fc2ブログ

アメコミとマンガと日本人

最近は日本の漫画がアメリカのあちこちの出版社から翻訳出版されたり、アメリカ人自身がMANGAを描き始めたりしてますが、それぞれの出版社で微妙に対応が違ってるのがおもしろいところ。
英訳MANGA大手といえばTokyoPopやVizが有名どころですが、
それらとの差別化からかよりマニア向けに特化した感じなのがDel ReyやDarkHorse。
特にDel Reyは最近原典に忠実に修正など加えないとの信念から、修正するくらいなら「18禁」にする!と購入者層をせばめても信念を貫く漢っぷりだ。
(英訳「ラブロマ」では巻末にボケとツッコミの解説があったのには笑った)
他、やおい系に特化したCentral Park Mediaとかいろいろ。
アメコミ老舗大手のDCでもすでにいくつかMANGAは出版されている。

翻訳以外でもアメリカ人作家によるMANGAも続々出始めている。
(それをMANGAと呼ぶかはなんか論議が別れているらしいですが)
ここでもTokyoPopなんかが目立つとこだけど、自分が好きなのはOni PRESSのMANGA。「SHARKIFE」や「SCOTT PILGRIM」なんか好きだ。
個性的な作家の多いOniらしく日本の漫画の亜流ではなくそれぞれ独自の画風を持ってるのがなによりの魅力。
「SHARKIFE」の人は特に注目株で、ものすごい荒削りだけどとにかくカッコいい。
同じ作家さんの「PENG!」はキックボールのスポーツ熱血バトルもの。すげえぜ。

さてそんなアメコミ界で、MANGAとのつきあいがちょっと違うのがMarvel comics。
ここはMANGAそのものを翻訳したり、MANGAを描いたりするのではなく、自分とこのアメコミを日本人作家に描かせるということを積極的におこなってきた。他でもあるかもしれないけど、日本人でアメコミ作家として活躍してる人はほとんどマーブルだと思う。
古いところはほっといて、今現役バリバリ進行形アメコミ作家として活躍してる日本人といえば

グリヒル
榊原瑞紀
中塚真
Takeshi Miyazawa(カナダ在住だが一応日系ということで)
などでしょうか。
日本人作家じゃないけど、マンガスタイルの牽引者だったAdam Warren
の「LIVEWIRES」なんてそのノリに近い路線だろうか。(ニンジャ、ゴスロリ、お嬢様、そして主人公はメガネっ子)

最近は作家自身がblogなどで情報を発信しているので、いろいろ謎だったアメコミ制作事情などがよくわかるようになってきました。
その中でもおすすめなのがこちらのManga-ka@NYC
ニューヨーク在住の漫画家さんのblog
日本の漫画システムとアメコミ式システムの違いがとてもよく実感できる記事が多く、よく拝見しています。

出版社にもよると思うけど、アメコミ式分業システムでは、分業がキッチリわけられていて、完成までの「途中に関わる」といったとこが強いのが特徴みたいです。
具体的に言うと、ペンシルワークした後インカーに渡されるが、その後どうなってるのか本が発売されるまで本人にも分からないという感じでしょうか。
なので、ライターはコマワリ指定までガッチリ書くし、ペンシラーはものすごい緻密に下書きを書く。
破綻が少ない代わりに、制約多そうで大変そうだなあと自分は思うのですが、どーなんでしょうかね。あと、アメリカなだけに契約とか大変そう。

その分作家の国籍が多様ともいえるかもしれない。
日本の場合、日本の漫画はほとんどが日本人作家だけしかいない状況ですが、アメコミの場合は古くから国籍は多様だったように思えます。
アメリカにいなくともアメコミ作家家業をしている人は多いですね。
日本の場合は、そもそも外国人作家の窓口もなく編集の方もあまりやる気がない感じ。
MANGAを描きたいと思っているアーチストは今や世界中にいっぱいいるのですが、自国では自国作家による執筆需要がほとんどなく、日本にその活動場を求めても、門前払い。そこでアメリカでデビューすることが多い。

ん~~と、結局なにがいいたいのかさっぱり自分でもわからなくなってきたけど、とにかくアメコミとマンガをめぐる状況は今も常に変化していて、この先どう多様に変化してゆくかわからないというのが面白いなあ、ということです。

あ、そういえば日系といえばUsagi Yojimboのスタン・サカイ先生もいたね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/442-600461e1

「マンガはアメリカ市場の厄介もの?」という記事に対しての誤解
 「英語で!アニメ・マンガ」さんに「マンガはアメリカ市場の厄介もの?」という記事...

