FC2ブログ

スパークレディ・ヨーコ(Yoko Tsuno)

yoko_tsuno_v01e.jpg
というわけで、Yoko Tsunoゲットしたよ。
日本風の姓名ならツノヨーコ。
「でも、BDだからお高いんでしょう?それにフランス語だし。」
ご安心ください、こちらは最近イギリスの出版社Cinebook Ltdから発売されている廉価英語版でございます。
Yoko Tsuno 1: On the Edge of Life

ハードカバーではなくソフトカバーなので、少し安いです。
本当は原書が一番いいのだろうけど、読めないフランス語より読める英語!ってことで。
とりあえず1巻を買ってみたんですが・・・あれ?なんか変だな。ああ、これはオリジナルの7巻「La Frontière de la vie」ではないですか。
イギリス版では7巻からの刊行なんですね。初期のものは少し古すぎるということだろうか。もし売れ行きがいいようならきっとそのうち古い刊も出るかな?
(エロイカより愛をこめてを3巻から出すとか、幽遊白書を飛影あたりが出てくる巻から出すとかそういうノリ?)

廉価版とはいえ、サイズはA4の大判サイズ。
本編は44pほどですが、サイズ的に1pが日本のマンガの2p相当くらい。かつ、内容はかなり密度が濃くて、日本のマンガ式にしたらおそらくさらに4倍くらいになるんじゃないだろうか。
ちょうど長編映画一本分を見た感じくらいの読み応えあります。

yoko_tsuno_v01e01.jpg
なにしろ1pでこのコマ数ですからね。
背景が細かく描き込まれていて、なかなか良いです。ヨーコさんもけっこうな美少女だし。
ユーロマンガなどで紹介されているメビウスやニコラ・ド・クレシーのようなアーチスティックなものと違って、伝統的なBD(バンド・デシネ)ぽくて、ちょっといいなあ。こっちの方が「BDを読んでる」って気がする。

メビウスもすごくいいんだけど、あれはBDの代表というよりメビウスという作家の作品という色が強いのよね。
オノナツメや松本大洋のマンガを見て、それを日本のマンガぽいものとして語れないように。

内容に関してはまた今度。なにしろ1pに2、3回くらい「転」があって展開してゆくので読み飛ばしで読めない・・・

Yoko Tsuno公式サイト
http://fr.wikipedia.org/wiki/Yoko_Tsuno

...続きを読む

スポンサーサイト

Template Designed by DW99