スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツインテール

ここしばらくアメリカの方とちょこちょことメールでやりとりとかしてました。いろいろと面白かったんだけど、ちょっと興味深かったのはバブルスの髪型の話。

彼はバブルスの髪型を「ツインテール(twintail)」と呼んでいた。

よく聞いてみると、やはり日本のアニメやそれに関する情報などから知った・・・と言っていたと思う。(ああ英語力が)
「ツーテール?なにそれ、動物の尻尾?髪型でそんなこと言うやつはいないよ。あははは。普通はああいうのはPigtailって言うかなあ」

逆輸入的に「ツインテール」を使っているようだが、これは日本のアニメーションを「anime」というのと近いものなのかもしれない。
もちろん、彼がどんな環境にいる人かはわからないので、それをアメリカ人全部が同じ認識だとはいえませんけどね(笑)

それはともかく、ちょっとこの「ツインテール」という言葉が気になったので調べてみた。

さて、ざっと調べてみると、ツインテールという言葉は比較的最近よく出てきた言葉で、オタク的用語とされているようだ。
そして、「ツインテール(twintail)」は間違いで正しくは「ツーテール(twotail)」というという論調もわりかし見かけた。

しかし、ツーテールが正しいというのは本当なんだろうか?その根拠は?
実際、検索してもtwotailもまた日本以外ではまったく使われていないような気がする。なにをもって正しいというのか残念ながらわからなかった。実際辞書には載っていない。PigtailはWikipadiaにも掲載されていて、これが一般的なのは間違いなさそうではある。
ただ、Pigtailはわりと範囲が広くてツインテールにぴったりと相当するわけではなさそうだが、こちらの海外パワパフサイトでもバブルスの髪型をPigtailと呼んでいる。
MEAT FUZZY LUMPKINS- Fuzzy Lumpkins tries to turn the whole city into meat, and turns Bubbles' Pigtail into meat.


ツーテールが日本においてよく使われるのは、ドール系のようだ。
美容院でもツーテールじゃないと通じないなどともあったが、それは「日本の」美容院に限ったことなんじゃないかという疑問がぬぐえない。そもそも、昔はそんな言葉あったっけかなあ???

そこで自分が思ったことは、これはたんにカルチャーやコミュニティーの違いから用語の差が出ただけであって、どちらが正しいとか誤用とかの問題ではないのではないかということだ。
単に「ツインテール」という言葉がオタク的すぎるということで、あえてそれを好まない層が避けているのではないかと思える。つまりオタク語でない=一般的という図式だ。

たとえばそれは「パンティ」「パンツ」「ショーツ」みたいな使い分けに近い気がする。パンティストッキングという名がまだ残っているように、必ずしも間違った言葉ではない。ただ、かなりオヤジ的エロさの文化がこびりついてきたために、その言葉を使いたくないという流れから変遷してきたように。
Shortsも本来は短パンや男性下着をさすものだが、エロ文化が侵食してきていないため日本では女性用下着の名称としても流通してきているが、「どれが正しい」と言えるのだろうか。誤用と言えるのだろうか。

他たとえば「サッカー」は国際的にはFootballだが、(実際adidasは日本国内でもサッカーという呼称は使っていない)いまさらそれを誤用だと言い張るほどのものだろうか。
まあ、こんなの例をあげればいくらでもあるけど。

ツインテールといえばウルトラマンの怪獣だろ!というものもあったが、これにしても狭い文化圏での認識のひとつにすぎないものだろう。
なにしろツーテールにしても、自分が真っ先に思い浮かべるのはバイクのマフラーの形状のことで、これはこれで髪型のこととされると違和感があるからだ。

では正しくはピッグテールだ!!!と主張したところで、あまり日本では定着しそうもないなあ(笑)ブタの尻尾・・・
それに、ピッグテールは「おさげ」全般を指す言葉のようで、ちょっと範囲が広すぎる。

