fc2ブログ

タイアニメ「ナーク」

nak-san.jpg
ナークさん女性陣おえかき。

けっこう前に紹介したタイの劇場用3DCGアニメーション「ナーク(Nak)(นาค)」

nak_01.jpgあれからDVD入手できて見る事ができたんですが、そのうち感想書こうとか思ってたら、そのうちがずいぶん先になってしまってましたわ。

タイなのでDVDはリージョン3のPAL。
公開年は2008年。90分。
言語はタイ語のみ。


タイのアニメってどんなんかなーと思ったけど、なかなかよくできてました。
とにかくキャラがかわいらしい。
タイ語はまったくわかりませんが、一応子供向けってこともあってわかりやすく、内容はだいたい理解できました。
タイ版鬼太郎みたいな感じですかねえ。


日本語字幕付き予告

nak_02.jpgnak_03.jpg
かつてタイではお化けたちと共に生きていたが、そんなタイも近代化。
都会では新たな邪悪な妖怪達がはびこるように。そんな「都会妖怪」がナークさんたちが住んでいる田舎の村の「生け贄の印」をもつ少年を誘拐する。
弟を連れ戻そうとするお姉ちゃんだが、田舎妖怪の長には反対される。
しかし、かつて自分の子供を失った悲しみを知るナークさんは、子供の味方!
お姉ちゃんと共に妖怪列車に乗って都会妖怪の本拠地である魔都バンコクへ向かうのであった。

田舎妖怪 VS 都会妖怪の妖怪大戦争!というお話ですよ。

ってもナークさん鬼太郎と違って、あまり強くないんだよなあ(笑)
まあ妖怪始末人じゃなくて、普通のユーレイさんだもの。
そんなわけで、圧倒的な力をもつ敵とのラストバトルではどうやって決着つけるのかドキドキしましたよ。

nak_06.jpg
さて、このタイの田舎が昔の日本の田舎みたいで、外国なのにとてもなつかしい。
昭和の日本。
蚊帳とかつってるし。

nak_05.jpgnak_04.jpg
ちょっと違うのはタイでは兵役があるためか、幼い姉弟のパパはどうやら兵役中でいないようなんですね。(だから頼るものがなく、ナークさんたちに頼んだのかな?)
くだぐだ語らずに、こうやって絵で状況説明してくれるのは、言葉がわからない身としては嬉しいかぎり。
そうでなくとも、こういう演出は優れていると思う。
あと、この写真とかは3Dじゃなくて手書き絵でしてね、これがまたかわいい!!

他にも看板とかに手書き絵がちょくちょく出てくるんですが、本当にかわいいです。それを見る度にニヤニヤする。
特にバンコクのシーンがすばらしい。

nak_13.jpg
nak_11.jpg

ここで描かれるバンコクはすごくポップで見ててすごく楽しい。実際もこんな感じなんでしょうか?

nak_12.jpg
こっそりナークさんの看板もあるんですが、これがまたカワイイ!!

後半、バトル続きでちょいダレる感じがあるので、むしろここらへんの尺がもっとあればよかったと思いましたよ。


そういえばタイ版鬼太郎って書きましたが、どちらかといえば藤子Fオマージュをよく見かけます。
例えばこのへん。
nak_09.jpg
さらわれた少年の村のガキ大将とそのとりまき。
あ、あれえ?どこかでみたことあるよ、この人たち!www

nak_08.jpg
そして村のカーニバルでのテキヤのおっさんのTシャツの柄。

このへんが欧米とは違うタイならではの日本オマージュかも。


日本といえば、都会妖怪の象徴する「近代化」のイメージが、欧米だけでなく、そこに「日本」が混じってるのが欧米とは違うタイらしさかも。
鬼太郎でいえば、日本妖怪VS西洋妖怪となるパターンが、タイではちょっと違う。



nak_10.jpg
例えば、都会妖怪のアジトの内部にはこういう和室があるのです。
スモートリぽい敵妖怪も出てくるしね。


そしてなにより、その都会妖怪・近代妖怪を象徴する存在として登場するのがビデオ妖怪「貞子」!!
nak_14.jpgnak_15.jpg

貞子は敵妖怪のうちの一人なんですが、とにかく存在感がすごい。
スタッフもそのへんよくわかってるのか、ナークさんと何度も戦うことになります。

nak_16.jpg
他の妖怪同士のバトルはどっかコミカルな感じがあるんですが、ナークVS貞子戦だけはガチ。
殺伐とした殺るか殺られるかの壮絶キャットファイト。たまりません。しかも肉弾バトル。

nak_19.jpg
nak_18.jpg
nak_17.jpg

ナークさんが豊満巨乳であるのに対して、貞子が悲しいくらいに貧乳なのもたまらない。
・・・・って、アレか、日本女子は貧乳ってことですか!?な、なんだとーーー!
ええと、タイからしたらそういうイメージなのかしら?


