スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイリトルポニー新OP「マジカル大☆大☆大冒険」と挿入歌の話

MLPjp_newOP_02.jpg
トモダチは魔法だよ!

MLPjp_newOP_01.jpg
「マイリトルポニー トモダチは魔法」のOPが新しくなりました。
公式サイトでも情報が更新されています。http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/mylittle-pony/staff/
●オープニングテーマ
「マジカル大☆大☆大冒険!」
作詞:Funta3 作曲・編曲:Funta7
うた:七森中☆ごらく部 in マイリトルポニー (ポニーキャニオン)

なんでゆるゆりがマイリトルポニー歌うんですか!?みたいなのはあったけど、曲自体は自分はけっこう好きです。
OPの編集もいい感じだったし、けっこう合ってる気がするよ。サビが「トモダチは魔法だよ〜」てのもいい感じ。

まったく合ってなくて意味不明のEDの唐揚げより100倍いいんじゃないですかね。

って、EDは唐揚げのままなのかよ!!!普通そこはセットで変えるもんだろ!!
特に事前告知なかったけど、当然EDも変わるものと思ってなかったからビックリだよ。
なんなのこの唐揚げ推しは。タートルズの時だってセットで変わったよ。変えろよ!!

このままでは私は・・・先に進めないじゃないか!

以下かなり愚痴。
 

どういうことかと言えば

MLPjp_song_01.jpg
11話の挿入歌が原曲+字幕

MLPjp_song_02.jpg
そして今日放送された14話でも原曲+字幕

なんだよそれは!!

良いか悪いかでいえば「良い」のです。
原曲がすばらしいので、作品としてはそれで文句はない。

そう、これを表すとしたら

ガッカリ

ほんと、ガッカリですよ。
二カ国語放送なんだから、英語版なら副音声で聞けるんですよ。
せっかくの日本語版なのに日本語で歌わないでどうするのよ。あほう。

これが自分の中で予想以上に失望感が強くて、どうにも日本語版マイリトルポニーを語るモチベーションが下がりまくっちゃって、なーんにも書けなくなっているんですよ。
今回はきっと日本語ラリティが歌ってくれる!そしたらモチベも復活する!
そう思って見てたらこれだ。 だめだ。もうダメや・・・

11話の「Winter Wrap Up」なんて世界各国版が揃っていて(>マイリトルポニーカラオケ)、ここについに日本語版も加わるのか。胸が熱くなるな。なんて思っていたのに。

字幕ってなんだよ。この腰抜けが!お前が唐揚げになれ!

ピンキー以外は全部日本語版歌は無いってことですか?
はー、もうガッカリ。カッガリだよ。ガッカリだよ!

通常の吹き替えと違ってレッスンも必要となるし、歌吹き替えは大変なことは承知です。
我々はいつから制作側の事情を考えて視聴をするようになったのか。
そんなこと知ったことかよ。

別に原曲を超えるものまでなんかは期待してません。
多少はずしてたっていいんですよ。日本語で歌うのが聞きたかったのですよ。それゆえの日本語版でしょうが。

地上波より予算がはるかに少ないCSの海外アニメだって、がんばって歌吹き替えしてるというのに。
チャウダーだって・・・・アドベンチャータイムだって・・ガムボールだって・・・小さなプリンセスソフィアだって・・・
あーーーーーーーーーもう。

MLPと違って毎回挿入歌があってもっと大変な「フィニアスとファーブ」は、途中から原曲+字幕になった時期がありました。
最初はちゃんと吹き替えてたのに、途中で字幕になったあのガッカリさといえば・・・
ただ、フィニアスとファーブはリピート中に、録音し直して、今ではすべてのエピソードで歌が日本語吹き替えになっています。

パンツにリスがいるんだよ!

