ~~~~~~~!!!

し な い デ ス   orz

グリムテイルズ日本語版 開始

パワーパフガールズ・ドウジンシ日本語版でおなじみの「どれみっちの穴」さんのところで、
PPGDと同じブリードマンさんの「Grim Tales」の翻訳がアップされはじめました!どーん。

こちらはグリムとマンディの子供達「グリムJr.」と「ミニマンディ」を主人公としたダーク系カートゥーンファンコミック。
PPGD並にさまざまな作品からキャラクターが登場するが、PPDGと違ってダーク系のチョイス。幅も少し広くて、スポーンやらナイトメア・ビフォア・クリスマスなどからも出演ですよ。
序盤はミニマンディたちの話が続くんだけど、やがてグリムやマンディらも登場してきます。(ちょっとお話やりすぎてネットで論争がおこったこともあった)

英語版(オリジナル)ではナーゴルジュニアやら、ヘイアーノルドのヘルガが「ゴゴゴゴ」とか言いそうな勢いで出てきてすごいことになってますが。(ヘルガってダーク系?(笑))

気になる人はオリジナルを。英語が苦手な人はカスガさんの翻訳を待ちましょう。ええ。

それにしても、ビリマン新作放送と同時にプロジェクト開始するなんてやるなあ。

ビリマン それは狂気のドラえもん

ビリマン新作始まった~~~~!!!
はいはい俺も言っちゃいますよ。

ビリマンってこんなに狂ってたっけ!?

NATURAL BORN STUPID !!
もうビリーヤバすぎですよ。げはははははって、黒目だからこそ怖えええ。
ビリーパパまで、鼻ほじるそれだけであの壊れっぷり。壊れてる!狂ってる!
しかもカートゥーンだから誰もつっこまない!!

日本のギャグが「つっこみ」というポンピングブレーキで、こまめに制動してるのに対して、カートゥーンは急ブレーキですか。いや、ブレーキなんぞぶっ壊れてる。
ブレーキ壊れたタンクローリーが暴走してるようなもんですよ!!

ケダモノ仮面もなんつうか、何のプレイですかってな感じですな。
脚本はアトムズ本人かよ。あー好きなんだねマンディ。
ごちそう様です。ありがとうございます。
予想はつくとはいえ、何の解決にもなってない放りっぱなしのオチも相変わらずで、満足満足。
グリムとビリーは仲良しさんで涙が出ます。

ああ、ビリマン面白いなあ。もう、なんでもっと早くやってくれなかったのかしら。未放送エピもまだまだ何十本もあるので、残りも早めにお願いしますよ。何年も放置はマジ勘弁してくださいよ。

ところで、新作見てますますビリマンは「ドラえもん」だなあと思った。
グリムのポケットから秘密道具あさるのなんて、そのままじゃん!

真性おバカの のび太。
冷酷な しずかちゃん。
冥界の ドラえもん。

パロディで「タチの悪いドラえもん」なんてのはよく見かけるけど、それがそのまんま番組として流れちゃってるのがビリマン。

独裁スイッチとか、悪魔のパスポートとかあったら、教訓ぽくならないで行くとこまでいっちゃうね!(実際そーいう話もあったし)痺れるぅ痺れるぅうう。

これでもし仮にビリマンに最終回があって「さようならグリム」とかだったら泣く。間違いなく泣く。
だからカートゥーンはやめられねえ。

ビリマン第二の不安

ビリマン無事新作放送されるようでよかったね~~。
と思ったのもつかの間、トゥーン日誌「ビリマンの日本での新作放送で気になる点」にてエピソードについて疑問点があげられている。

どうも途中のエピソードがごっそり抜け落ちて放送されるっぽいのだ。

ビリー&マンディは、当初「Grim and Evil」の名でビリマンとコンカルネがセットで公開された。その後二つの作品はそれぞれ独立し、現在アメリカではビリー&マンディだけで編成された形で放送されている。日本でもそれにならって、上陸当初から「ビリー&マンディ」の名で放送された。
しかし、そのため、アメリカでは今までコンカルネがあった部分にビリマンの他のエピソードを組み込んで一本の作品としているために、エピソード数が圧縮され減っている。
つまり26話分が18話となっているのだ。
現在のアメリカのビリマン27話とは、本来コンカルネ分を含んでいたものから計算すると32話目にあたる。えっと、つまり「今の」アメリカの放送順を参考にして27話目から始めてしまうと、本来存在した27~31話(現在の19~26話)がすっとばされてしまうこととなる。
そしてタイトルなどから予測するに、実際にそうなっているのだ!!!え~~~!

