FC2ブログ

マッドハウス版ブレイド 第2話

#2 狂った世界
mdblade02_02.jpg
舞台は横浜から大阪へ。
ジャパゆきさんたちの失踪事件があいつぐなか、その現場で何度も目撃されるロングコートの男。
事件を追うサコミズはブレイドと出会うが、エグジステンスの協力者はヤクザだけでなく警察内部にも伸びていた。
そしてついに首謀者にしてエグジステンスのメンバー「タナカ」と見つける。
タナカは日本のヴァンパイア「水虎」であった。

mdblade02_01.jpg
一の太刀 残月

けっこう面白かったです。サコミズさんよかった。
むせかえるような濃厚なアジア臭!
なるほど。 狂った世界=大阪か(笑)
一話完結的な話になっていて、一つのエピソードとして楽しめるのはいいな。
マリコ~~~と叫ぶだけの話よりよっぽどいいわ。

地味ながらも作画というか、見せ方というか構図というか、手堅くよくできていた気もする。

ここではおそらく、妖怪魑魅魍魎のたぐいはヴァンパイアだったのだ!という解釈のもと、ブレイドの放浪妖怪退魔行みたいな感じになるんですかね。
この後、大阪から神戸へ移動し、さらに東南アジアへ向けて南下していくなかで、日本だけでなく各地のローカル妖怪達が次々と出て来るのかもと思うと少し楽しみ。

ただ、「マーベルアニメ」として見ると「どこらへんがアメコミやねん!」てのはあって、何でこれ見てるんだろ・・・感はぬぐえませんが。まあ、その分、逆にイラっとしないとこはあるかなあ。
あえて言うなら映画版ブレイドより、ドラマ版ブレイドに雰囲気は近いかも。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/4387-6c8e9f86

コメント

ビニールマン:
日本が舞台なんですから、マツオ・ツラヤバかシルバーサムライ出せばいいのに

大阪なのに、日本人キャラが全員標準語って…たしかに「狂って」ますね
あと地味つーか、画面が暗すぎてなんだかよくわかりません…うちのTVが汚れてるせいか?

なお、「エグジステンス(EXISTENCE)」とは、「存在,現存,存続,生存」という意味だそうです
…そうか、フロストはDの真祖様と同じことを(ry
三郎:
>「マーベルアニメ」として見ると
私もブログで全く同じ事書きました(爆)

うん・・・まぁ
つまらなくはないかな?
でもウルヴァリンでも似たような感想が最初あったのでご注意を
まぁウルヴァリンが最底辺にあるんでこれを越える駄作はそうそう出ないかと
スカポン太:
>ビニールマンさん
このブレイドではそのへんははなから期待してないで見てます。
ウルヴァリンなら出て来て欲しかったけどね。
画面も暗かったけど、X-MENよりは見やすかったかな。


>三郎さん
最近はおっさん主人公の作品などほとんど見ないので、そういう「普通のアニメ」として見れば普通におもしろいかなあ、なんて思ったりも。

でも確かに、ウルヴァリンも3話目くらいまでは・・・・
ガドウ:
大阪回。
今回は刑事が出てくるんですが大半はイグジステンズの手先で、相棒までそうでした。
後はマコトも唐突に登場して、誤解は何時か解けるのでしょうか?

後、ディーコン・フロストって実写第一作のフロストと関わりがあるのでしょうか?

次回は回想編でブレイドの師匠が登場する様です。
スカポン太:
マコトは今回ちょっとだけでしたが、そのうち何度かからむうちに共闘しはじめるんじゃないですかね。
なにしろ今はただの逆恨みですから。

映画のフロストの関係はよくわかりません。
桐山純人:
サコミズ刑事、エグジステンスに狙われるようになったけど、これなら安心かなぁ・・・

それにしても、X-MENで出演しなかったのは、今までの作品との関わりをなくすためのように思えてきた
スカポン太
ブレイドは別枠 なんですかね?
通りすが郎:
映画版が大好きな僕でも楽しめそうかな?
ブレイドという題名がつく以上はかっこいいチャンバラアクションを期待します。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99