リピートされるCSの番組と違って、地上波なだけに、日本語吹き替えに切り替わることなど無いでしょう。
だからこそ、余計にガッカリなのですよ。
「Winter Wrap Up」の日本語版歌は永久に存在しないってことですから。
フォーーーーーーエバーーーーーー

アホか、アホか、アホか。


日本語版の吹き替えについては、それなりに気に入ってます。
特に回を重ねるごとに、声優がどんどんキャラを掴んできたのか、すごくなじんで上手くなってきてる感じを見てるのも楽しいし。
(パワパフでもバブルスなんか初期と後期ではずいぶん違ったしね)

こうやって、どっちがいいだのなんだと言えるのも海外吹き替えものの、楽しみの一つではあるんですよ。
なのに、その土俵にすら登らないなど、論外。
あるのは、肯定でも否定でもなく失望感。

日本語版DVDが出て、そこで日本語版歌になってるというのを期待したいけど、正直期待できないなあ。
OPEDの歌とか誰が歌おうがかまわないから、挿入歌なんとかしてください。
別に声優が直接歌わなくてもいいから。
ラプンツェルだってしょこたんが歌ったわけじゃないし。



・・・とまあ、
楽しく見ている作品をグチグチ言うのは好きではないのですが、ここで発散しないと、先に進めない気がして、思う存分書いた。

ふう、これで言いたい事言ってスッキリしたから、少しモチベは回復するかなあ。
でも今後歌が期待できないと考えると、やっぱりモチベ下がるなあ。

そういや、こちらのウィーヴ版のマイリトルポニー公式サイトも、まるでやる気ないよなあ・・
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/6682-970d9995

コメント

orca:
歌に関しては確かに残念ではありましたが・・・
とは言えスカポン太さんにはがんばってもらいたいのです。
というのはMLP日本語版の感想・考察しているサイトが極めて少なく
日本語版から入った人たちが感想を読みたくてもなかなか・・・
やっぱりそういうの読むと気分が盛り上がるしMLP人気を盛り上げるためにも
ここはひとつ。

今回良かったのはラリティさんの「ひらめいた~!」が
「ア~イディア~!」にイントネーションを合わせてくれたのが
嬉しかったなぁ。
tmwk:
フィニアスの歌は日本語&英語両方聞いてもイイですねえ、違和感もなく訳も面白い。
mlpは英語教材として割り切れば…
割り切れねえな。製作者のパンツにリスねじ込むしかないですねこれは。リス用意しないと…
てつのけん:
「原曲が良い」と「吹き替えを用意しなかった」は別問題ですよね...
原曲が良いからそれを尊重したのかというと
ピンキーの歌はしっかり吹き替えを用意してあるからそれは考えにくいし
原曲が良いという人のためかというと
そう感じてる人は副音声なりなんなりで聴けば済むわけで...
そもそも日本語版は無いから良い悪いの比較もできないという...

自分も今まで肯定的だったのにこれでガツンとやられました
さつまん:
今日ニコニコ動画でMLP11話を見たのですが、言いようのない不満感があり混乱していたのですが、
たぶんスカポン太さんと同じように「ガッカリ」したのだと思いました。
ウィンターラパップはニコ動で字幕つき動画をUPされていて、見た当時から神曲だと思っていたので、
日本語訳がどうなるか放送開始からずっと期待していました。
正直、放送当初はポニーたちの声に違和感を感じるときもありましたが、
スカポン太さんの言うとおりだんだんとキャラと声があってきていると思っていたので、
挿入歌吹き替えどうなるかと期待をふくらませていたのに・・・
原曲は大好きです、曲は良いし英語分かりませんが字幕の歌詞もかわいくて好きです。
でも日本放送で原曲を使われると・・・なんだか期待はずれというより、残念な気持ちになりました。
それでもMLP好きなのは変わりませんが!

スカポン太さんの評論はとても楽しく、時に参考になるので、引き続きブログにお邪魔させていただきます。
それでは長文失礼いたしました。
通りすがり:
一応こういう人間もいますよ、ということで私としてはありです。
そもそも私は副音声+字幕で復習的な感じで見ています。字幕なしで全部のエピソードを見ましたが、英語が堪能なわけでもないので分からなかった部分も多く、今回の日本語放送でいろいろと再確認しています。
副音声で見てるなら問題ないじゃないかと思われるかもしれませんが、私としてはあの原曲の素晴らしさを新規の人にも聞いて貰いたいと常々思っていたので正直この判断は嬉しいです。
通りすがり:作曲者が違う気がする
画像の写真はTVですよね?

