fc2ブログ

ジミー・ティミー・パワー・アワー その1

ジミーニュートロンとフェアリーペアレンツのクロスオーバースペシャル「ジミー・ティミー・パワー・アワー」を見た。
主題歌も混在していたし、これはどっちかのシリーズにのっかるものじゃなくて、どっちでもありどっちでもない、完全にシリーズとは独立した『スペシャル』だったんだな。違うスタジオ同士が作った共作ともいえるのかな?

ティミーがジミーの世界に、ジミーがティミーの世界に入れ替わり。完全に混在というより、それぞれ別パートになっている。こうしてみるとジミーニュートロンのアニメーションの動きって独特だったんだなと思った。3D化したティミーは完全にジミーニュートロンの動きだったことに最初は違和感が。「厚みが!」とかいちいちティミーうるせえ(笑)
ええええええ!シンディとティミーがラブラブ展開?なんだこれ。

一方、フェアリーペアレンツパートは・・・テンション高けえなあ!
(2Dジミーニュートロンはちょっと似てなさすぎな気が・・・)
クロスオーバーしてると特にこのアニメ、テンション高すぎなことがよくわかる。久々に見たけどワンダはやっぱりかわいい。私も足をもみもみしたいです。

これって3連続じゃなくて、それぞれ一回完結のものが3回あったということだったのか。なるほど。一応飽きずにみることは出来たが、もうちょっと何かあればよかったかなあ。ちょっと中途半端な気がしないでも。

次回は「シンディ争奪戦」ですか。おお!楽しみ。ティミーとジミーだけでなく他のキャラもそれぞれスタイルが変わるようで、よりカオスな展開に期待。
スポンサーサイト



レミーのおいしいコミック

http://community.livejournal.com/rat_a_too_ee/24185.html
ディズニーアドベンチャーについて調べていたら見つけた。
今月のCOMIC ZONEかな。

いいなこれ。
コレットさんがなかなかカワイイ。
ペンシラーは「EMANUELA RAZZI」? 調べたけどどんな人かはわからなかった。
他に作品があるなら見てみたかったのに。
カーズはそれほど食指が動かなかったのですが、「レミーのおいしいレストラン」はますます見に行きたくなりました。

あと、アニメではみれない表情をしたミッキーのコミックがすごく気になるんですが(笑)

それにしてもこういうコミック雑誌があっても「アメリカには雑誌形式のコミックは無い」とか、「アメコミはみんな写実的」とか流布してるのはなんなんだろうね。

でもそれはアメリカ本土でも同じかもしれない。
プレビューズにも載らないし、コミックサイトで語られる事もほとんど無い。アメリカ人にしてもコミックとして認知されていないってことなのかも。
コミック=コミックブック(ヒーローコミック) って、狭い意味の単語なんだなぁ

Template Designed by DW99