FC2ブログ

Disney A to Z

DisneyAtoZ.jpg
Disney A to Z/The Official Encyclopedia オフィシャル百科事典
amazonからクリスマスプレゼントが届いたようです。(ほんとにこんなピッタリに来るとはアマゾンも気の利いたことしますな。え偶然? 意味を付加できそうな偶然を人は運命と呼びます。そして都合の良い偶然を奇跡と呼ぶ)

辞典なのでじっくり読み込むというより、ちらちらかじり読みする感じですが、なかなかの労作ですな。オリジナルの英語版も大変だったろうけど、翻訳も大変だったろうなあ。
日本語で読めるのはとてもありがたい。日本版オリジナルの「日本語による索引」はとても便利。
ディズニーとうたいながらも結局メジャーな劇場用作品のみしかとりあげていないヌルい本とは違います。まさにA to Z
けっこうお高い本なので迷ってましたが、購入の動機はなんといっても「ディズニーのTV作品も網羅されている」というところです。
DisneyAtoZ01.jpg
リセスやウィークエンダー、フィルモアやデイブ、リトル・アインシュタインにキム.ポッシブル、スペースレンジャーバズライトイヤーもちろん載ってます。ザ・リプレイスにブンブン・マギーにイン・ヤン・ヨー!モンキーチーム、w.i.t.c.h.やガーゴイルズまで載ってるんですぜ!
と言っても辞典なので、個別記事はとても簡単なものでしかないんですが。
こんな感じ。
DisneyAtoZ02.jpgDisneyAtoZ03.jpgDisneyAtoZ04.jpg
フィルモア短かっ!!

でも、ディズニーと言いながら、下に見られて今まで無視し続けられていたこれらがちゃんと載っていることがとても嬉しいのです。

あ、そういえば問題のモンキーチームの項目。
DisneyAtoZ05.jpg
「・・・ティーンエイジャーのカイロが・・・」

カイロって誰や~~~!!!ww

その後のキャラ紹介ではちゃんと「チロ」になっているので、ここは単純に誤植かな?

でも基本的には日本で公開された時の表記にキッチリ合わせてあり、なかなかに良質な翻訳といえるかと。また、日本語版は出来る限り最新情報も追加してあるのも良。
それでも、映画などと違ってどんどん進行形で進んで行くTVシリーズは修正したところから変わっていくのか補足しきれてないとこもあります。
例えばTVシリーズの制作本数なんかそうですね。
「フィニアスとファーブ」も極めて新しいためか、こちらでの表記はフィニースとファーブに。

このあたりはネットと違って「本」というメディアの限界を感じます。
でもなかなかに良い本。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/2501-17333f21

コメント

けぺる:不覚にも知らなかった
さっそくAmazonで注文しましたが、在庫状況が2~3週間待ち。もしかしたら買えないかも。
ところで「ファイアーボール」は掲載されてますか?

本はとにかく、それだけでまとまってるのがありがたいです。
スカポン太:
行動早いっすね。
残念ながらファイアーボールは載ってません。最新でも2007年までなので。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99