fc2ブログ

ShoProアメコミ刊行100冊記念

ShoProアメコミ刊行100冊記念アンケート結果
人気投票では「バットマン:ダークナイト・リターンズ」が一位だったようです。

そういえば先日「スーパーマン:ザ・ラスト・エピソード」と「バットマン:ザ・ラスト・エピソード」が発売されたわけですが、復刊希望ベスト3のところで「バットマン:アーカム・アサイラム」が秋に復刊予定だとか。

あと、スワンプシング(「SAGA OF SWAMP THING」)も発売予定らしいですね。

しかしそのなんだ、アラン・ムーア率高けえなあ、おい。

自分としては「石川裕人 お気に入りの一冊」で語られている『バットマン:マッドラブ』を復刊して欲しいなあ。まあ持ってますけど。
ムーア先生と違ってこちらは原書でもそれなりに内容はわかるんですけど、ただこの時の日本語版はバットマンアニメイテッドの裏話が満載ですっごい貴重なんですよ!
アメコミファンというよりむしろカートゥーンファン向けかもしれません。

という流れで、なんとなく2011年のエミリーのカレンダーを貼ってみたり
emily2011kalender.jpg
Emily the Strange Wandkalender 2011

そういやエミリーの新シリーズのコミックももうじき3冊目、早くまとまって単行本化してくんないかな。


>トランスフォーマーは大きさの概念を捨てているんです!
偉い人やエロい人にはわからないのです!

エロい人ですんませんでした(^p^)
そもそも初代からして変形前と後でサイズがどうなってるのかさっぱりわかりません。
スポンサーサイト



ミーナと伯爵(Mina and the Count)

最近「ミーナと伯爵」のファンアートを見て、おもわずこの作品について語りたくなったので語る。

ヴァンパイアの「伯爵」と、7歳の少女「ミーナ」の物語。

「ミーナと伯爵(Mina and the Count)」のクリエイターは「ジェニーはティーン☆ロボット(My Life as a Teenage Robot)」のロブ・レンゼッティ(Rob Renzetti)。
一話7分程度の短編で、作られたのは全部で6本。
この作品はちょっと変わった経緯をもっていて、シリーズが作られたのはニコロデオンだが、最初に放送されたのはCartoonNetwork。(最近の作品、「Adventure time」がニコロデオンでパイロット版が放送され、今CNでシリーズ化したのとちょうど逆のパターン)

第一話は、パワーパフガールズのパイロット版も放送されたCNの「What-A-Cartoon!」内で放送された。
mina_and_the_count_01.jpg
「Mina and the Count:Interlude With A Vampire」
(副題はインタビュー ウィズ ヴァンパイアのパロディ)

...続きを読む

Template Designed by DW99