ちょっとややこしいので、うまく整理されているwikipediaの項目を参照しよう。
こちらではエピソードを圧縮せずに、本来の形からコンカルネ部分だけを引いた順で構成されている。なので、日本での放送順と参照しやすい。

ビリマン シーズン1、シーズン2 そしてハロウィンスペシャル、ここまでで26話となる。日本もまた同じ。
問題はその次。

#27「キャプテン・スペース・ビリー/ケダモノの仮面」は#32「Super Zero / Sickly Sweet」にあたる。そしてこれは現在のビリマンだけになった編成の#27にあたる。
つまり、シーズン3がまるごと放送されず、いきなりシーズン4が日本では放送されるのだ!!

ビリマンのややこしい放送形態の変化によって変わってしまったエピソード構成により、現在のエピソード番号を参照してしまったがゆえに、日本のスタッフが勘違いをしてしまったのでは?というmassangeanaさんの推論は信憑性があって恐ろしい。
いや、むしろ勘違いしてるのはソースを送ってきたアメリカかも?
「日本では26話まで放送しました~」「じゃあ27話目以降を送るよ~」みたいなことかしら。それは本当は32話目なのに。

不安だ~~不安だ~~
実際のところはわからないが、間違いなくシーズン3分が抜けているのは確かで、今後どういう風に放送されるのか、はたまたなかったことにされちゃうのか?凄い気になるんですけど。不安だ~~不安だ~~ やっぱりCNにはいつも心かき乱されるYO!

ToonなE3

アメリカで行われていたゲームの一大イベントE3。直接見に行った人の話をちょっと聞いたのでメモ。
といっても、PS3だとかWiiとかは無視だ。

ビリマンのゲームがかなりよさげ!
(年末発売なんでまだまだ開発中ということで、フリーズしまっくてたみたいだけど)

まだwebには出てないみたいだけど、パッケージはこんなだったようです。


元がカートゥーンのくせに超バイオレンスな予感!!
しかも喋りまくるみたいで、アーウィンがマンディを倒すと「ごめんねマンディ」とかぬかすみたいです。

キャラは総勢15人。
今のとこ確認できたのは、グリム、ビリー、マンディ、ビリーパパ、アーウィン、ナーゴル、ナーゴルJr.、ホス・デルガド、ブギーマン、ジャック、エリス。後は誰が出るのか気になる~
新しいスクリーンショットはこちら
グリムかっちょええ!

他、DS用がけっこう出ます。
リストはこちら

ブエナビスタ(ディズニー)はけっこう力いれてますね。
キム・ポッシブルもDSで出るけど、アメリカンドラゴンも!!(アメリカンドラゴンって本国じゃけっこう人気あるんでしょうか?)
アメドラはパワーを溜めるとドラゴンアップしてアメドラに変身。

他、気になるのは
Activisionから「X-Men」
American Game Factoryから「Cartoon Network Grand Prix」
Atariから「トータリースパイズ」
D3Publisherから「Hi Hi Puffy AmiYumi:The Genie and the Amp」
Electronic Artsから「Superman Returns」
Konamiから「Xiaolin Showdown」「Death Jr.」「Marvel Trading Card Game」「Winx Club」
THQから「Disney/Pixar Cars」「Danny Phantom」「Avatar」「Nicktoons Vortex Island」「Scooby Doo」「SpongeBob SquarePants」
Warner Bros. から「トムとジェリー」

「Nicktoons Vortex Island」にはダニーファントムはいるんだけど・・・ジェニーやZIMはいるのかなあ???>

PS2とかにもいろいろあるようだけど、もうめんどうくさいのでお終い。
ま、そうでなくてもゲームにゃ疎いしなあ。

ビリマン新作6月13日から

紹介ページも出来てますね。
CN様不遜なマンガ描いてどーもすいません(笑)
いや、これはきっと成層圏上でビリーが勝ったんだ~~~!(まだ言うか)
なにげにアトミックベティも復活するみたいだし、いやあCNには振り回されっぱなしです。

しかし、毎日放送か・・・・
6月中旬に始まって、6月末にもうリピートに入る。つらい!チェックツライ!!
