FC2ブログ

Lou !

さあ、フランスタイムだよ。
フランスアニメ『Lou!』

これはティーザーで


こっちがOPだと思う。


ママと二人で生活している12歳の少女Louの日常物語。
フランスのTV局「M6」と「ディズニーチャンネル・フランス」で放送されている。
現在DVDも3巻まで発売中。
Lou_dvd_v3.jpg
Lou! DVD vol3

原作はアングレーム国際漫画祭で受賞(2005,2010)したこともある人気BD(バンドデシネ)。
作者はJulien Neel。

Lou_tom1_cv.jpgLou_tom1_01.jpg
2004年発行の第1巻から、2009年発行の5巻まで現在刊行。全8巻予定。
この分量だから、アニメ版は原作をもとにしつつもオリジナル話がけっこうあるんじゃないかなと思う。
出版元「glenat」のLouのページ

Louがかわいいこともあるんですが、これが気になってることの一つに、BD版では巻ごとに少しずつLouが歳をとっていくところにあります。

1巻では12歳だったLouは、2巻では13歳、4巻では14歳になる。そして最終的には18歳になるまでが描かれるという。
Lou_tom1_cvss.jpgLou_tom2_cv.jpgLou_tom3_cv.jpgLou_tom4_cv.jpgLou_tom5_cv.jpg
5巻まで表紙を並べてみましたが、なんとなくわかりますでしょうか。


Lou_tom1_02.jpgLou_tom2_01.jpg
例えば、1,2巻のLou

Lou_tom4_01.jpgLou_tom4_02.jpg
そして4巻では、ぐっと女らしくなってくる


Lou_tom5_01.jpg
そして最新刊5巻のLou

これもどうやら英語版が出ているようで、多分これ(Lou!: v. 1: Diary Dates)がそうなんじゃないかと思うんだけど、アマゾンの表記がなんか怪しくて、ちょっと迷い中



Un entretien avec Julien Neel
Julien Neelへのインタビュー記事
ちょっと面白いなと思ったのが
「Est-ce qu'il y a une si grande différence entre les pays ? 」という質問のところ。
「(マンガで)国ごとの大きな違いはありますか?」(・・・だと思う)
ここでJulien Neelはこう答える。
「私にとって国ごとの違いといえば・・・フォーマットの違いでしょうか。フォーマットによって表現は縛られます」(ちょっと意訳)

内容ではなく、発行形態やサイズの違いが大きいとJulien Neelは答える。
この後、日本のマンガやアメコミのフォーマットの違いについて語っています。

そもそもこういう質問は日本で日本人作家に対しては、まず質問されないだろうということから、今のフランスの混在コミック市場がうかがえるかもしれない。



Les ElféesにもLouという子が出てきたりするので、なんとなく気になってたんですよね。

そして日仏学院でのBD講座で紹介するという主要キャラクターの中に「Lou」の名がある。
こちらのBD講座で紹介されるのは、タンタンやスピルーに混じっていることから、このLouのことなんじゃないかと思う。
oldlou_t1.jpg
http://fr.wikipedia.org/wiki/Lou_(bande_dessinée)

あまり情報が無いので、どれほど重要な作品なのかよくわかりません。
かといって、この新しいLou!では、講座の雰囲気からして新しすぎるか?ちょっとだけ気になる。


ところで名前の話はなかなか面白い。
Wakfuにエヴァンジェリンという弓娘さんが出ていますが、「プリンセスと魔法のキス」でもレイの憧れの人としてエヴァンジェリンが出てくる。
レイはケイジャン(フランス系アメリカ人)なので、エヴァンジェリンという名はフランス系の名前なのかなとか思ったり。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/3533-0a920027

コメント

テクリ:
Lou!のBDは私も二年ほど前にフランスに行った時に一目惚れして買いました。
アニメティーザーのフニャフニャ感も好きだけどクオリティ上がった感じのOPもいい!漫画の色合いや雰囲気がそのままなのが素敵。4巻だけしか持ってないですが5巻はまたぐっと大人っぽい雰囲気になってますね~。英語版がほんとに出てるんなら欲しいなあ。あと、もう少し値段安くなって欲しいですね。
当時、Lou!の他にスピローやモンスターアレルギーとか諸々6冊程度レジに持ってったら8000円近くとられて軽く青ざめました…。
スカポン太:
おお、すでにお持ちでしたか。
アニメ版は原書の雰囲気を忠実に再現してる感じがしますね。

あとやっぱりBDは値段がね・・・・ 今はユーロが安くなってるからもう少し安く買えるとは思いますが、それでも気軽に買える値段じゃないのがつらいです

まあ日本のマンガは安いけど、巻数も多かったりしますが。
タッキー:
>「フォーマットの違いでしょうか」
おお~。簡潔ですが的を射た答えですね。
アナログ印刷や画材で作られたフォーマットが、デジタル導入やWebマンガの拡張でどのように変化していくのでしょうね。
スカポン太:
根本的な違いといえば、やはりそこかなと、自分も思います。
内容や表現は作家次第ということもあるから、単純に違いを比較しずらいんですよね。
全体的な共通項を見いだす事もできなくはないだろうけど、それらもまたフォーマットから生み出された表現の違いという気がしますし。だいたい個別に比較すると例外が多すぎる!

デジタル化やwebでの表現の変化はすでに始まってると思いますが、現在進行形すぎてハッキリと把握できるのはもう少し先かなあ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99