本来は、正しくは、というのならこちらにこのような記述がある>英語のまぐまぐ!2004/05/28 号
◆ double pigtail: ツインテール うしろ髪をひとつにまとめたのがponytail、2本は (double) pigtail

ダブルピッグテール!!
やっぱり日本じゃ定着しなさそうだなあ。
(こうなると、ツーテールが正しいと言い出したのが誰からなのかが気になるところです)
言葉とは正しいか正しくないかより、語感とか雰囲気とか気分とかそんなもので定着してゆくものだよね。やっぱり。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/627-9a449bab

コメント

ushi:
MLaaTRのjennyの髪型、roblogにupされているjennyのデザイン画にはponytailと表現されてますよ。いきなり例外が。どうする、まぐまぐ。
ま、言葉なんていろいろあり、でしょう。時代や場所、社会で変わっていくものですよね。
でも、ツーテールって日本語じゃないんですか?
ゆずのきB佳:
私が子供の頃…今から30年前くらいでしょうか(笑)。バブルスみたいな髪型を「二つに結んだ髪型」と言っていましたよ。
笑い話ではなく。本当に。

ただ、それだと上下がよく分からないので、「上の方に二つに結んだ髪型」「下の方に二つに結んだ髪型」と言い分けるのです。
同じパターンで、「上に一つに結んだ髪型(=ポニーテール)」と「下に一つに結んだ髪型」な訳ですね。
今でもこの言い方で、老若男女に通じるんではないかと思うのですよ。実験した訳じゃありませんが。
ポニーテールという言い方は少女漫画の世界でした。はい。
ふこをさん:
一本でも縛った先が短ければpigtailの様な気も。
スカポン太:
>ushiさん
そうだ、そのroblogの記事見たとき知人らと「へえ、あれもポニーテールつうんだ」と話してたのにすっかり忘れてましたよ!

もしかしてふこをさんが言うように、本数じゃなくて長いのをポニーテール、短いのをピッグテールと呼ぶのかも。ジェニーさんはダブルポニーテール?なんとなく言葉のイメージからは近いきがしますよ。(まあ、てきとーに使ってるだけかもしれないけど)

あと、やっぱりツーテールって和製英語っぽいですよね。確証がなかったからハッキリしなかったけど、だとするとツインもツーもやっぱりどっちもどっちだなあ。

>ゆずのきさん
そーいえば「ふたつむすび」とか言ってませんでしたっけ?違うか。
>ポニーテールという言い方は少女漫画の世界でした。
うん、なんとなくイメージできる(笑)
ゆずのきB佳:
>そーいえば「ふたつむすび」とか言ってませんでしたっけ?違うか。
言います、言います。一つ結び、二つ結び。

髷には名前ついてるかもしれないけど、アスタイルとしての結び方の名前なんて、日本には元々なかったんじゃないかなぁ。「おさげ(一本でも二本でも三つ編みならば)」くらいでしょう。もともと名前がないんだから、ツインテールが定着するなら、別にそれも言葉の文化だわね。
ところで、「電車男」の影響って大きい?

今、ツインテールと呼ばれている髪型、昔はあまり一般的ではなかったような気がします。コマッシャクレの象徴というか、だからチャコちゃん(古っ!)にはあまり良い印象がないんだよね。
OX:
私ゃ”ツーティル”って呼んでました。
根が特撮者なんで、ツインテールって聞くと、
どうしてもエビ味の眠そうな眼の怪獣思い出すもんで(笑)
スカポン太:
>言います、言います。一つ結び、二つ結び。
わあ、よかった記憶違いじゃなかった。
ポニーテールといったら、やっぱりスタジャンにポニーテールの60'sのイメージがありますね。その後ヒットしたのはTVのスケバン刑事とかかしら。

>電車男
もちろんそれ以前からちょくちょく話題としてとりあげられてはいたけど、メイドとかアキバとか一般にまで普及させた影響は大きいと思います。

>○×さん
ふふふ、さすが染み付いてますね。まあでも私ツインテールはけっこう好きなんですよ。普通の爬虫類型より、ぺスターとかの異形系が大好きでした。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。