コメント

Kent:
>Sharknife & Scott Pilgrim
昔同じチャットに居た人たちがここの話題にまで...タレントの違いは恐ろしい。

>日本人でアメコミ作家として活躍してる人
こんなに居たなんて気ずきませんでした。
弐瓶 勉の「SNIKT!」位スタイルが違わないと、自分には区別が付かないみたいです。
「Marvel Mangaverse」と違ったアプローチで嬉しい限り。
スカポン太:
>昔同じチャットに居た人たちが
なんかそのほうがビックリなんですけど!!
ええ~~~っ! ドキドキ。どんな人だったんですかね。

弐瓶 勉は有名ですね。
ここはあえて、「今」活躍してる人を選んでみました。
「Marvel Mangaverse」は・・・(笑) あれは一発企画ものという感じがします。いつのまにかああいうマンガスタイルも過去のものになってるという気も。
Kent:
〉どんな人だったんですかね
「Scott Pilgrim」のBryan O'Malleyは一度会った事が有りますが、背の高い韓国のハーフで静かな人です。趣味は音楽(ギター弾たり歌ったり)。
「Sharknife 」のCorey Lewisは実際会うと普通の人らしいですが、ネットでは冗談に聞こえない発言の多いエゴイストでした。まあ、あのチャットはそんな人ばかりでしたが。
その影響で日本人の礼儀に憧れた自分を思い出します(苦笑)

〉弐瓶 勉は有名ですね
「BLAME!」は数少ない上手い「scanslation」で流行りましたからね。
本が発売した今、ちゃんと売れてると良いんですが。
ceena:Usagi Yojinboの人気は長い・・・
待ってましたよ、この話題。知らなかった米マンガ家さんも知ることが出来て、嬉しい!「Sharkife」の絵、カッチョええですなー。

>Oni Press
Oni Pressときたら(笑)、Antarctic Press。Antarctic Pressは一回潰れたと思ってたんですがどうやら、なんとか生き残ってるんですね。私の中では、地道にmangaしてきた出版社(しかも超弱小←ゴメンナサイ)として、2社共に頑張ってほしいところです。Dark Horseもかつて地道にmangaしてましたが、最近ちょっとぷちメジャー化してきている気がします。

>おすすめなのがこちらのManga-ka@NYC
ながてゆかさんのブログ、私も読んでました。面白いですよね!絵も超ウマだし。できればもっとあちらのコミックス界の裏事情が知りたいところですけど、彼女自身は色々大変そうで、応援したいです。

>Marvel Mangaverse
出た当初はビックリして、すぐ買いましたよ。企画として、当時は斬新だった気がします。日本人マンガ家スカウトなどを担当していたセブルスキー氏が既にMarvelを離れちゃったので、これからMarvelは日本マンガから離れていくのかなぁっなんて思っているんですが、どうなんでしょうね??
シマゴ:
カートゥーンばかり見ていてアメコミ関係には疎いのですが
記事は興味深くて読ませていただきました。

日本人の方のアメコミ作家って多いのですね~。
スカポン太:
>Kentさん
なるほどなるほど!!(ちょっと興奮)
そっかぁLewisは性格は悪いか(笑)
日本人がみな礼儀正しいかどうかはわかりませんが、
(チャットではないですが)海外のフォーラムなどキツイ発言をする人は多いですね。(自分の気のせいかもしれませんが)
端から見ているだけですが、ドキドキすることがあります。

>seenaさん
Antarctic Press(笑)
自分アメコミを読み始めたころはアメリカの出版社事情などよくわからなくて、DCやMarvelあたりが集英社や講談社クラスで、あとは白泉社や秋田書店レベルかなあなどと漠然と思っていたのですが、それどころの規模じゃないと知ってから愕然としたものです。
向こうの中小コミック出版社ってホントに小さいんですよね。

そーいや、Antarctic Pressのやつも何冊かもってるなあ。
ながてさんのブログいいですよね。読む側の人間の海外事情blogは他にもいくつもあるんですが、描いていた側の人間の視点からの見方はとても新鮮さと驚きがあります。

>Marvel Mangaverse
あ、セブルスキーさんってやめちゃってたんだ。そーいえばどこかで読んだ気もしますが・・・
でも今やマンガを無視はできない状況であると思うので、それなりになにかしら接点を持ってやっていくんではないでしょうか。一応マーブルクラブ(だったかな?)の日本支部もまだありますし。
しかし、マーブルの企画って何やり始めるかわからないとこがあるので予想が付きません。

>シマゴさん
多いのかな?
まあ全然いないものだと思っていたら多く感じられるかもしれませんね。ただ、日本人を除くアジア系作家はけっこうアメコミには多いです。
日本で漫画を連載している外国人と、アメコミを描いている日本人どっちが多いのかなあ?
Kent:
〉日本人がみな礼儀正しいかどうかはわかりませんが
確かに荒い日本人も見ますが、全体的にアメリカのマニアの方が態度大きいですね。
凄い自信を持ってる分、事故満足や他の物を格好悪がる言葉が多いです。
■:
イエー! こんなブログあったんだ
最近ネットで外国の漫画も読めるようになったけど
あんま日本じゃ盛り上がってない
同好の士がいて嬉しいス
記念カキコ
スカポン太:
記念カキコどうも。
まあ、こういうネタはた~まになんですけどね。
もうひとつ盛り上がっていないのは、言葉の壁と、国内の漫画を読むだけでみんな手一杯なんでしょう。
でも世の中にはそんな物好きな人もいるみたいで、私もうれしいです。
ながて:
こんにちわ。
拙ブログで最近急にアクセスが増えたので、はて?と思ってたらこちらで紹介してくださってたのですね(笑)
ありがとうございます。
興味深い記事が色々あって勉強になります。
これからもちょくちょくよらせてください。
スカポン太:こんにちは
>ながてさん
いえいえ、こちらこそながてさんのblogは興味深いことばかりで、楽しませていただいています。なかなか大変そうですががんばってください。応援してます。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99