FC2ブログ

アドベンチャータイム#8

AT_08_03.jpg
NOOOOOOOOOOO!!
「#8 人生のお楽しみ/僕のおくびょう神」

Bパートはフィンの変顔回だった。いやいつもそうなんだけど。今回は特にすごかったというか。
シュールなわけわからなさもアドベンチャータイムの魅力だけれども、それとはまた違った魅力がじわじわと。
表面の明るさとアホさの背後にただよう、不気味さ怖さ。そして悲しさ。美しさ。

ジェイクのセリフと演技がおもしろすぎてツボりまくりです。


AT_08_01.jpg
「人生のお楽しみ」
ジェイクのイタズラに対抗するためにパイ投げロボット「ネプター(NEPTR)」を作るフィン。雷によって命を得たネプターをより完全にするために、アイスキングのところから雷をいただくことに。

AT_08_05.jpg
カミナリで命が吹込まれるというの定番だけど、やっぱり映画「ショートサーキット」を連想。
「盗賊の街」はなんだったのか・・・というくらいに、「イタズラなら盗んでもOK」みたいな少年的都合のいい正義ですな(笑)
海外だとイタズラすることが少年の義務かのように、イタズラに対する情熱はよく見かけます。

そして・・・痛すぎるアイスキングの日常が!

と、その前に
AT_08_04.jpg
フィンの鼻の穴。変顔多いフィンだけど、これはちょっとめずらしい?

AT_08_06.jpg
「恋する乙女」
違うわ!!!「ナード」じゃねえかwww
なんで、それが恋する乙女になるんだよww

「パーティーハットをした馬」を「ユニコーン」と言ったり、書いてあることとフィンの反応が違いすぎる。
最初はそういうギャグかと思ったけど、これってつまり「フィンは字が読めない」ってことなのかな。

まあ、この本もよくわからんですけどね。
AT_08_07.jpg
なんでこれが「A TAKO」なんだろう?
「タコス」だとしても意味不明。それともアメリカ人ならピンとくるネタなんだろうか。

AT_08_09.jpgAT_08_10.jpg
痛々しいアイスキングの日常。友達はペンギンだけ!
ガンターかわいいよう

AT_08_14.jpg
アイスキングのやってたゲーム。
よく見るとコントローラーがトラックボール!?


AT_08_10b.jpg
アイスキングが読んでいた本はなんだったのかなあ。ブラの本???


AT_08_08.jpgAT_08_08b.jpg
そしてやっぱりグロいアドベンチャータイム。
アイスキングの番犬(というか番牛?)の、すけて見える内臓!
そして崩れてちらばる内臓! 内臓とか描写する必要あるんかコレ!?

結局、アイスキングのイナズマをうけて完全となったネプター。
しかし、「アイスキングのイナズマ」の影響で、性格もアイスキングぽく。
さらにアイスキングもそんなネプターを息子のように感じて、フィンと争奪戦に。

そして・・・・
アイスキングの妄想ワールドへようこそ!!!
AT_08_11.jpg
空想の世界のプリンセスたち。
アイスキングの嫁は二次元。イマジナリープリンセス。痛い痛すぎる。

AT_08_12.jpg
しかも、なんかすごいのがいた!
マッチョなプリンセスじゃなくて、多顔のフリークなプリンセス。やべー、これやべー。
キモかわいいいいいいいいいいい。
気になったので調べてみたら、名前は「Princess Princess Princess」
なんじゃそりゃ。

このプリンセスのエピソードとかあるのかなあ。

よく見るとアイスキングのイマジナリープリンセスの中にスライムプリンセスやホッドドックプリンセスなどが見当たらなかったけど、たまたま居なかっただけで、どっかにしまってあるとみた。
他にもキモカワプリンセスがいっぱいいるみたいで、たまらんわー。