TVだと白戸佑輔さんという方が作曲者みたいですが、どっちが正しいのでしょう?
<記名なし>:
ゆるゆりも製作のブシロードのものですね。ミモリン押しとかほとんどがお抱え声優とか、小さなプロダクションなら仕方ないかもしれないですけど、使いまわしはちょっと残念ですね。
HAMAKIN:
海外のブロニーも
スカポン太さんと同意見だと思いますよ
タイテン:
エピソード感想が滞っていらっしゃると思ったら、そのような事情があったのですね。
確かに早い段階からMLPの成長を見守ってきたスカポン太様方カートゥーンファンからすると
原語のままだったのはさぞかし残念だったのはお察しします。

ただ、ポジティブに考えると、ヲタ向けに作ってややスベっているブシロ版MLPですが、
原語の挿入歌が入る事によって、異国情緒溢れる雰囲気を演出する事に成功したとも思えます。
日本の放送に合わせて言語版を見ていない私には、グッと作品が引き締まったように感じました。
従来のファンを失望させる結果にはなりましたが、新規ファンを得る戦略としては間違っていないと思います。
ただ、何らかの形で日本語版を作ってはほしいですよね…特典とか。
<記名なし>:
いつもはROM専で楽しませてもらっていますが、今回の件はあまりに自分の気持ちをそのまま代弁してもらったように感じたのでコメントさせていただきます。

ガッカリでしたよねぇ…

ウィンターラバップが字幕で流れた時のあの「え、なんで?」って気持ちは忘れられません。
BBA好きとして楽しみにしてた14話、日本語版のお嬢様ボイスでどんな風に歌ってくれるのか、ドキドキしながら見ていましたが
流れて来たのはおばさんボイスでまたガッカリ。

仰られる通り失望感を持っておかしくないと思います。

ただ、これはブシロードの意思表示と受け止められる、とも考えています。
仰られるように吹き替え歌は難易度が高いものです。
これまでの日本語歌がピンキーのみだったのは、声優ミモリンが舞台経験も豊富であり、ミュージカルに慣れている人材だからこそ、出来た芸当なのかもしれません。
他のキャスト陣も決して歌えない人達では無いでしょうが、放送レベルに達するまでの完成度には至らなかったのかもしれません。
今回の措置は、中途半端なものを流すよりは原曲の良さや雰囲気を伝えることを優先した、と捉えるしかないかと思います。

加えて、再放送の可能性に関して言えば十分あり得るとは思います。
ブシロードのアニメ戦略として再放送を繰り返して視聴機会を増やす、というのがあります。ミルキィホームズやヴァンガードがその例です。
その点でいくと当然MLPも再放送するだろう、と私は考えています。
今の所そういった話はでていませんが、一先ずはオタ向けに、深夜一挙放送などの形があり得そうなとこではないかと。
その際に歌が差し替えられるかどうかはわかりませんが、可能性はゼロでは無いと思います。

あくまで、前向きに考えたらですが。

自分も日本語版を楽しむモチベーションがグッと減ってはいますが、他の方も仰られるように、日本語MLPの感想サイトは貴重であり、頑張っていただきたいとも思っております。
さらなる日本でのポニーブームを夢見て。

長々と失礼しました。
マグナムセイバー:
日本語版の挿入歌が聞けないのは残念ですが、新OPの方はなにげに良かったと感じます。

が、俺的にはアニメはれときどきぶたのOPの「カレって時々ブタ」みたいな感じのOPにして欲しかった・・・
 :
単純に子供向けの番組に字幕の歌ってどうですかね。
orca:
子どもにとっては英語か日本語かはそれほど問題ではないと思う。
英語字幕の方が親御さんには受けがいいんじゃないかね。
Jibril:
一番ガッカリしてるのは海外のブロニーだろうな…
もしMLPが地上波じゃなくディズニージュニアとかでひっそり放送してたら……きっと歌もちゃんと吹き替えられてたでしょうしね
ブシロード以外にいなかったのか…
やっぱりWinter Wrap Upはみんな放送前に期待してた分ガッカリですね
比較的長い歌が原曲のままってことは、ピンキーでもSmile Songはそのままだろうし
残念としか言いようがないですね