絶対感想追いつきません。断言できる。
そーいやジャックも毎日放送なんだよね・・・無理っ!絶対無理っ!
はなからあきらめて、ノンビリやろうっと。とりあえず、コンカルネはさすがにスルーされてるみたいですね。まあしょうがないか。

リニューアルされたCNサイトは副題チェックしやすいので、今のウチからメモっときます。

...続きを読む

ビリマン新作 それは少年の日の幻

CNの6月番組予定が更新!

ガしパの完全版と・・ポールと・・ミッドナイトと・・・
あれ?ビリマン新作は?????

・・・・

orz


orz


orz


ウソだといってよCN

ビリマンのゲーム

ゲーム機一台も持ってないというゲームオンチだということをつい忘れちゃう自分です。
PPGDの格ゲーはLeexさんとこの攻略法を見てなんとかがんばってみます。わあ、バブルス評価高いなあ。使いこなせてないよ俺。

birimangeme.jpg
マンディーキーーーーック!!

どうやらビリマンのゲームが出るみたいだ。
今年2006年末発売予定。プラットフォームはPS2(PCとGBAも出るみたいだが)
製作会社はMidway
エドエッドエディやデクスターも権利取得してるようで、エドエドはもう出ているよなんで次はデクスターかな?

それはともかくビリマンのゲームですよ。
アドベンチャーモードとコンバットモードがあるようだけど、基本的には集団乱闘型3Dバトルゲームみたい。
グリムやマンディやビリーは当然ながら、KISSペイントのビリーパパ、ホス、ジャックなども登場。あの、脳みそモンスターも登場しますよーー。ナーゴルさんは?エリスは?ナイジェル・プランターは?
隠しキャラでスカールでないかなあ・・・
肉団子食べてサイヤマンディとかになったりするのかしら(笑)

それにしても、海外のキャラゲーってこんなのばっかりだね。
GBA版はどうせ横スクロールのアクションものなんだろうなあ・・

ビリマンにうかれる俺

ああ、やっぱりカートゥーンカートゥーンズが動くと、これがこそがCN!!って感じでワクワクしてきますよ。
別に日本アニメやってたっていいんですよ。(昔からやってたし)
本来のこのあたりをちゃんとやってくれてさえすれば!
KNDもさすがに夏には来そうだし、ワクワクするなあ。
PpGも本国では制作が止まっちゃったけど、年に一回くらいスペシャルでつくっれくれたりしてくんないかなあ。前に、マクラッケンがパワパフ制作に戻るかも・・・なんて噂もあったんだけどなあ。

それにつけてもフォスターズ・ホーム。
放送がたったの2ヶ月でこのままゆくと半年以上放送無しとかだったらどーしましょう。なんかすでに「幻のアニメ」扱いになってる気がするが、これはなんなんだ。CNの番組紹介にはずっと出ているというのに。あほー。

で、web拍手です

すいません。いつからCNは保険の宣伝専門チャンネルになったんでしょうか。
いやあ、増えたよね。増えた増えた。
そういった広告じゃなくて、ちょっとしたミニアニメがはさまっているとこにチャンネルとしての魅力を感じていたのになあ。さすがにこれはもう元には戻らないのかなあ。

ユートニウム博士って実は40台後半…??
いーーーじゃないか40代だって!!
40代の独身のおっさんがカワイイ3人娘のパパになるなんて・・ロマンだ!