「パパ、奇麗なプリンセスがいっぱいる、空想の世界でごゆっくり」
AT_08_13.jpg
そして全俺が泣いた、ラストシーン。

アイスキング・・・ (´;ω;`)ブワッ


<今回のカタツムリ>
AT_08_15.jpgAT_08_15b.jpg
アイスキングのイナズマ保管所で、アイスムカデ登場直後にて。





AT_08_02.jpg
「僕のおくびょう神」
海が怖いフィン。ヘソから不気味な「おくびょう神」があらわれなじる。そんな海への恐怖をジェイクと克服しようとするフィンだが・・・

AT_08_16.jpg
おおきな なみの ばめんが あります
ごちゅういください

日本語版に特別につけられたテロップ。
確かに本編では大きな波のシーンがある。同時にそれは怖い表現にもなっている。

アドベンチャータイムがなかなか日本で放送されなかったのは、こういうところがあったからかもしれないですねえ。もしかしたら去年には放送予定だったのかもしれないが、去年では難しくて延期されて今年になったのかも。
もちろん本当の理由などわからないけど、そう考えておくと「本当は日本CNもやる気はあった」と思えて気分的にはいいです。
今回の放送にしても警告表示することによって、この回を放送中止にしなかったのも評価したい。

というわけで、フィン変顔回。
そしてアドベンチャータイムの世界観のじわっとした怖さを感じる回。

AT_08_17.jpg
フィンのへそから出てきた「おくびょう神」。英語版だと「Fear Feaster」(直訳すると恐怖響宴者とでもなるんかなあ)
なかなか面白い訳だね。センスを感じる。

って、声は天田益男さんじゃないですかー!(モンキーチームのオットー)。たまらん。
ちなみに英語版は悪役声の定番声優マーク・ハミル。

AT_08_18.jpg
そうそう、そういえばナレーションは内海賢二さんでしたね。何とナントの難破船!!
CNの声優チョイス神すぎ。
英語版はクランシー・ブラウン。こっちが英語版モンキーチームのオットーですよ!すげえ。(他にカーニさんやレックス・ルーサーなど)

ともかく、おくびょう神に言われて気がつくフィン。

「ぼく海が怖いみたい・・・」
AT_08_19.jpg
「なんですと」

爆笑。
ジェイクの日本語版の言語センス大好き。たまらん!
英語版ももちろんすばらしいけど、日本語版を見れる幸せを実感する。CN入っててよかった。


それはさておき。
まずは変顔をぶちかまして、海への恐怖に震えるフィン。
克服するためにジェイクと特訓開始することに。
AT_08_20.jpg
寝袋フィンかわいい。そしてジェイクのお尻。

よし特訓開始!
AT_08_21.jpg
って、うわああああ。
いきなり家崩壊して水没。唐突すぎる展開だが、これちょっと怖い。
「ジェイクどうかしてるよ!!」
ここでのフィンの嫌がりっぷりが迫真で、まさにシャレにならない。

AT_08_22.jpg
ひいいいいいいいいいいいい

AT_08_24.jpgAT_08_25.jpg
フィンが暴れたせいでたどりついた島。
戦艦(空母?)や戦車がうちあげられた島。島というよりただの廃墟。
どう見ても、かつて戦争があった・・・そんな情景だ。

AT_08_26.jpgAT_08_27.jpg
そしてさらに海中へ。
それは、海中に沈んだかつての都市の姿。

AT_08_27b.jpg
あの・・・このリビングでの人っぽいのはなんですか (((( ;゚Д゚)))

この、美しくもどこか恐ろしい情景になんとも言えぬ気分になってくる。
しかも本編ではフィンの変顔によるギャグが続き、ジェイクのお気楽な発言がのほほんと展開しているという。


AT_08_28.jpg
そして唐突に三賢者さん登場し、なんだかわけわからぬ超展開で終了。
面白かったけど、どこか不気味な話でした。

フィンの「海が怖い」というものは何か理由があるのだろうか。
本編でそれが語られるかどうかはわからないけれど、日本で放送できる・・のかちょっとだけ心配になってきたような。

ところで、「Amafufunyana」と呼ばれる精神疾患があるという。
その病状は、「胃の中に悪霊がすみ、その声が聞こえてくる」というものだそうだ。


<今回のカタツムリ>
AT_08_23.jpgAT_08_23b.jpg
戦車の島にて。
同じ構図でもカタツムリがいるのは一瞬。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/5305-92980c1a

