FC2ブログ

NICK MAG PRESENTS アバター特集号

NicMag-Avatar00.jpg
アバター放送開始記念ということで、ニコロデオンマガジン増刊号「NICK MAG PRESENTS」の アバター特集号。


NicMag-Avatar01.jpg
こんな感じに制作者インタビューなど全編アバターの本になっております。
写真はクリエイターのBryan Konietzko(左)とMike DiMartino(右)
二人はアートスクールで知り合い、以後共に仕事をしてきた仲。
ファミリーガイやキングオブザヒルなどをへて、Bryan Konietzkoはインベーダージムのアートディレクターも勤めた。
やっぱりANIMEとしてはジブリの影響が強いようですね。また少林サッカーほかアジアンムービーやカンフーも研究し、さらにちゃんとアジア各地をめぐって取材したようだ。
「どっか変なアジア」な感じになっていないのはそのためだろう。

#3で登場したキツネザルのモモは最初はロボットモンキーの設定だったというのが、なかなか面白い。もうちょっとSF的な設定だったようだが、「やはりそれは違うだろう」ということで今の設定になったようだ。
NicMag-Avatar03.jpg
アバターの世界の地図。
主要な寺院の場所などが掲載。

NicMag-Avatar04.jpg
他、アバターのコミックなども載っている。


NicMag-Avatar02.jpg
こちらはカタラさんメインのお話。
なんつうか、けっこう活発な女の子な感じなので、放送当初の控えめな感じとイメージが一致しなかったけど、そのうちこんな感じになるんですかね?


NicMag-Avatar05.jpg
キャラの描き方講座なども。
こういうのが載っていること自体、海外でもファンアートを描くことが定着し求められているということがわかる。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/1766-08fc889b

コメント

戸帆:
>キツネザルのモモは最初はロボットモンキー
我が家ではニコロデオンが見れないのでアバターも見ていないのですが、ここに一瞬激しく反応してしまいました。
黒イルカ:
アバターの日本放送、始まったのですね。
昨日か一昨日の読売新聞の夕刊?だったか?
忘れてしまいましたが、子どものアフレコ体験記、みたいな記事で吹き替えの様子が書かれていましたよ。新聞に海外アニメの収録風景が載るなんて、珍しい~と思ってしまいました。注目されてるんですね。
スカポン太:
>戸帆さん
なんというピンポイント(笑)

>黒イルカさん
あ、あの収録の件新聞に載ったんですか。へぇええ
ニコロデオンもマイナー脱却からいろいろしかけてくるのかなという感じですかね
junquito:
それで、テトとトトロがでてくるんですね!
主要キャラ3人の設定は、ハリポタに似せようとしているのかとも思いましたが、言われてみればカタラや後出のTophとか、宮崎アニメの女性キャラに近いかも知れないですね。
スカポン太:
テト・・・・まあ、これはわりとそのまんまな感じですね(笑)

ハリポタはむしろ私は思いつかなかったけど、「選ばし者・主人公」「しっかりもの・女の子」「調子のいい・男の子」って構成は似てますね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99