FC2ブログ

ASKポニーを作ってみよう!

ask-gothTwi01.jpg
別にポニーじゃなくてもいいんだけど、流行ってるしな!

<用意するもの>
・ASKポニーの構想
・Eメールアドレス
・やる気
 

1)Tumblrに登録する
https://www.tumblr.com/register/join_tumblr

とりあえずTumblrのアカウントが無いと始まりません。

2)Tumblrを使ってみる
そしてタンブラーで行うので、タンブラーに慣れないといけません。
タンブラーは日本語対応しているので、使い方は読めばすぐわかるかと。
もし英語のままだったら、設定の「アカウント(Acoount)」から言語(Language)を日本(Japan)に変えれば日本語版に切り替わります。

tumblr-system01.jpg
タンブラーの操作アイコン。
左から「ダッシュボード」「受信ボックス(in BOX)」「ヘルプ」「設定」「ログアウト」

「ダッシュボード」家アイコン
ユーザーのタイムライン。
ここに自分の投稿含め、フォーローした他の人の記事や、「スキ!」や「リブログ」などのさまざまな情報がずらっと並びます。
基本的にここで他の記事などへの対応や、投稿、操作など行います。

「受信ボックス(in BOX)」手紙アイコン
「質問(ASK)」や「ファンメール」などのメッセージが届く。

「ヘルプ」「設定」「ログアウト」は名前の通り

ダッシュボードに表示される記事につくアイコン
tumblr-system03.jpg
左から
「リアクション」「返信」「リブログ」「スキ」「投稿を確認する」

「リアクション」
表示されているのはリアクションの数で、「リブログ」や「スキ!」「コメント(返信)」を表示できます

「返信」
「画像返信」の場合はカメラアイコンですが
tumblr-system04.jpgテキスト返信の場合はこのアイコン
どちらも、そのタンブラーが「返信」を許可している場合のみ表示されます。
ブログのコメントみたいなもので、テキストなら通常の言葉のコメント。
「画像返信」許可設定されている場合は、言葉の代りに画像を貼付けられます。
※確認無しにすぐアップされるので注意。

「リブログ」
他の人にも見せたい場合は「リブログ」。
その記事を自分のタンブラーに転載投稿します。
コメントを追加したり、タグをつけたり自分の記事同様にいろいろいじれるのですが、単純なリブログなら、そのまま「リブログ」ボタンで投稿。

「スキ!」
お気に入り。自分の「スキ!」記事リストの中にも追加されます。
基本は自分だけが見れるものですが、設定で外部にも公開することも。

「投稿を確認する」
カドの折れ曲がりみたいなとこから、直接その記事に飛びます

タンブラーの使い方については公式ヘルプやタンブラーの使い方を詳しく説明した記事などさがしてね。
タンブラーは柔軟でやろうと思えばいろいろできるようなんですが、自分もあまりよく知りません。
でもなんとかなるよ!


3)ASKポニー用のタンブラーを作る
ある程度タンブラーの操作がわかったら、さっそく作りましょう。
ここでは追加タンブラー「サブブログ」でASKポニーを作る場合を説明します。
サブのからは、そのキャラとしてフォローや質問はできないので、キャラとして活動をより活発にしたい場合は別アカウントを取得してください。

>サブブログを作る
ダッシュボードの右上欄にある自分のタンブラー項目の箇所をクリックすると
tumblr-system06.jpg
「新しいブログを作る」というのがあるので、そこで作れます。
tumblr-system07.jpg

ブログタイトルとURLを設定するだけ。
URLは自由につけられますが、同名のURLがあった場合はつけられません。
パスワード設定して一部だけに公開することも可能。

これで、サブブログが追加されました。
この場合
「メインブログ」→あなた個人のタンブラー
「サブブログ」→ASKポニーのタンブラー
となります。


すぐに投稿可能ですが、まずはブログのカスタマイズ。

tumblr-system08.jpg
新しいブログの右上にある「カスタマイズ」からテンプレート(テーマ)をいじれますが
最初はダッシュボードの歯車アイコン「設定」からの方がいいかと。