一応、ボス格としてはこの二人なんですけどね。
nak_20.jpg
強い力を持つ黒フードの少年妖怪と、黒玉さん。
でも、貞子戦が一番見応えがあったんだよなあ。


nak_21.jpg
ちなみにこちらが、田舎妖怪の方々。
メインはナークさんと3バカ妖怪なんですが、花飾りをつけた女ユーレイちゃんがかわいいの!
そしてタイの猫娘。・・・猫おばさんかしらん。

他の妖怪達もおもしろカワイイデザインばかりなうえ、紹介しきれないくらいいっぱい出てくるので、映像的には飽きずに楽しめます。


あー、そうそう、なぜかミュージカルシーンも入ってるのですよ。てんこもり!
悪のガイコツ軍団が歌って踊る。なかなか楽しい。
nak_22.jpgnak_23.jpg
nak_24.jpgnak_25.jpg

そして貞子も踊る
nak_27.jpg
nak_26.jpg

キラッ☆

おちゃめすぎるwww やべえカワイイ。

タイはなかなか楽しいとこだ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/4015-9464dc77

タイのオバケCGアニメ 「ナーク」
以前から度々拝見していたスカポン太さんのブログ http://ppgcom.blog12.fc2.com/blog-entry-4015.html#tb で知る事ができた タイの劇場用3DCGアニメーション「ナーク(Nak)(???)」 YouTubeにUPされているこの予告編を観て以来、 もー、気になって気?...
タイのオバケCGアニメ 「ナーク」
以前から度々拝見していたスカポン太さんのブログ http://ppgcom.blog12.fc2.com/blog-entry-4015.html#tb で知る事ができた タイの劇場用3DCGアニメーション「ナーク(Nak)(???)」 YouTubeにUPされているこの予告編を観て以来、 もー、気になって気?...

コメント

そも:
カテゴリがヨーロッパ!w
スカポン太:
ええと、とりあえずアメリカ・日本以外つうことで。このカテゴリに入れました。
さらに細分化してもなあとか思ったもので。
あ、やっぱりリージョン3でした。3はゆるいのか、機種によっては問題なかったりするみたいです。うん、リージョンはやっぱりめんどくさい
通りすが郎:
ナーク(メー・ナーク)とはタイで有名な幽霊です。
日本でいうとお岩さん、お菊さんでしょうか。
ナークはタイの国民的幽霊ですから何度も映画化されています。
僕は東京国際映画祭で1997年度版の「ナン・ナーク」を見ました。
1997年度版は田舎の農夫だった夫マークが戦乱で徴兵されて妊娠中の妻ナークを残して出兵したが、
終戦後村に戻るとナークは母親になっていて一緒に暮らし始めるが、
実は彼女は出兵中に産褥死していて親子は幽霊だったという「雨月物語」の「浅茅が宿」みたいな話でした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=234460

「怪奇映画天国アジア」(白水社)によると元々ナーク伝説は1936年に初映画化されてから何度も作り続けられているそうです。
ナーク映画のその殆どは低予算のプログラム・ピクチャーが多かったのですが、
1997年度版はタイ映画として予算をかけた決定版でタイでは空前の大ヒットとなっています。
確か「ナン・ナーク」の監督が東京国際映画祭のティーチインでナークものは低予算映画で量産されていてタイ国民に飽きられていたのを
本作できちんと予算をかけて練り上げた脚本を用意して再生させたという話をしていましたね。
スカポン太:
ナークは有名みたいですね。
知り合いのタイの方もよく知っていました。
妖怪ものというより、悲恋の怪奇ものというイメージみたいで、やはりお岩さん、お菊さんの例えが一番似合いますかねえ。
C.ボロディン:タイといえば・・・アイグーアパカッ!
おお、まさかのナークさん続報!

う~む、話を聞けば聞くほど観たくなるアニメですね。
ミュージカルだと・・・?
CNさん!歌も含めて吹き替えて!
スカポン太:
CNの長編枠でやってくれると嬉しいんですけどね。

アメリカやヨーロッパとは違う、日本スタイルとの融合をそこはかとなく感じます。
ドラゴン坊主Z:
故レスリー・チャン主演の香港映画チャイニーズ・ゴーストストーリーを思い出しましたよ、同作品アニメ映画にもなってるんですよね、僕はビデオデッキががまだ使える過去の年に激安中古ビデオ店で安く買って見ましたけど、今はもう外していて見ることが出来ません。DVDが出回ってるときに本作のDVD買っとけば良かったけどなかなかその当時は鬱病が重かったのと障害に振り回されていてそれが出来なかったんですよ。

心残りにもう一回今度はブルーレイにして売って欲しいですよ、日本のアニメスタッフも製作に関わったことだし…。
ドラゴン坊主Z:
>本作のDVD買っとけば良かったけどなかなかその当時は鬱病が重かったのと障害に振り回されていてそれが出来なかったんですよ。

付け加えるのを忘れてました、鬱病が重かったのと障害に振り回されていて(バイトが出来なくて小金をためることが)出来なかったんですよ。

と書くべきでした、ゴメンなさい。
スカポン太:
チャイニーズ・ゴーストストーリーとは懐かしいですねえ。
霊幻道士なんかも流行りましたね。
そのあたりの影響もあるのか、モブではキョンシーも登場します。
よしんど:はじめまして
スカポン太さん、はじめまして。
よしんど と申します。
以前から度々ブログを拝見していました。

自分もDVDを購入したので、近々拙ブログでも「ナーク」を取り上げる予定です。
その際こちらの記事をトラックバックさせて頂きたいのですが
ご了解願えないでしょうか ?。

よろしくお願いします。
スカポン太:
>よしんどさん
トラックバックは許可必要無くご自由にどうぞ!

それにしても、日本で他にナークさん見た方がいるとうのは嬉しいですね。
よしんど:ありがとうございます
DVD先ほど届きました。
チラ見しましたが画質・音質ともに良好で素晴らしいです。
スカポン太さんのブログ記事がなければ
ナークさんの存在を知る事はできませんでした。
ありがとうございました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99