FC2ブログ

各地の醤油

はい、また醤油の話です。無駄に長いです。

P1120907.jpg
醤油がさらに増えて、うちのキッチン醤油だらけ。
九州醤油記念写真。左からサクラカネヨ(鹿児島)、フンドーキン(大分)。新規分が中央のヤマエ(宮崎)の金醤、同じくヤマエのさしみしょうゆ、右端がフジジン(大分)のさしみしょうゆ。(noenさんありがとうございます)
やっぱり甘い ><

ただヤマエの金醤は甘さも控えめで味自体もけっこうおいしい。(ヤマエの中でもいいやつなのかも)フンドーキンのゴールデン紫をよりまろやかにした感じ。これは甘草は入っていませんでした。
P1120912.jpg

一方「九州のさしみしょうゆ」ただでさえ甘いのにさらに「あまくち」
P1120909.jpgP1120908.jpg
フジジンのさしみしょうゆ

P1120913.jpgP1120949.jpg
ヤマエのさしみしょうゆ
当然のように「甘草入り」。そしてヤマエとフジジンともに激甘。サクラカネヨに匹敵する甘さなんですが・・・うぉおおおえええぇ?なんか妙な味だ!
さしみ醤油だから東海地方のたまり醤油のような濃いやつをイメージしていたんですが、全然違う。醤油そのものはそんなに濃くないのですが、なんだろこれ・・・・?よくわからない味がする。アルコールの味が強いのかしらん?不思議な味だ。
九州の人はこれで刺身食べるんですよね。うむむむ



P1120940.jpg
でもって、さらにまた増えたのでした。

カマダ(香川)のうどん醤油。盛田(愛知)の白醤油。

カマダのうどん醤油はおいしいです。ほんのり甘みもあるけど九州醤油ほどじゃないし、出汁もよくきいてます。っていうか「醤油」って書いてあるけどこれって「めんつゆ」では?
あ、成分表のとこにも分類が醤油ではなく「めんつゆ」になってた。
おいしいけど、これでは醤油比較にはならないなあ。そういえば昆布醤油だのほたて醤油の「だし醤油」とよばれるものは「醤油」って言っていいもんだろうか。
料理するうえで他に味をととのえる必要がないので、便利で重宝される気がします。
その調合具合に各メーカーの腕が問われるというか。

これは、ぶっかけうどんにして食べましたが、卵かけごはんにもよく合いました。
卵用醤油もまだ試したことないけど、同じくだしの強い醤油なんだろうと思う。


森田の白醤油は「薄口醤油」みたいなもんかと思ったら全然違った。
醤油というよりみりんみたいだが、味も風味も普通の醤油とまるで違う。
かけで使うには塩気ばかり気になるけど、お吸い物にしたらおいしかったです。料理用かなこれは。

色み比較
P1120925.jpg
キッコーマン 特選丸大豆醤油

P1120928.jpg
イチビキ たまり醤油

P1120941.jpg
モリタ 白醤油

キッコーマンの特選丸大豆醤油はあけたてはもっと淡く緋色。醤油は空気にふれると酸化してどんどん黒くなるんですよ。

たまり醤油はソースでいえば特濃。初めから真っ黒ねっとり。
白醤油はビンから出すとさらに透明。

たまり醤油と白醤油はそのほとんどが東海地方に集中しているまさに「特産品」。真っ黒と真っ白と東海地方は極端だなあ。
さらにこの二つには実は他の醤油にはない、ここだけの特徴がありまして
P1120942.jpg
生産地の表記のところ。
普通は「○○県」から始まるのに、イチビキもモリタも共に愛知県は書かないでいきなり「名古屋」から始まります。
東海地方というより名古屋の特徴かも。名古屋人って・・・・

>明石家さんまさんの「幸せ~ってなんだっけなんだあっけ♪」のキッコーマンのポン酢しょうゆのCM復活ですってね。
このCM好きだったのでうれしいです!

おお、懐かしい。

>自分が住んでいるあたりでは「ワダカン」が地域ブランドでしょうか~。近くを通るとたまに醤油の匂いがしますよ!
ワダカンというと青森醤油か!
東北は醤油より味噌文化の方が強いせいかイマイチ目立ちませんが、いろいろあるみたいですね。
見た目は醤油!頭脳味は味噌! その名は「みその露」つうのもあるようだし。
キッコーマンと同じ亀甲印なのにキッコーカンじゃなくてワダカンなのですね。
でもキッコー○○という名前の醤油多いんだよなあ。

秋田の日南工業の「キッコーナン」
googleさんに「もしかして: キッコーマン?」とか言われちゃうかわいそうなとこですが、ここの醤油ちょっと欲しい。というのもここのラベルがかわいいの。
たとえばこちら様の記事を見るとこんな感じ。
「女の子のスカートをひっぱるエロパンダ」
コパトーン!!!ww よく見るとパンチラしとる!女の子の名前はナン子ちゃんというようです。 なんでパンダ?とかよくわからないとこがすばらしい。
醤油さしバージョンでは網タイツ!?

同じ秋田には東北醤油の「キッコーヒメ」というのもあって、漢字で書くと「亀甲姫」。ゴクリ。ネーミングだけでそそられます。いつか欲しい・・・

東日本は濃い口の辛口醤油だと思っていたけど、どうも東北の醤油は甘いみたいなんだよな。東北醤油もそのうち調べたいけど、圧倒的に他の地域に比べて情報が無いです。うむむ

埼玉の醤油も忘れんでくだされ!とVicIsonoさんに言われたユゲタ醤油の「醤遊王国
ネーミングがすばらしく埼玉。なおかつマスコットキャラがゆるキャラっぽいです。
ここも醤油スィーツが充実

>千葉醤油だらけですが、東京にもちゃんと醤油があるんですよ すごくマイナーなので地元以外はみかけないと思いますが
こちらは東京都あきる野市の近藤醸造キッコーゴ 漢字で書くと「亀甲五」
亀甲印多いなあ。「多分醤油といえば亀甲印」という認識があったのかと。
近藤五郎兵衛さんが創業したから醤油屋号の亀甲に「五」なんだと思います。

高い醤油といえども酒に比べれば圧倒的に安いのでいろいろ試したいとこですが、醤油にも賞味期限があり、またすぐに使い切れるわけでもないので、しばらくは醤油購入は控えようかなあ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/3081-569603c6

コメント

亀吉:
わたしはさしみしょうゆで育ったので醤油といったらさしみしょうゆですねぇ。
ていうかさしみしょうゆのプラスチックボトル入り初めて見ました。
家では一升瓶でしか見たことがなかったのでw
タッキ~:
冬コミに「醤油本」ってのはどうですか?w
樹海:
キッコーナンもキッコーヒメも普通に見掛ける環境に住んでます。そぅかぁ、そういう見方があるとは思いもよりませんでした。これはもう擬人化するしかないでしょう(笑)
地元の人間にとっては「普通」としか感じないんですが、県外の人の舌にはどう感じられるのかちょっと興味があります。送りつけちゃおうっかな♪
スカポン太:
>亀吉さん
一升瓶ですか。って、さしみ醤油の一升瓶?! そんなに使うもんなんですか

>タッキ~さん
それだ!
って、申し込んでませんよ。

>樹海さん
こちらからみたら普通じゃないです。そもそもそんな存在自体知りませんでしたよ。
キッコーナンとキッコーヒメいいですね。いろいろかわいいし。そのうち入手したいです。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99