「設定」にいくと、新しく作ったサブブログが左にリストされているので、それを選び、様々な設定をおこないます

なんといってもキャラブログですから、
tumblr-system09.jpg
「プロフィール画像を変更する」
ASKポニー用のキャラアイコンに変更
サイズは「128x128ピクセル」が推奨されてますが、まあなんでも大丈夫です。

□「投稿者のプロフィール画像を表示する」
これをチェックすると、本アカウントの自分のアイコンもダッシュボードに表示されるようになるようですが、特に必要ありません。お好みで

URLも変更できますが、変なURLをうっかりつけちゃった場合以外いじることはあまりないでしょう。

返信□「このブログを2週間以上フォローしている人からの返信を受け付ける」
チェックすると、記事にコメントを許可することになります。
ASK中心なら必要ないかも。これもお好みで。

質問□「質問を受け付ける」
ASKやるなら必須。これはチェックしましょう
デフォでは「Ask me anything」ですが、自由に変更できます。
日本語でやるなら「ゴストワイに質問する」とか、わかりやすく変更してもいいかと。

「匿名での質問も受け付ける」にチェックすると匿名での質問も受け付けられるようになります。
匿名をいいことに変な質問が来るケースも多いのか、注意勧告が出ますけど、敷居をさげたいなら匿名も許可。

ゲスト投稿□「ゲストがコメント投稿できる機能を有効にする」
自分以外の人がこのブログに記事を投稿できます。
投稿された記事は「受信ボックス」に送られ、管理者判断で許可すれば掲載されます。
wikiのような事典型、共同掲示板みたいな使い方する場合に有効ですが、共同運営ASKでない限り必要ないかと。

後はFacebookやTwitterへの連係などですが、お好きなように。
キャラなりきりでやるなら、Twitterは専用キャラbotとかでないとチグハグになるかも。

言語を「日本語」に、タイムゾーンを[GMT +9:00 Osaka,Sapporo,Tokyo]にすると、より“日本語”ASKポニーとしてバッチリ!

設定が終ったら、テーマ(テンプレート)のカスタマイズ。

テーマはカスタマイズ画面の左上の「テーマ」にいろんなテンプレートがあるので好きな物を適用することが出来ます(有料もある)
以前はダッシュボードに近いデザインの「Redux」がデフォだったんですが、今は初期設定テーマはまた違ったシンプルなものになってますね。
「Redux」がデフォだったため、タンブラーのデザインはこのスタイルが多い。

tumblr-system10.jpg
どれでも自由ですが、ここでは「Redux」を選んでみます。
テーマ項目の「縦二列」の中にあるターコイズ色っぽいやつ

テーマの中には非常にきめ細かい調整ができるものもありますが、「Redux」はシンプルなのでカスタマイズ項目は少ないです。
「HTMLを編集」でCSSなどいじれる人は自由にカスタマイズできますが、めんどくさいので、ここでは設定項目にあるものだけでシンプルなカスタマイズをします。

「説明」
そのタンブラーの説明やプロフィールなどの項目。
tumblr-system15.jpg
「ゴスっ子ポニーのゴストワイよ。
質問したけりゃしてもいいわよ、クソムシども。」
など、キャラタンブラーぽく、そのキャラなりきりの説明でも良し、特定テーマに質問を絞りたいとか、補足説明したいとかでも良し。
自由説明欄だと思って好きなように。

ぶっちゃけこれだけでもう十分です。

でも、もうちょっとだけいじろうかな。

「Background」
「Redux」では背景色及び文字色などのテーマカラーとなります。シンプルですね。
背景は画像にするつもりなので、ここでは文字色の決定となります。

「Title」「body」「Accsent」はフォント設定だけど、日本語フォント選べないしそのまま。

あと、ヘッダーとバックグランド画像くらいは追加しましょうか。
tumblr-system12.jpg
ここの「Header」「Background」は画像の設置です。

ask-gothtwi-header.png
「Header」画像 タイトルの部分につく絵

ask-gothtwi-bg.png
「Background」画像 単純なリピート配置になります

これでだいたいキャラタンブラー「ASKポニー」ぽくなったかと。
他、細かくいじりたい人はいじりまくってみてください。
またテーマによって設定できる項目は違います。



