スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペスパ #5,6

スペスパ#5ではサンドマン、#6ではライノ登場。
どっちもドクター・オクトパスによる改造人間かあ。
どっちもパワーは強大ながらも、おつむがアホアホってとこで、なんか旧タートルズの「ロックステディ」と「ビーバップ」を思い出したよ。
理不尽に怪物化したってのに、あんま気にしてないとことか・・・サイもかぶってるし。

それぞれのヴィラン誕生から描いてるものだから、「スパイダーマンが現れたからスーパーヴィランも生まれてきた」みたいな状況になってておもしろい。

ジェイムソン編集長の描きかたもズルイ。ただのヒステリーオヤジのように見せといて、さりげなく責任ある大人的なとこを・・・もう!ズルイ。

パパに認められたくて、かつピーターへのコンプレックスが日に日に増大してゆくハリーの行方がすごく心配です。いや、わかってるんだ。本当はわかってるんだ。悲劇的結末になることは。
原作にそってるとはいえ、この作品単体として物語は新しく作り直されているのは確実なので、白紙の状態でドキドキしながら楽しむこととする。

#6では、ライノの自白により黒幕ビッグマンの存在を知る事となり、乗り込むが・・・
だ れ こ れ ?
トゥームストーン? これでもう先が読めなくなったスペスパ。
ヴィランバトルパートがあるのでストーリーはそんなに進まないはずなのに、一話でも飛ばすと話が大きく変わってる。ほんと、脚本秀逸だとなあ。

そんなことよりグウェン・ステーシーですよ。ピーターのバカ!ドンカン!アホ!
もう断然、グウェン派ですよ。MJがなんぼのもんじゃい。

SpecSpi06_01.jpg
・・・と思ったら、赤毛のMJ見てぐらっときた。だめだオレ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/2980-3a19612b

コメント

犬:
「貴方、当たりくじを引いたの」

自分で言うか~~~~っ!!(笑)
スカポン太:
まさに勝ち組だから言えるセリフである。
帰まん:
動植物の能力を持つ悪党が毎回ヒーローに挑戦…仮○ライ○ーみたいだなあ…
スカポン太:
まさしく! ライノとかサンドマンはそのまんま改造人間ですし。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。