fc2ブログ

バレンタインデーなのだーでーでー

よし、今回は言われる前に書くぞ

ValentineGoogle2012.jpg
googleロゴがバレンタインに。しかも動画
しかもしかもカートゥーンぽくてカワイイ(^_^)
しかもしかもしかも人外でも同性でもカップル!!

ハーイ、バレンタインデーですよー。
この時期しか入手できないチョコとかが街にあふれていて、日本のバレンタインデー好き。


たまに「日本人はうんぬん」とか耳にするけど、バレンタインデーは世界的に広まってるイベントなので、別に日本に限らずみんな大騒ぎしてますよ。
「愛は毎日語るもの」とか言うのを信用してはいけません。あんなのモテ男がカッコつけて言ってるだけです。
特に欧米ではクリスマスは家族の日なので、カップルの日のバレンタインデーには、愛が欲しくてたまらないけど異性とは話もできない連中がグギギギと呪ってる日でもあります。
日本式は「女性がチョコを贈る」というのが定番だけど、海外では男女どちらか一方ではないだけで、やっぱりカップルの日なんすよねえ。4chanあたりだと「ビッチがカワイイ男子を狩る日」みたいに言われてたけどw

ValentineGoogle2012b.jpg
googleのバレンタインアニメでも出てきたように欧米でも「チョコレート」はバレンタインプレゼントの定番の一つ。
もしくは「花」。ケーキも人気みたいです。
ただ、「チーズケーキ」だと変な受け方しててloser言われてのが気になるんだよなあ。チーズケーキには何かネタっぽい意味があったりするんだろうか?
(たまたま自分が目にした反応なだけで、特に意味無いかもしれないけど、最近はミームの流行が早すぎて何がモトネタになるかわからん)


個人的には日本式が好きかなあ。だってチョコ選びって女性の方が当たりを選びそうじゃない。さらに「チョコ」に固定化することによって広範囲のプレゼントより専門性が増す。
で、そうなるとお店側も質の高いチョコ用意するようになって、それを試食してまわるのがもう楽しみで楽しみで。

日本でバレンタインが目立つのは「週刊漫画」でそのネタが多く描かれるからだと思ってます。
マンガだけでなくアニメでもいいんだけど、週刊ペースで生産できるこのスピードが、マンガやアニメに季節感を取り入れることが出来た大きな点なんじゃないかなあ。
季刊や月刊ではそれは難しいと思うのよね。

PPG_KEENONKEANE.jpg
最近はカートゥーンでもバレンンタイン特集やら、バレンタインエピソードが増えてきてます。
今まであまりなかったのは、
・子供向けだから恋愛がらみエピソードを組み込みにくい
・再放送(リピート)が多いため季節ネタを組み込みにくい
・生産ペースが遅いため、タイミングをバレンタインに合せられるかわからない
という感じかなあ。
季節ネタ定番といえばクリスマスエピソードとハロウィンエピソードですが、これだって80年代90年代ではそう無かったはずです。
あと、最近は恋愛ものにキャッキャするティーンの視聴者層が増え、また作品もそういうティーンものが増えたという要素も大きいかな。
そして、そういうネタが組み込みやすい日常系カートゥーンが増えたこともあるし、近年のケーブル局のような専門チャンネルでは特集を組やすいとか、(さすがにまだ日本並みのスピードではないけど)生産ペースが早くなって放送タイミングを調整しやすいとかいろいろ理由は考えられそう。
季節ネタは2000年代以降の作品に特に顕著に見られる傾向なので、そう思えます。

あと、アメリカでは「カップルでない仲間がまだ多い」バレンタインより、「学校行事として強制的にすべての人間がカップル化してそれができないと絶望的な孤独感を味わうこととなる」プロムというイベントがあるから、そっちの方が関心事としては高いこともあるかも。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/4987-6c993222

