fc2ブログ

チョーク・ゾーンとPat Ventura

チョークゾーンはルディらが登場せずスナップが主人公で舞台がチョークゾーン世界のみで完結する「スナップ エピソード」なるものがある。
ちょうどデクスターズラボにおける「スーパーモンキー」みたいな扱いかな。

さてスナップエピソードだが、ときおり本編とは違う「なんか変」な演出や動きがあって気になっていた。

なんだかわからないで漠然と見てきていたが、このあいだ放送された#25のスナップエピソード「Curse of the Werefrog」を見たときに、はたと思い至ることがあった。
「Curse of the Werefrog」はスナップがカエルに噛まれて「カエル男(Werefrog)」になってしまうお話。


このカエル男の造形は!!!
あわてて確認してみると、間違いない。この回のストーリーボードはPat Ventura!


Oh Yeah Cartoons!ではPat Venturaの作品を見ることが出来る。
「JAMAL」というシリーズがそれだ。


JAMALというカエルが主人公で、今では逆に珍しいくらいの古典的カートゥーン風。
カエルになったスナップなど、もうそのまんま!

というわけで、今まで気になっていたスナップエピソードの回を調べてみると、どれもストーリーボードはPat Venturaであった。なるほど。

初出は#07の「Superhero Snap」

ジェネリックマンやモンスターにしてもいつものクリーチャーの雰囲気とは違っていて、かつ動きも妙なオーバーアクション。

そして#10の「Fireplug Ballet」

こんなスナップの表情は本編ではまったく登場しない!!
スナップはせわしいキャラクターだが、顔の表情は基本的には「丸」のままそうそう崩れたりはしない。だが、Pat Venturaにかかるとこうなる。

#11の「Chocolate Brunch」

#13「Irresistible」

崩れる崩れる(笑) 動きも独特で、このシリーズはチョーク・ゾーンではないみたいだ。

そして#14のスナップエピソード「Chunky」では、この後も登場する「いじわる魔女」がついに登場。

この魔女は本編のエピソードには登場しないで、スナップエピソードのみに登場するという珍しいキャラクター。

これがまたせわしなくて、珍妙な動きをする。Pat Ventura節炸裂キャラだ。
この「いじわる魔女」が登場するエピソードはすべてPat Venturaが担当している。

スナップのみならず、バスタブおばさんも崩れる崩れる。

ほか#19「Insect Aside」、#20「Beanie Boys to Men」 #26「The Really Big Talent Search」 もまたPat Ventura。

そして#25「Curse of the Werefrog」に至るわけだ。

この回は特にPat Venturaテイストが満載。ぐるぐると回り、ゴムのように変形し、極端に崩れる。本編では絶対に見られないチョークゾーンがここにある。

Pat Venturaが手がけると一発でわかるくらい動きやデフォルメが独特。
日本のアニメなどは作画を誰がやるかによって極端に仕上がりが変わることが多いが、海外アニメではそこまでの差はあまりみかけたことがなかっただけに、新鮮な驚きがあった。一応ディレクターはついているものの、このスナップシリーズはけっこう好きにやらせてもらってるのかなあ・・・などと思った。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/253-6c3b79b6

コメント

黒イルカ:
とっても興味深かったです。
Pat VenturaはWhat A Cartoon!にも参加していましたね。ウチのレビューにある物だとクマの親子の話だったりしますが、もしかしてヘンな顔のオポッサムが主役の奴も、この人なのかなあ?メモはどこへやったっけか…
…やりかけのWhat A Cartoon!のレビューをコンプしたいと思ったりしました。(笑)
Oh Yeah!もがんばって捕獲してみます。リストがとってもありがたいです!(>v<)
ゼロセット:
個人的にこの人の絵はあまり好きじゃないんですが、異様に誇張された動きは印象に残りますね。
基本的にスナップエピソードの演出が多い人なんですが、#10のミュージック・クリップ"There You Are"なんかも担当してて、それでこの人を意識するようになりました。
>What A Cartoon!
ポタンク・ポッサム、この人の絵っぽい気がします。
ヤッキーのなんとかって話もこの人っぽかったような気が……
スカポン太:
自分もこの人の作品は好きではないのですが、動きに特徴があるので頭に残るんですよね。
>There You Are
ああ、確かにこの人っぽい!なにやっても、独特のカラーが出てしまうというのもすごいなあ。
>What A Cartoon!
黒イルカさんのガイド改めてみせていただきました。PatもCNスタジオからの移籍組だったか・・・

以前は声優に目がいくことが多かったのですが、最近はスタッフがかなり気になってきてます。こういう視点で見てみると、新たな発見があっておもしろいです。
黒イルカ:
>ゼロセットさん
ポダンク・ポッサム!そうそれです!あ、ヤッキーってアヒルでしたよね。レストランで働いてた… それはモロ上のカエルっぽいデザインでしたね。
絶対この人の作品っすよ!
ってか、すっごいマニアな話題…!(笑)

作ってる人が同じで何かしら共通点があるって、やっぱりあり得るのですね~。
意識してるのか、無意識なのかは、わからないけど。
そんな意味でスタッフに注目するってのは面白いですよね。
新人発掘プロジェクト系の番組は今をときめくトゥーンに参加してるスタッフのオリジナルとかが混じってたりするから侮れないっすよね。(・▽・)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99