fc2ブログ

グラウンドホッグデー

xmasjenny_003.jpg
日本は節分もありましたが、2月のイベントと言えばバレンタインデー。
もちろんアメリカだって、チョコをプレゼントしますよ!(そもそもハート型のチョコはアメリカから)

バレンタインは今や世界的なイベントですが、2月にはもうひとつアメリカ(とカナダ)だけしかやってないイベントがあります。
それが「グラウンドホッグデー(Groundhog Day)」
2月2日のイベントで、ちょうど節分の前ですね。

ティーンロボットクリスマススペシャル「ジェニーと一緒にクリスマスの巻」では、一年を通してアメリカの祭日イベントを見る事ができる。その一つに登場したのがこのグラウンドグッグデーだ。
xmasjenny_005.jpgxmasjenny_006.jpg
冬眠からさめたグラウンドホッグが巣穴から出てきた時の行動によって天候を占うというもので、タキシードを着込んだ冬眠管理官がその報告をもとに祝う祭り。
ドイツ移民からもたらされたもののようだが、ここまでのイベントになったのはアメリカでである。元々はペンシルバニア州パンクサトーニーの小さな祭りだったようだが、今ではアメリカ全土に広まっているようだ。

そんなわけで、最も力が入ってるのはパンクサトーニーで、ここにはグラウンドホッグクラブが多数あり、2月2日には総出で冬眠からさめたグラウンドホッグを探しまわりその発見を競争する。そしてイベントの後はクラブメンバーでパブで飲みながらクラブソングを熱唱するのだ。
ちょっと狂信的な面もあるようで、グラウンドホッグを自然を予知する予言者としたり、民間信仰 VS 科学 の論争などもここで蒸し返されたりもするようだ。

山探しでなく、飼育されて毎年の占いに使われる予言者グラウンドホッグもいて(むしろこっちの方が今はメジャーっぽい)、名前は「パンクサトーニー・フィル」
名前の通りパンクサトーニーのグラウンドホッグ。
なので、実は似たような予言者はアメリカ各地にもいて、カナダでは「ワイアートン・ウィリー」、オハイオでは「バッカイ・チャック」、ニューヨークでは「ダンケルク・デイブ」、インディアナではハリネズミの「ヘンリエッタ」など。

いくらグローバルスタンダードをうたうアメリカの行事であっても、さすがにこれは日本に入って来る事はないだろうなあ(笑)

ところで、このグラウンドホッグ、別名をウッドチャックという。
昔日本で放送されていた「やまねずみロッキーチャック」こそが、このウッドチャック。ただ、ねずみではなく、むしろリスの仲間なんですがね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/1868-f34c5803

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99