コメント

おみそしる:
ドラマやトゥーンの中の世界では、博愛主義のイベントになっていますが、
バレンタインは正直、独り者には厳しいイベントです。

特にアメリカでは、
コンビニに行くと「カード買わないの?独り身ですかwww」みたいな視線を投げかけられるし、
マックやタコベルなんか行っても「バレンタインにファストフードとかwww」みたいな感じだし、
スタバでも「Happy Valentine's Day!」とか言ってくるので、結局、家にこもってしまいます。
まぁ、家にこもってもTVでバレンタイン特集をしまくってるんですがw
バレンタイン、孤独感が半端じゃないです。

リア充爆発しろ><


・・・・そういえば、
プロムナードってハイスクールになると、ジュニアプロムとシニアプロムのように、
卒業生だけでなく在学生も参加しないといけなくて、
ハイスクール入って1年目から試練が始まるんですよね。

大学時代の友人も、ハイスクールのプロムは悪夢、って言っていたのを思い出しました。
一般的に大学ではプロムはないので大勢の人間が助かっているはずです。

バレンタインもプロムも、
アメリカって競争社会なんだなと認識させられるイベントですね。
M人:
日本はバレンタインがすきでもチョコレート好きの国にくらべると量?が明らかに低いようです。(チョコレートのランキングによると)
スカポン太
>おみそしるさん
き・・・・きつい><
やはりそうなんですねえ。特にプロム怖い・・・

ああ、そういえばアメリカだと「グリーティングカード」も主流ですね。
グリーティングカードの会社が大企業になるくらいだから、需要がかなり大きい事を実感します。


>M人さん
そのあたりはチョコの日常性というものが大きそうですね。
むしろだからこそ日本だと「特別な日のプレゼント」にマッチしてるのかもね。
おみそしる:
そうそう、チーズケーキのネタなんですけど、
恐らく「The Biggest Loser」ってNBCのリアリティショーのネタだと思います。
意外と老舗の番組です。

内容は太ってる人達が色々な方法でダイエットしていく番組です。
2つのチームに分かれて、減量した体重量を競います。

その番組だと、チーズケーキはダイエットの大敵みたいな感じで紹介されています。
良く出演者が理性が効かなくなってケーキをやけ食いしてリバウンドってのがありますね。

基本的には視聴者は出演者がダイエットに苦しむ様を見て喜ぶという、とんでもない番組です。
この番組驚くべきことに、夜8時位のプライムタイムにやっておりますw
内容がアレなので、日本では放送されないんじゃないですかね。

ちなみに、「The Biggest Loser」というのは、百貫デブってスラングです。
きもっちぃ:
ハローウィンでは、確かイケてない子にはお菓子じゃなくて、
リンゴを与えるっていうのもありましたよね。
スカポン太
>おみそしるさん
そ・・・それだああ!!
まさしく見かけたのはそれでした。
「バレンタインだからチーズケーキを買ったよー」
「m9(^Д^) The Biggest Loser!」
みたいなノリだったと思います。てっきりすげえ負け犬みたいな感じかと思ったんですが、まさしくビンゴなネタ元があったんですね。
寂しいバレンタインだからやけ食いみたいなノリだったんかなあ。

>きもっちぃさん
なるほど。
リンゴはランチにもっていくほどポピュラーでありきたりなものだから、つまらないものみたいな感じなんですかねえ。
イザベラ大好きw:
あぁー、今年もチョコもらえなかった(何^^

で本題に戻りますが、昨日のフィニファー(6時~7時)はスティッチ特番で飛んじゃいましたw
フィニファーでバレンタインの話が現時点で存在しないのは、舞台があくまでも3つの州あたりで、フィニファーの世界観での日本は「(バレンタインが近くなるとXマスなどと同じくらい騒ぎ出す)海の彼方の国」というイメージしかないから、かな??^^
スカポン太
いやー、それ以前に、夏休みの話だから、永遠にバレンタインデーは来ないんじゃないですかね(笑)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99