4月はしんどいですね、体に気をつけて・・

今日は暖かかったですねえ。そうでなくともなにかとあわただしい季節、体調にはくれぐれも注意せねばね。あーーー、旅行にいきてえ。

昨日もちょっとお仕事キツかったし、まったりしたかったので、池袋の椿屋珈琲店でまったりしてきました。
ケーキ美味い~~~。なんといっても大正時代風の店内が落ち着く落ち着く。こーいう雰囲気は大好き。いいなあここ。メイド喫茶よか自分にははるかに癒されます。(いや、メイド喫茶行ったことないけど)
ただ、珈琲や紅茶がどれも一杯1000円近いってのは金銭的にはちとつらいけどね。はははは。でも、また行こうかなあ。

そーいや、そのとき自分の向かいの席に、フリフリのゴスロリさんが座っていたのよね。なかなかかわいかったんですが(服が)・・・あ、あれ?この女の人ものすごくゴツくてでっかくねえ?
もしかしてオカ・・

ビリマンも新作放送開始!

さらにまた情報いただきました~~
http://www.cab-j.co.jp/frame2/NEWS/channel_news/0606CARTOON.pdf
6月のCN情報(PDFです)

つ、ついに、ビリマン新作・・・・・
なんか凄いカンドーしてる自分がいますよ。ああ、オレってこんなにもビリマン好きだったんだ。グリム・・・マンディ・・・・あとついでにビリー
嬉しいなあ、待ち遠しいな。
コンカルネの方はどうなるのかな?

HiHiPuffyについても、もちっと詳しい情報がのってますね。
ちゃんとバイリンガル放送のようです。実写パートはまあどうでもいい・・げふんげふん

それにしても、やっぱりCNにしても不本意な放送形態だったんだなあ、という風に感じられるのだが。パワパフの時みたいにちょっと皮肉った番宣CMとかやらないかなあ。

ミッドナイト枠がちょっと気になるんだが、弁護士バードマンとかアクアティーンとか、そーいうadultSwim系の枠ってわけではなさそうなのが残念。

ポールのミラクル大作戦、地上編と異世界編があって、地上の事情にかかわらず突然異世界モードになっちゃうとこで、アトミックベティみたいだね、と言ったら
「むしろ鬱展開のチョークゾーン」って言われた。
ああ、パックンはスナップが!で、ペニーがさらわれちゃうと・・・

似てるとかいうより、かつて日本で多かったこういうテイストのものが、今カートゥーンで盛んになってるということなんだろうね。だから最近の作品なのに妙ななつかしさを感じたりするのかな。夢と空想とイマジナリな友人達。

ビリマンでパワパフ

ツインテール・マンディ。

toon日誌によると、ビリマンの海外新作エピでマンディらがパワパフのかっこうになるそうだ。

こんなとこにも~~~!!!

グリム=ブロ、マンディ=バブ、ビリー=バタ
ちゃんとビリーが眉間に皺よせてるのが細かい。でもマンディはそのまんまだけど。

・・・・・ところで、このカットを見てなんか見覚えがあるような気がしてならなかったのですよ。う~~~~~~~~~ん。
あっ!思い出した!
そういえば以前あめり感のお絵かき掲示板で、だれかがビリマンパワパフを描いていたよ!(けっこう前なのでログ流れちゃって確認できないのが残念)
グリムなんかまるっきりこれと同じだったはず。すげえ・・・

このエピソードのタイトルの「My Fair Mandy」は当然マイフェアレディのもじりだろうから、内容もまたマンディ調教話なんだろうね・・・ぐはっ!!!早く見たいよ!!
たのむよホンマ、CNさん。いいかげんビリマンも新作放送してよ~。泣くよ!

ところでツンデレ(普段はツンツンしてるが、二人っきりの時はデレデレ)なる言葉があるけど、マンディはツンデレじゃないんだろうなあ。
「マンディの恋」でツンデレっぽいとこを見せたが、「デレになるくらいなら死んだ方がまし」とばかりに完全否定。そこがステキ。

Template Designed by DW99