FC2ブログ

KICKASS 2は7月11日発売

>今日の『しゃべくり007』で、くりぃむしちゅーの有田さんが『キックアス』を紹介していました。
おお、そうなんですか。
映画の続編はいつなんでしょうかねえ。早くしないとクロエちゃんが成長しちゃうよ!

とまあ、そんなキックアスですが、原作コミックの「Kick-Ass 2」は7月11日にいよいよ単行本(TP)発売です。
(という予定らしいけど、本当に出るのかなあ?全然進んでないはずだと思ったけど)

KICKASS2_JusticeForever.jpg
「ジャスティス・フォーエバー」へようこそ!
メンバーは
手前の赤に白ラインが「ドクター・グラビティ(Doctor Gravity)」
奥の迷彩服が「カーネル・スターズ(Colonel Stars)」
隣のレトロ軍服マスクマンが「ルーテナント・ストライプス(Lieutenant Stripes)」
鞭もった女王様が「ナイトビッチ(Night-Bitch)」
☆マスクにシールドが「バトルガイ(Battle Guy)」
ファンタジーぽい服のヒーロー夫婦デュオ「リメンバーイング・トミー(Remembering Tommy)」(個々の名は未確認)
そして虫男、「インセクトマン(Insect Man)」

今度はジャスティスリーグだ!というのがキックアス2。
(ジャスティスリーグというよりアヴェンジャーズぽいですねw)

一方、レッドミストはスーパーヴィランを集めてキックアスたちに復讐を狙う。みたいなストーリーのようです。

キックアスは3部作を予定されていて、好評ならKICKASS 3もこの後出る予定。

しかし、映画版とコミック版では展開が、というよりこめたれたメッセージが違っただけに、映画の方はこの展開に合せて作れるもんなんですかねえ?コミックとは分岐して別展開のオリジナルストーリーになりそうな気も。

なにしろ、映画では「こんなダメダメなボクでも本物のヒーローになれるんだ!」というギーク青春ものっぽい爽快な展開で、彼女もできる。
しかし、原作は「やっぱりマスクかぶってヒーローやろうというようなやつは頭のおかしいヤツしかいない」という救いようのない展開。もちろん彼女もできません。

ちょいネタバレ

だって、原作だとビックダディは「悪人に妻を殺された復讐のために」という妄想していただけの本物のキチ○イですもの!
ひどい話だわ・・・

映画ではカットされたキックアス拷問のチ○コ電流シーンですが、キックアス2では犬にチ○コ喰わせちゃってます。
ほんま、マーク・ミラーは中二病ならぬ、重度のグリム&グリッティ病だわあ。
どう考えても今回も、爽快さ皆無のいやーな後味が残りそうな、救いの無い酷い展開になるとしか思えない。

いやほんと、映画2できるのかしら?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/4318-cb607180

コメント

ビニールマン:
あるジャンルにおいて、痛い現実を盛り込んでそのジャンルの「お約束」を否定してしまうような作品が出てくるということは、そのジャンルがいい加減飽きられて「終わっちゃった感」がしてきた、と言うことなのですが…
大丈夫なのか、アメコミヒーロー!
スカポン太:
それはすでに80年代に通過した場所なので大丈夫かと。
真空管:
正直一作目の終わり方が完璧だったので
三部作というのは期待半分不安半分なのですが
この絵面の「やっちまった感」を見る限り期待できそうですね。

自分がまいた種が自分のあずかり知らぬところで大きくなっていって
とんでもない怪物に育って返ってきたとき
少年はそれとどう対峙するのか…
ビビりまくりだけどケジメつけるゼ!
てな感じのボーイ・ミーツ・ワールドなサーガになってほしいものです。
個人的には
「キミが動けば世界は変わる!ただし望まざる形で」
という世界対個人のヒーロー像は結構王道アメコミヒーローだと思っています
notyou:どうも!参考になりました!
こういうのは、翻訳されるかもしれません。
スカポン太:
正直映画の方はあれで完結させたほうがいいかもしれません。
コミックはもう好きなようにやればいいよ!という気がします。

原作はずっとグダグダなキックアスくんだったけど、3部作ならもしかしたら最後に成長するかも。
でも、この作者だとヒットガール殺しそうでこわいわ。
notyou:またアクセス
マーク・ミラーで解るとしたらアンチヒーローモノの「WANTED」ファンタジーモノ「1985」をよめば少し解るかも。エックスメンといったマーベル作品も手がけているいますがちょっとシリアスな話だったかも。ホントにヒットガール殺しかねません。
スカポン太:
どうも。
マーク・ミラーものは他に直接読んだ事無かったのですが、それらを見ても、やっぱり「やりかねん」て感じの作家みたいですね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99