コメント

夢の世界の航海日誌:
キモカワはどうでもいいけど、姫様が数十人もいるのも「なんじゃこりゃ」な状況です。この先も少しずつ増えていきますし
、アニメにはない姫様もいますし、最終的には何人になってるんだか。

後半の下にあったテロップですけど、やっぱり去年の大地震のせいかな?アメリカに届くほどの大津波があったしねぇ。

今やってるポケモンでも地震の影響でやらなかったエピソードがあって、ストーリーの流れに空白が出来てるんですよ。そして、しばらくしてもやる予定無しで、「やってない話を無かった事にしようとしてるのでは?」と今は思えるのです。ちなみに前にも地震のせいでやらなかったエピソードもあったそうです。そんなシリーズの中でも『ダイヤモンド&パール』は何一つ話が欠ける事がなかった、ちゃんと完結したものと言えるでしょう。

ところで前半でちょっとだけ出たBMOですが、誰が声アテてるかな?
ずき:
Princess Princess Princessってよく見ると一番右の顔だけ影の入った紅い目に舌をデロンとたらしててなんか様子おかしいですねwよだれもたらしてる?
トレジャーエクストリーム:
ちなみにアイスキングはウェザーみたいに、
冷気・濃霧・竜巻・灼熱・落雷・黒雲・降雨・蜃気楼・集中豪雨
など様々な気象現象を模した多彩な攻撃手段を持ってるんですな。
黒好き:
ちゃんと放送されて良かったです、こういうのは一度でも抜けるとずっとそのままということもありますから。
それにしてもアイスキングはサービスシーンが多いですね、もしかしてお色気担当なのでしょうか(笑)。
今回はフィンの沈んでいくシーンがスゴイ良かったですね。ATは色彩がきれい。
個人的には後半のナレーションがレノーアのreturn of Mr.GOSHみたいでした。
そういえばprincess princess princess の腕の下に垂れ下がっているのはまさか・・・
kazi:
世界滅亡後とはいえナレーションが世紀末覇王とはね(笑)
あとなんか「少年と犬」とゆう古い映画をみつけたんですが
核戦争後の世界で超能力をもつ犬と少年の冒険の話でやっぱこれ元ネタですかね。
ミラクル:すみません。
DCコミックスからtinytitansの続編みたいな感じのスーパーマンファミリーアドベンチャーというのがでたそうです。
つるさんのゼロゼロボックスで知りました。

サイトの設定イラストをみたたけだが、ジミー・オルセンがデフォルメされてるんですねw
近いうちにレビューがみたいです。


去年の大震災で自粛ですか..映画・エヴァのテレビ放送では敵が倒れて津波ができるトコとかがカットされたそうです。あとポニョが永久凍結。
もしDC関連だったらアクアマンのエピ(マーベルではサブマリナー)ですかね?
ナイトウィングとタランチュラのデヴィン(ブロックバスター射殺)事件のように長編でもなかったことにするのはどこも一緒か..
ミラクル:すみません。
DCコミックスからtinytitansの続編みたいな感じのスーパーマンファミリーアドベンチャーというのがでたそうです。
つるさんのゼロゼロボックスで知りました。

サイトの設定イラストをみたたけだが、ジミー・オルセンがデフォルメされてるんですねw
近いうちにレビューがみたいです。


去年の大震災で自粛ですか..映画・エヴァのテレビ放送では敵が倒れて津波ができるトコとかがカットされたそうです。あとポニョが永久凍結。
もしDC関連だったらアクアマンのエピ(マーベルではサブマリナー)ですかね?
ナイトウィングとタランチュラのデヴィン(ブロックバスター射殺)事件のように長編でもなかったことにするのはどこも一緒か..
イザベラ大好きw:
例の字幕は、そう書いてあったのかー^^ あまり注意してなかったもんですから(ry><

