スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北米CNの新番組オリジナルロボットアニメ「Tenkai Knights」

TenkaiKnights02.jpg
TenkaiKnights01.jpg
2013年8月24日から始まった、北米CNの新番組「Tenkai Knights(展開騎士)」
爆丸をアメリカでヒットさせた「Spin Master」の新商品ブロックロボット玩具「Tenkai Knights」のアニメ版。

ある日、骨董品屋でロボットの玩具と出会った少年が、ロボットに変身して戦うロボットアニメ。
これはロボットアニメでいいのかな・・・まあロボットだしな。
変身するロボット「展開騎士」は、遠い宇宙ので展開エネルギーをめぐって戦っていた二大勢力の正義側。
二大勢力はちょうどトランスフォーマーのオートボットとディセプティコンのようなもの。
要するに、少年がトランスフォーマーに変身するって感じ?
 



北米CNの「Tenkai Knights」ページ
Tenkai Knights公式サイト

企画:Spin Master & ShoPro(小学館集英社プロダクション)
監督:本郷みつる
制作スタジオ:ボンズ

日米合作作品ですね。アニメの実制作は日本のスタジオ。

CNとの共同制作で、本郷みつるといえば、「IGPX」もそうでしたね。

製作の感じが、JAKKS Pacificと電通の企画で、アニメ制作日本の、ニコロデオン放送されている「モンスーノ」とよく似てますね。
最近の傾向である、日本で展開されたアニメや玩具をそのままもってくるのではなく、アメリカ独自企画を日本と共同制作するというスタイル。
モンスーノは日本でも放送され、玩具も一応展開されたけど、こっちはどうなんだろうか。

こちらも脚本は海外のようですが、モンスーノのように異常なことには多分ならない・・・と思う。ならないんじゃないかな・・・
(モンスーノの脚本家は海外ライターの中でも多分ちょっとおかしい)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/6923-7bf353a3

コメント

VicIsono:
>ロボットに変身
既に我々TF者が80年代に超神マスターフォースで通過した場所だッッッ
はりはり亭:
>ロボットに変身

人間がロボットに変身する、というのはそのものズバリの作品があったような気がするのですが....思い出せない。
「魔人ハンターミツルギ」(見たけど覚えてない)だったか「UFO戦士ダイアポロン」(さすがに見てない)か、それとも別の作品だったか。
<記名なし>:
3Dロボ戦闘はダン戦のほうが一枚上手かなぁ
アニメーションスタジオがボンズなら作画で拝みたかった
スカポン太
あーーー 超神マスターフォースw

古いやつだと、「鋼鉄ジーグ」がまさに、人間がロボットの頭部に変形して、巨大ロボ化する話でしたね。
思いのほかロボットに変身ってけっこうあるかも。
けもどら:
くぅぅぅ・・・ダンボール戦機と似たり寄ったりだなぁ・・・(批判コメントじゃありません!)
ダンボール戦機とは関係ない!と思われるけどどうしてもダンボール戦機を思い出すwww
武侠忍者:覚えている分だと、
 はりはり亭さん、”ミツルギ”は忍者の三兄弟が一族に伝わる秘剣を使って忍法で合体変身する時代劇ヒーローなので、ロボではないかも、”ダイアポロン”は三体のロボットが合体してダイアポロンに、更に搭乗者が中で巨大化して動かすパワードスーツ式の巨大ロボットでした。 後、ジーグ以外に”マグネロボ ガ・キーン”はマグネマンの二人が腰の部分に付くエンブレムに変身(変形?)して、他のパーツと合体して、とゆうパターン、”アストロガンガー”では金属生命体のガンガーに主人公のカンタロー君が合体するとパワーアップする(単体でも人格があり動けるけど機動力に難がある)設定でした。 大体マスターフォース式に構成パーツに変身だか変形してロボットとなる、操縦式の変形が多いですね、人間がまんまだとサイボーグだし。(因みにロボコップはアレックス・マーフィーの脳を部品に使っているとゆうせっていだとか、)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。