スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターシティ #15 再結成

#15 再結成
Motorcity15_1.jpg
デトロイトデラックスに出向いてケインに戦いをしかけるバーナーズ。
しかし、デラックスを封鎖されたために、脱出作戦に変更。
ダッチはデラックスの家族に再会するが、弟のダーは訓練生となって、ダッチと反目する。
 

Motorcity15_2.jpg
ダッチの弟かあ。
なにげに今回は珍しいダッチエピソードだったのかな。
ダーくんの心変わりがあっさりしすぎている気がしたけど、まあ、いい話だった・・のかな。
ダッチは地味だけど、わりといい話系な。未練があまり無い他の連中とちょっと違うからかしら。

しかし、バーナーズで顔がわれてるのって、指名手配の3人だけなのかなあ。
あれだけやってても、ジュリーは正体判明できずってのもどうなんだろう。

とりあえず、なにがしたかったのかよくわからなかった話でした。
ケインと決着つけてやるぜー!って言ったものの、ただの脱出劇になってたし。
終ってみれば、なんの進展もなかった・・・・

「トロン:ライジング」もそうだけど、支配者と反逆者の物語ってのは、遅々として状況変化せず同じ事の繰り返しみたいなパターンになりやすいものなのかなあ。
犯罪者を捕まえるクライムハンターものは、一話完結でも「やっつけた!」とスッキリ終らせられる。
任務を遂行するシークレットエージェントものでも、「任務完了」でシメられる。

そう考えると、巨大な悪の組織と戦いつつ、使い捨て怪人を1話ごとに倒してゆく、日本の戦隊ものパターンは考えられた末に生み出されたものなのかもしれない。

Motorcity15_3.jpg
それはともかく、チャックはかわいいな。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/6657-2429c340

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。