もしDVD出るなら歌も吹き替えて削除シーンを元に戻したりしてほしいですが、
モンスーノもまだDVD出てないみたいだし……あまり期待しないほうがいいのかな

あと、字幕の訳で疑問があるんですが、
アップルジャックの"we can't grow in this cold"が「私達育ち盛りなのに」(うろ覚え)と訳されてましたが
あれって「この寒さじゃ作物も育てられない」って意味じゃないんでしょうか?
growは自動詞にも他動詞にもなるからどっちの解釈もできるだろうけど……特に歌自体とは関係ないですね
スカポン太:
書いてみるものだなあ。
いろんな意見が聞けたのは、なんだかモチベが上がった気がします。

逆に原曲が流れたこともよかったという意見も聞けると。

ああ、そういえばブシロのヴァンガードとか再放送やってますね。
商品が出揃った後にもしかしたらと考えると、ちょっと気分よくなってきたよ!

>we can't grow in this cold
自分も素直に訳せば「作物が」育たないという意味だと思いますが・・・
はりはり亭:
う....今回の感想はショックでした。コメントしようか迷ったのですが、以下こんな人間もいるということで。
私にとっては原語に字幕というのはとてもうれしい判断でした。今回もこういう歌は英語は映えるな、ドイツ語やイタリア語はオペラだけど英語はミュージカルだよなあとご機嫌で見ていたのです。だからスカポン太さんや多くのファンの方々が否定的な評価をされているのを見ていま愕然としています。
でも確かに、副音声というものがあるのですからスカポン太さんのおっしゃっていることは正論です。正論なのですがここまで言われてしまうと...。
一つには私が日本語ミュージカルとか、ロックやフォークなどあちらのヴォーカルミュージックの日本語吹き替えにたまらなく嫌悪感を持っているということもあるかと思います。ディズニーの歌も、その他のカートゥーンの歌も、吹き替えで良いと思ったことがありません。むかし、スティングが「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」の日本語版を出した時も耳をふさいで逃げ出したくらいなのです。そんなのはお前個人の性向だろうと言われればそれまでですが....だから今回も「お、気が利くね!」ぐらいにしか思ってなかったのです。
おかげで今回の件は勉強になりました。この文章が不愉快だったらごめんなさい。

ところでオープニングはやはり「ゆるゆり」でしたか。一瞬見間違いかな、俺も脳に来たかな、と思いました。
だったら:
そこまでMLPのことをお思いのはりはり亭さんは
無神経なカットを入れまくり歌の吹替/字幕すら統一しない
あまりにもずさんな日本版MLPに対して
腹の底から憎しみを燃やしておられるのでしょうね
私も同じ気持ちです
錆:
皆様、日本語版MLPに対して様々な感情をお持ちのようですが、
人様のブログであまりイライラしても仕方ないじゃありませんか。

ただ少なくとも、私もどうやら現在の日本語
版MLPが、あまり皆様満足できるほどの出来でもないらしい様に思えて
少々残念に思っていることも事実ではありますが。

あと、唐揚げが続投って …
スカポン太:
>はりはり亭さん
そういう意見を聞けたのはとても嬉しいです。
最初に書きましたが、良いか悪いかでいえば「良い」けど、自分は日本語で聞きたかったので残念だったということですね。

モヤモヤしたままだとどうにもならなかったので、思わずぶちまけちゃいましたが。
のん:
初めてコメントいたします。
いつも海外カートゥーンや玩具の記事、楽しみに拝見しております。
MLPの挿入歌が吹き替えじゃないのは、本当に残念でした。
しかし、原曲でも吹き替えでも結局は不満が出るのではと思います。
とある洋ゲーでは、町にいる多くの吟遊詩人が歌いまくるという要素がありました。
日本語版は吹き替えで歌いまくりです。結果は散々で、大バッシングものでしたが。
声優さんも一生懸命歌っていたので、可哀相でした。
昨今の声優さんは歌が上手でないと叩かれる傾向もあったりします。
色々とデリケートな要素なのかもしれないと、常々感じております。
row:
最初からピンキーパイの歌が日本語だった事もあって、期待はどうしてもしてしまいますからね…
アレはアレで悪くはなかったので、てっきり全部日本語になるのだと思ってました
いろいろと低予算で放送されてる弊害なんですかねぇ
はりはり亭:
>スカポン太様