4)質問(ASK)に答える

用意ができたので、記事投稿だ!

tumblr-system02.jpg
ダッシュボードに表示される通常のタンブラーの投稿メニュー
投稿の種別区分で、見たまんまです。

主に使われるのは「テキスト」か「画像」

「テキスト」
通常のブログなんかと同じで、記事タイトルと本文を文字で書きます。
文章中に画像を挿入したい場合は「+画像をアップロード」で追加します。
編集メニューにある「画像の挿入」はすでにweb上にアップロードされている画像用。
通常のブログのように、テキストと画像を交互に混ぜたりできます。
「アーカイブ」に表示されるサムネはテキスト

「画像」
画像投稿サイトに投稿するような感じで、画像中心の記事。
テキストはあくまで補足コメント。
「アーカイブ」に表示されるサムネは画像

tumblr-system13.jpg
画像は複数アップできて、その際の配置レイアウトを選ぶことができます。
(複数画像の場合「フォトセット」と呼ばれます)


普通の投稿はさておき、「ASK(質問)」の場合。
質問が送られると受信ボックスに入ります。

こんな感じ。
tumblr-system17.png

手のひら「無視」 そのユーザーから以後受信拒否します。いわゆる「ブロック」です。
ゴミ箱「削除」その質問を削除します
筆記アイコン「回答を送信」

(ちなみに匿名でなくタンブラーユーザーだった場合「非公開で回答」もえらべます。
その場合、表には出ないで、直接相手の受信ボックスに届きます。)

ASKへの回答はもちろんこの「回答を送信」
返信欄が出るのでここで回答して「公開」すれば完了。

例)
tumblr-system18a.jpg
こんな感じに。

他のASKポニーはこの回答機能を使わないで「回答」する場合も多いです。
それは新規に画像投稿として、投稿する。

画像投稿で回答する例
tumblr-system18b.jpg
質問文のところをキャプチャーして、投稿画像と合せて一枚絵としてアップする。
(別にフォトセットとして分割してもいいですけど)

この違いは、「アーカイブ」から一覧表示すると明白
tumblr-system19.jpg
左が画像投稿記事による回答。
中央が回答機能を使った回答(テキスト記事)

回答機能を使った回答はテキスト記事となって、サムネがテキスト。
イラストとテキストを交互にはさめるので、柔軟な回答が可能。
回答内容をテキストでできるので、手間がかからず楽。長文もいける。
一つの質問にしか答えられない。

新規に画像投稿で回答した場合、画像記事になって、サムネが画像
テキストはキャプションとしてそえるだけ。基本画像中心。
全部、絵で回答することになるので手間がすごくかかる。
複数の質問をまとめて回答することが可能。(絵として全部セットにすればいいだけ)

まあ、別にルールがあるわけではないので、好きなようにやればいいと思います。


あと、ここではサブブログで作ったけど、メインブログで作るのも良いかもです。
一番のメリットは、ASKポニーとしてフォローできること。
そうすると、画面にフォローしたタンブラーのアイコンが並べられて、まるでASKポニーちゃんのお友達リストみたいで、すごくいい感じなのよね。


とまあ、解説がてらに作ったのが・・・・
この「ASKゴストワイ」でございます。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/6484-a305fe8c

コメント

オズ:
ゴストワイ可愛いゴストワイ可愛いゴストワイ可愛いゴストワイ可愛い!!原宿ピンキーとは違った可愛さが拝めます!!
後ろのルナ様も可愛いいい
センスを感じます!!
是非続けてください(笑
スカポン太:
ありがとうございます!
タンブラーの追加ブログとかどうやって作るのかなあとか、いろいろ気になったら試してみたくなったので、その流れで。
というか、ASKポニーちゃんみんな楽しそうなので、自分も・・・というのが大きいかも。
アストロポニー:
詳しい説明サンクスです
日本語Askポニーも盛り上がってきましたね
これは日本で革命もあり得ますよ!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99