FC2ブログ

OYC#07B : A COP and HIS DONUT

「どこ吹く風」のコンテンツ、カートゥーンなどでみかける食べ物の考察コラム「YUMMY」の“ドーナッツ”の項を読んで。

確かに洋ものを見ていると、警官とドーナッツの組み合わせは多い。(日本でいったら、刑事のコロッケパンと牛乳、尋問室のカツ丼といった感じかなぁ?)
そちらでも考察していたが、由来の決め手には欠けるようだ。

今でこそハンバーガーとかあるけど、ちょっと古いドラマや映画など見るとハンバーガーなどはああいったファーストフード店ではなくダイナー(diner)みたいなとこで食べられていて、いい感じのファーストフード店というのがドーナッツ屋だったんではないか?なんて思ったこともある。よく車に残った相棒に「ほい」と渡して車中で食べることも多いからテイクアウトできるのも魅力なのかなどとも。冷めてもさほど問題ないし。

ところで、日本のお巡りさんは食事とかどうしているんだろうか?飲食店で食べている姿など見たことがない。日本のお巡りさんは自前のお弁当派なのかしらん。
などと思いをめぐらせてみましたが、警官とドーナッツと言えば思い出すのがこの作品「A COP and HIS DONUT」(そのまんまだ・・・)

ニコロデオンのOh Yeah! Cartoons(邦題はよくわかりません。サイトなどの番組表ではオーイェイ・カートゥーンズ!だが、放送されている番組CM ではオー・イヤー!・・どっちやねん!)の中の一作品で、監督はティーンエイジロボットのロブ・レンゼッティ(Rob Renzetti)。

「A COP and HIS DONUT」
Designed by Bob Staake
Created,Storyboard,Directed by Rob Renzetti


acopandhisdounut01.jpg

acopandhisdounut04.jpg

強盗事件発生。ドーナッツ大好き!
acopandhisdounut05.jpg

その事件のさなか、強盗に突進した主人公の相棒は懐に忍ばせていたドーナッツに気をとられて大けがをおってしまう。
acopandhisdounut06.jpg

アホな警官?いやいや、実はそのドーナッツこそが実は数々の事件を解決してきた敏腕ドーナッツだったのだ!
「だから、今度はお前がオレを連れてゆけ。」
「そんなこと信用できるか!」
主人公は1人強盗犯の隠れ家をつきとめ乗り込むが、逆に捕まってしまう。
acopandhisdounut07.jpg

ドーナッツ登場!強盗ども覚悟しろ。
acopandhisdounut08.jpg

ところがコーヒーの汁を浴びたために重傷をおってしまったドーナッツ・・・
「しっかりするんだ!」
・・・とまあ、そんなお話。
acopandhisdounut09.jpg

「オーイェイ・カートゥーンズ!」
オーイェイ・カートゥーンズ!を見たことある人ならご存じかと思うが、作品ごとのラストには毎回そのアニメのキャラがタイトルコールする。これはなかなか楽しい。
丸枠の中にキャラが顔を出すのが一般的だが、ドーナッツなのでぴったり丸のまま。他のと見比べてみると面白いんだけど、これ単体だとそーでもないなあ。

まあ、特に面白い話でもない。

デザインもさることながらテンポや演出がパワーパフガールズによく似ている。キャラが違うから動かし方は違うんだけど、うっかりしているとパワーパフガールズを見ているんじゃないかと錯覚を覚えるほどだ。
この時期、ロブ・レンゼッティはまさにパワパフやデクスターの仕事をさんざんやっていたころだから、染みついていたのかもしれないが、ちょっと個性が弱い感じがする。「オーイェイ・カートゥーンズ!」の他の作品のほうがそれぞれ個性的で、この作品はかなり印象が浅い。

この後で「ミーナと伯爵(MINA and the COUNT)」を作りレンゼッティらしさというものも少しは出てくるのだが、ニコロデオンにはあまり評価されなかったようだ。
レンゼッティはゲンディやマクラッケンのような突出した才はないのかもしれない。練り上げて磨いてこそ光る努力型のアニメーターなのかなあ、とか思った。

そんなレンゼッティを支援し、ティーンエイジロボットを作らせるまでに至らせたフレッド・セイバート(Fred Seibert)(元ハンナ・バーベラの社長でフレドレター・スタジオを作った人)の慧眼にこそ評価すべきものがあるのかもしれない。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/31-c3d6abd3

コメント

くん坊:
お巡りさん、食事しているところは知りませんがアイスクリームを買ってるのを見た事ありますよ。
昔通っていた学校の側のパン屋さんの前にパトカーが停まっていたので、事件かと思って見ていたら、若いお巡りさんが「ガリガリ君」らしきアイスを二つ持って店から出てきたんですよ。
私らも残酷なもんで「うわあ、お巡りさんがアイス買ってる~!」「お巡りさんもアイス食べるんだね!」と指差して大騒ぎしたら、そのお巡りさんは決まりが悪そうに帽子でアイスを隠してそそくさとパトカーに乗り込み、逃げるように去って行きました・・
気の毒な事しちゃったなぁ(苦笑

ドーナツ警官、かわいいですね~。コーヒーで濡れたらジャムおじさんが替わりの顔を(略
犬:
日本の刑事といえばアンパンとビン牛乳じゃよ?とファーザーも申しております。
スカポン太:貴重な目撃
制服はやっぱり目立ちますからねえ。
海外の警官&ドーナッツも、「ポリスメーンがドーナッツ食べてるよ!」というのを目撃されたのが激しく印象に残ったことからかもしれませんな。

>刑事
アンパンですか(笑) メロンパンなら執念のデカ。
スカポン太:うっかり・・・
こっそり修正・・・海風さんごめんなさい久々に読んだもので・・・
massangeana:うちの近所では
ドーナツじゃないですがタコス屋でしょっちゅうハイウェイパトロールの人が食事してます。

レンゼッティのオーイエーといえばこのへんに「recently kicked out of Hanna-Barbera」とあるので, ハンナバーベラからレイオフされたんでしょうね。
http://frederator.kz/rez.php?i=zoom&id=59&album=5
スカポン太:これからは
ハイウェイパトロールの人がさぼってタコスばかり食べてるというのが定番になったりして(笑)

>レイオフ
人に歴史あり・・そうだったのかあ。それでしばらくニックで制作して、またサムライジャックで戻ったのか。
ああ、やっぱりだれかカルアーツトキワ荘物語描いてくれないかなあ。
土地神:苦労人練絶手井
やっぱり苦労人なんですねレンゼッティ。
逆にいうともっと突出してないと認められない時代だったともいえますね。

フレッドセイバートについてはそのうちちゃんとまとめる予定ですが
やっぱりカルアーツ時代の話を知りたいですね。
レンゼッティみたいにまだ埋もれてる人もきっといるはず。
吉田:
おまわりさんは、夜中コンビニに買い出しにくる事が有りますね。
スカポン太:
>突出してないと認められない時代
確かに新しい才能がどば~~っと出てきた時ですからねえ。

>コンビニおもわりさん
おや、そうですか。目立つんだろうなあ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99