Bパートは、久々に「ハガレン」コンビでしたねw
まぁナレーションが内海氏だから、最終回できっと「フィンとジェイクの冒険の全行程に一片の悔いなし」とか…は、言わないでしょうね(ぇ^^
フットサム:
確かムーミンの某エピソードにも同じようなテロップがありました。「TSUNAMI表現が~」
トレジャーエクストリーム:
ちなみにアイスキングはウェザーみたいに、
冷気・濃霧・竜巻・灼熱・落雷・黒雲・降雨・蜃気楼・集中豪雨
など様々な気象現象を模した多彩な攻撃手段を持ってたんですな。
御気楽アーモンド:
「A NERD」のイラストは、メロドラマを見ている様で「恋する乙女」と言う感じです。
文明崩壊後を描いた映画とかで、写真を見て勝手に解釈したりするのって有りますよね。

そう言えば、OPの最初に核戦争後らしき風景からアイス王国に移って行きますが、
アイスキングは何人も真実に近づけさせない門番の役割が有るんでしょか?
そんな嫌われ役を押し付けた制作サイドも不憫に思っているのでは?
と、感じた今回の話でした。
ブタノケツ:
>ジェイク「なんですと」
いつもなら「おいウソだろフィン!」とか言いそうなのに。
らしくないようで、らしいっちゃらしい不思議なセリフでした。
そして自宅決壊のシーンがダイナミックすぎてなぜだか爆笑ww

それにしても「アマフフニャナ」ってすごい呪術的な響きですね。

>A TACO
タコスのメニューのひとつに"Taco Acorazado(戦艦タコス)”というのがあるらしいです。
ばかるふぁ:
「なんですと」はみんな爆笑してたようで良かったですw
「おおきな~」についてはひらがなで書いてあったので北米でもやってた仕様なのかなー、と思っていました。

・・・と考えるとtoonamiはしばらく日本での復活は先送りかな…
スカポン太
>ポケモンでも地震の影響でやらなかったエピソードが
ああ、やっぱりそういうのあったんだ。
このへんはナイーブな扱いになるだけにしょうがないことだろうけど、ともかくATは放送してくれてよかった。

>「少年と犬」
なるほど世紀末なだけに世紀末覇者
で、なくて「少年と犬」に関してはあちらでも類似性が指摘されていましたが、たしかインタビューで否定されてたはず。
なんというか、定番のイメージの一つなのかもしれません。

>アイスキングは何人も真実に近づけさせない門番
おもしろい発想ですね。
なにげないけど、もしかしたらあの世界において特別な意味があったりするのかなあ。
なんて想像しちゃいますね、この作品



>スーパーマンファミリーアドベンチャー
そういえばもう発売したんでしたっけ。
そのうち読んでみたいですね。

>タコスのメニューのひとつに"Taco Acorazado(戦艦タコス)”
!!!それか! それなのかな?
ちょっとよくわからないけど、タコスにはそういう定番イメージがあるんですかねえ。
kazi:
あ、覇王じゃなく覇者だった(王だったら帝とかぶるからか)
「少年と犬」 が元ネタだと最終的にバブルガムをソイレントグリーン的なことしますからね
ぽかり:戦争
アドベンチャータイムの世界では、昔、マッシュルーム戦争という核戦争があったんですよ!
だから、この作品でかかれる地球はすべて、欠けています。
日本ではまだまだ放送されていませんが、いずれよく出てくるようになります。
マーセリンはその戦争の数少ない生存者の一人ですよ。
スカポン太
最新エピでもそのへん出てきましたねえ・・・・・
日本だとネタバレになっちゃうので、はやく放送がおいついてほしいもんです
ツモフリニミヌチオ:ヒフメヌネト
ニニチ
ミカエル:TACO
はじめまして。

A TACOなんですが、
もしかしたら鉱物のタコナイトかもしれません。

タコナイトで検索すると、
アメリカでよく採取されていて、船で運ばれていたと書いてありました。
エドモンドフィッツジェラルド号という船が沢山のタコナイトを運んでいて
事故で沈没するという事件もあったらしいです。

だからTACOに船の絵なのかな?と思いました。確信はありませんが(^-^;
ユカ:かわいい♪
フィンがかわいい♪
カタツムリはいつも見つけられない、
だからタメになるよー

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99