スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアのルートビア「SARSI」

pony-rootbeertan.jpg
ルートビアたん ポニー化


>いつも拝見してます。ご存知かもしれませんが、ヤフトピで見かけた世界一マズイコーラ。名前的にもしやと思ったのですが…。
世界一マズイと称される「SARSI」コーラを飲んでみた

「SARSI」か!!!ww
漢字では「沙士」とあてられるサルシ。
商品名の由来は成分のひとつである「サルサパリラ(Sarsaparilla)」という薬草の根のエキスを使っているから。

ようするに東南アジアの「ルートビア」ですね。
Root beerは特定のレシピはなく、「Root(根)」すなわち、こういった香草・薬草系の根のエキスを中心に作られた炭酸飲料の総称。
実際にアメリカのルートビアにも、リコリスの他にサルサパリラも入っています。

そちらの記事に「飲み物として近いのはドクターペッパーやルートビアー」とあるので、この記事を書いた人はA&Wだかのルートビアの味も知っているのでしょう。
と、するとアメリカのルートビアよりクセが強いのかなあ?



NicolさんのBlog「Flow Like Water
こちらのブログはアメリカからのカートゥーン話がメインですが、アメリカの食べもの飲みものについての記事も多く面白いです。
そこで
le festin
こちらのエントリで「ルートビア」についても
Root Beer N' Cream?
さらに「ルートビア味のミルク」とか

アメリカでもルートビアはいくつもの会社から発売されており、地ルートビアなんかもあったりするくらい、種類が豊富。ひとくちにルートビアといってもどのルートビアかで好みはわかれそうです。

台湾のルートビア「黒松沙士」
wikipediaの項目を読むと、パッケージに「パワーパフガールズ」を使っていたこともあったようで、「うお、なにそれ見たい!」と思ったものですよ。
ガールズはルートビア好きそうだから合ってそうだし。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/4608-c81ff9a6

コメント

massando:
記事を読んでいて、ふと、韓国のメッコールを思い出しました。アレは確か根ではなく麦でしたっけ。まあ、あえて多くは語りたくありませんが…。
愛読していた「ピーナッツ」でルートビアという飲み物を知り、その数年後に初めて口にした時の衝撃は今でも忘れられません。
ビニールマン:
東欧圏にも、「クワス」という似たような飲み物があります>ルートビア
クワスWiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%B9
…当然、味も似たようなものですw
(水の悪い国では、「アルコール度の低いビール」が水代わりだったのでしょう)

日本で言う「夏の麦茶」みたいに飲まれているようです
一時はコーラに押されて分が悪が悪かったようですが、最近人気が復活したとか…
ロシアもヘルシー志向なのか、ソ連時代にはは喉から手が出るほど憧れていたコーラを飲み飽きたのか・・・
Somo:
土曜日はボンサイガーデンでピクニック!それとモンスター退治!
スカポン太
>massandoさん
メッコールは自分はそんなに苦手じゃないかなあ。

ルートビアといえばピーナッツでもよく登場しますよねえ。
自分も初めて飲んだときは「んんん?!」と思ったものでしたよ。
慣れるとクセになるんですよ、ふふふ

>ビニールマンさん
北海道のガラナみたいなもんか・・・(多分違う)

もっと東欧アニメが日本でも見れればきっとクワスもメジャーに!

>Somoさん
ダイナモよんできてー
Nicol:
SARSIかぁ~知らなかった。
今度シンガポールの飛行機に乗る機会があったら、あるか聞いてみます。
ルートビアは「作り手の数だけレシピがある」って感じで面白いよね。
その例えになる料理は今思いつかないけれど…、
スカポン太
>Nicolさん
SARSI、ぜひ機会があったらどうぞ!
私も飲んだ事は無いんですよねえ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。