FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

scott pilgrim vs the animation web配信開始


http://video.adultswim.com/promos/scott-pilgrim-vs-the-animation.html

米CN adultswimで公開された「scott pilgrim vs the animation」がwebでも配信開始。

4分程度の短いもので、まさに「・・・そして映画に続く」という作り。
そういえば、スコピルのゲーム配信はまだPS3のみで、XBOXは8/25からみたいです。

iPad用にも映画版のゲームが出てるそうですが>Pilgrim’s Punch-Out
こっちはショボいらしいね。(まあプロモ用の無料ゲームだからそんなものかな)
マイクタイソン・パンチアウトが好きな人にはどうぞ・・・って感じ?

そういえばコミケで話にあがったけど、次はエンパワードの実写映画化とかどうか。
最近はメインストリームじゃないコミック原作のヒットが続いてるから、けっこうありうる線だと思ってるけど。
いっそのこと、アダム・ウォーレン版ダーティーペアの実写映画化でもいいけどなー

ところでティーンタイタンズの実写映画化ってどうなってるの? DC&ワーナーは企画倒れが多いからかなりアテにできないけど。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/3668-4cb84000

コメント

りおこ:
おはようございます
scott pilgrim vs the animation、是非見てみたいですね


確かに非メインストリーム作品ってよく映画化されますね
やっぱりメインストリームとどこか違うのかなと思いました(ゴーストワールドやMASKがいい例?)
しかし、イメージやダークホースとかはメインストリームに入るかどうかわかりませんね



コミケ、体調に気をつけてください
ある評論家のスペース、何だかちょっと大変な事になっているらしいですね


では
タッキー:
かっこいい~。
演出もいいんだろうけど、結構動画映えしますね。
元絵のうまさがアニメになってわかったというか…w
このまま作ってくれないかな。
スカポン太:
>りおこさん
イメージやダークホースは微妙なとこですねえ。(スポーンやヘルボーイ)
でもやはりメインストリームといったらDCやマーベルのメインのヒーローものですかねえ。
メインストリームも出尽くした感があるので、これかはもっとマイナーなコミック原作がいっぱい出てきそうです。

>タッキーさん
若干、急ぎで作りました感もありますけど、雰囲気はうまく再現されてるかな?
このまま本格アニメシリーズ化してほしいもんです。
S:
映画版・・・
http://cia-film.blogspot.com/2010/08/vs454.html
KICK-ASSと同じ道かぁ sigh...
スカポン太:
あははははは。大コケかあ。
試写会で酷評だったエアベンダーが興行的には大ヒットだったのとまさに逆パターン。
マニアが熱くなるほどコケるジンクスなんですかねえ。
・・・・これはKICK-ASSと同じく、日本上映もあぶないかも
VicIsono:
スタローンの『エクスペンダブルズ』とカチあって負けたらしいですね。
やはりオタクはマッチョに勝てないのかッ?!
原作本は米アマゾンのトップ20リストに全巻入ってるのに。

エドガー・ライト監督の前作『ホットファズ』は
署名運動で劇場公開が決定してスマッシュヒットだったので
本作も監督名で見に行く映画マニアが一定数いるから
劇場公開はされると思うんですが…

むしろ日本でヒットさせて、ヌルいヤンキーどもに
ジャパニーズオタクの心意気を見せてやろうぜ!
スカポン太:
原作本はすごい売れてるのに・・・・
おのれスタローンめえw

日本ではむしろ特定層にガッチリという感じで、とりあえずは公開してもらいたいもんです。
S:
http://twitter.com/TomoMachi/status/21529289971
まさか、あんな漫画がこんなところへ影響を与えていたとは
よく知られた話なんでしょうか?
スカポン太:
このとき初めて出た話だったと思います。
サルまんは一応英語版も出てますしね。

ただ、その竹熊さんの方がまったくスコット・ピルグリムの存在すら知らなかったというオチ。
まあ、マンガ好きでも海外のマンガにはとんと興味ないというのはしょうがない話ですけど。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。