お返事ありがとうございます。正直、余計なことを書いたかな、と悩んでいましたので、ほっといたしました。
皆さんの意見を読むにつけ、これは一筋縄ではいかないものなのだな、と痛感しております。繰り返しますが、よい勉強になりました。
ディスクになるとき、吹き替え版も作成されると良いですね。
みやもと:
初めて書かせていただきます。
貴ブログによってMLPを知り、MLPにより英語への苦手意識が無くなった者ですので、
今回の記事は「おおっ厳しい」と思いました。

確かにデリケートな話題でしょう。
だからこそ、口をつぐんでしまいがちだし、不満も貯まりっぱなしなのでは。
良し悪しを抜きにした議論を行うのは悪い事ではないです。
「日本版MLPに満足していないのは自分だけではない」という事だけで、良いガス抜きになったと思います。

今回の記事を投稿するにあたり、大きな勇気を必要としたはずです。
スカポン太様、ありがとうございました。
<記名なし>:
ようつべでの外国人の反応
「日本ではもうシーズン2なのか?」
「かわいい!」
「10点中10点だ!」
「自分はあまり好きじゃないかな・・・」
「フルバージョンはまだか?」
などなど、海外のブロニーさんたちも色々反応を返してくれてます
<記名なし>:
<記名なし>:
>ゆるゆりも製作のブシロードのものですね。ミモリン押しとかほとんどがお抱え声優とか、小さなプロダクションなら仕方ないかもしれないですけど、使いまわしはちょっと残念ですね。

一応ですがゆるゆりはブシロードの作品ではありませんよ。
OPED等の権利は社長のツイートを見る限りブシロード側には無いようですし

個人的には日本語版とても楽しんでますよ
とは言え日本語版からの視聴者なので原語版も原曲も知らなかった自分には逆に原曲版を聞けて良かったです
こういった原語版に親しめるような機会を作ってくれるという戦略も兼ねてなら自分には助かっています
もちろん収録が大変などの事情もあるのだと思いますが
しかしやっぱり原語版からのファンには楽しみだったのでしょうね新参としては見えてこない部分なので興味深いです
<記名なし>:
さっき気が付いたんですけど、
問題は、S3までやれるくらい上手くやる気でいるのかどうかって事と、
もしそうなった時に約半分が歌のS3E13をまさか字幕でやる気なんだろうかって事だと思いました
IGS:
1つめのOP歌詞やっと覚えたのに、もう2つめかぁ~^^
まぁEDがそのままだから許してやろうかなー(誰を?w)
<記名なし>:
副音声聞けるのはテレビ勢だけなんだよなあ。ネット勢の身にもなれよ
あら太郎:
自分は字幕でも吹き替えでも感情の起伏が全く変わりませんでした。
S2のペット回の吹き替えも、わたしもセレブ!の字幕もです。
私の場合S1の途中から見るのを止めて、S2のわりと最初の方から見るのを再開したので、当時は娯楽として暇潰しで見てました。
しかし、作品の魅力に引き込まれてハマった今では考えが変わり歌は吹き替えにして欲しいです。(ミュージカル大好きなのでw)

演出的にS2最後の美しい花嫁とハンサムな花婿の歌は字幕派ですが。

英語版も日本語版吹き替えも大好きです。
<客観的>に見るか<ブロニー目線>で見るかで考えが変わった私のような方もいらっしゃるのではないのでしょうか?



スカポン太:
>あら太郎さん
なるほど。
自分は最初からハマっていたので、そういう意見は興味深いですね。
クロムヘイズ:
逆に考えるんだ
多数あるにも関わらず、幸運にも歌うピンキーのキャラを一貫できたと

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。