スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベンチャータイム S3ep3(#29)

#29 13歳のプリンセス/ありがとう
AT_S3ep03_20.jpg
小さな恋の物語。
でもそれは、短い時間のはかない夢。
レモングラブ伯爵もついに登場だね!


「13歳のプリンセス(Too Young)」
AT_S3ep03_01.jpg
重症をおって体のパーツをいくつか失ったバブルガムは13歳の娘になっていた。
そんな13歳のプリンセスと親交を深めるフィンだが、そこにレモングラブ伯爵があらわれ、統治者の資格を失ったバブルガム退陣を要求する。
そんなレモングラブを追い出そうとするフィンとバブルガムだが・・
 

AT_S3ep03_02.jpg
ロリバブルガム再び!!
というか、シーズン2のラストからの続きですね。

フィンも13歳。バブルガムも13歳。
おねショタ関係ではなくなり、年齢差も埋まって、親交を深めようとがんばるフィンの淡い恋心。
13歳となればもうティーンですものねえ・・・ふう。

AT_S3ep03_03.jpg
いちゃいちゃしおってからに・・・・ニヤニヤ('~`)
見てるこっちが赤くなるわ。

AT_S3ep03_04.jpg
ゆるすものかぁぁぁ!!!
ぶぅあぁぁぁぁ

そこへ突如現れたのが、中村キチレモン 「レモングラブ伯爵(Earl of Lemongrab)」
(レモングラブ伯爵 cv 岩崎ひろし)

どうやら国の統治者の資格は18歳以上ということらしく、若すぎるプリンセスに変わって、王位継承権をもつレモングラブが王位につくことに!!

レモングラブはバブルガムが作り出した人物で、そしてバブルガムの最初の失敗した実験。
AT_S3ep03_05.jpg
さすが、マッドサイエンティスト・バブルガム!!

それにしても、人工生命体が王位継承権もってるってどういうことかしら?
バブルガムの息子みたいなもんなのか???

キャンディーピープルは親から生まれるのではなく、親から作られて生まれるものなのかも。お菓子だし。
そして初めから役割をもって誕生するとかなのかな。お菓子だし。

「最初」?
その後数多くの失敗実験があったってことですよねえ・・・
あっ。第一話のゾンビ薬もそれか。

追記)英語の「Lemon」には俗語のニュアンスで、失敗作、欠陥品、不良品の意味があるそうです。
Lemonといえば欠陥車や質の悪い中古車など指す言葉としてもよく使われている。
不良品が多く質の悪い商品が出回る市場を「レモン市場(lemon market))」とも。
特にアメリカでは酸っぱさ、酸味は好まれておらず、酸っぱい=まずいということらしい。
また、酸っぱい=顔をしかめる。
ほか、レモンは見た目がよくても中身が腐ってたり不良品がまぎれこむことが多い、ということから転化した感じですね。
レモングラブ伯爵は初めから失敗作そのものの擬人化なのか。



AT_S3ep03_06.jpgAT_S3ep03_07.jpg
何が「失敗」だったのかはよくわからないけど、情緒不安定すぎるレモンさん面白すぎww

そんなわけで、レモングラブ伯爵追い出し作戦開始!
AT_S3ep03_08.jpg
ピタゴラタイム!!!
(あっフィルフェイスが)
AT_S3ep03_09.jpg
「おまえは 犬のケツの 臭いがする」
あああああああああああああああああぁぁぁぁぁ


AT_S3ep03_10.jpg
続いては、かわいいオバケ作戦

AT_S3ep03_11.jpg
かわいくても腹パン


AT_S3ep03_12.jpg
さらに激辛薬作戦
天井からこっそりレモングラブの食事に落とそうとするが・・・

AT_S3ep03_14.jpg
ぐああああああああああああぁぁぁぁぁ

ペパーミントバトラーさん災難すぎるw

AT_S3ep03_15.jpg
やり直してレモングラブにも激辛攻撃成功。
「土を食べてます! あの土にもかけてください!」

AT_S3ep03_16.jpg
このバブルガムかわいかった。

AT_S3ep03_17.jpg
追い出し作戦はいろいろ失敗したものの、実はバブルガムはすぐにでも18歳に戻れたのだった。
パーツが足りなかったから13歳の未熟ボディになっただけで、体の元になるものがあればOKだったんすね。
お菓子だから別に自分のパーツじゃなくても何でもいいのか。
そこで、キャンディーピープルのパーツを少しづつわけてもらって、後は・・・

AT_S3ep03_18.jpg
愛のハグとキッスで完成
(フィンのファーストキス?)

AT_S3ep03_19.jpg
(バニラの臭いがする・・・)
復活18歳バブルガム!!!

AT_S3ep03_21.jpg
「フィンたらおばかさんね。あれは5年前のことなのよ」
元に戻ったら再び、年下の弟みたいな男の子扱いするドライなバブルガム。
そ・・・・そりゃないですよ!!!
(´;ω;`)せつない・・・せつない・・・・

AT_S3ep03_24.jpg
少年より早く大人になる少女の、子供でいられる時代は短くて
フィンとのイチャイチャより、そんな「子供」でいられることが楽しかったんでしょうなあ。
恋愛がよりリアルになってくる前の、男の子女の子気にせずイタズラなどして無邪気に遊んでいられた「子供」時代。
この時は恋というより、「恋にあこがれる恋愛ごっこ」みたいな感じだったのかも。

(´;ω;`)せつない・・・せつない・・・・
プリンセスゆえの理由もあるんだろうけど、報われないフィンがちょっと可哀想に。
がんばれ少年。いつか大人の階段をのぼるんだ。

キチレモンで笑ってたら、こんなせつない終りのギャップで胸が締めつけられる。


<今回のカタツムリ>
AT_S3ep03_22.jpgAT_S3ep03_22b.jpg
開始すぐの、うかれるキャンディーピープルの場面



「ありがとう(Thank you)」
AT_S3ep03_23.jpg
スノーゴーレムの元にはぐれたファイヤーウルフの子供が訪れる。
相容れない雪と炎の種族だがいつしか仲良くなる二人。
でも、家族に元に帰してやろうと、炎の山に向かうスノーゴーレムだが・・・

え?なにこれ?番外編?
と言う感じで始まった、ウー大陸のスノーゴーレムのお話。

AT_S3ep03_26.jpg

セリフも少なく、まるで絵本のようなお話でした。
「あらしのよるに」「おまえうまそうだな」みたいな、本来は相容れない異種族交流物語ですね。

AT_S3ep03_27.jpg
子供ファイヤーウルフをあやかすところとか、すごく可愛かった。
でも、その距離が近づくほど相手を傷つけてしまうジレンマ。

AT_S3ep03_29.jpg
なんとなくほんわか見てたら、炎の山に返そうにするシーンにうつってから、ものすごくドキドキしてきたのですよ。
スノーゴーレムさん溶けちゃう!!
これって・・・悲劇的な展開になるんじゃ・・・
アドベンチャータイムだし・・・

でも結局ほっこり展開でジンときたよ。

AT_S3ep03_28.jpg
一方の主人公達がなにをやってたかと言えば、背景でちらちら登場。
いつものようにアイスキングとのバトル。
・・・なんだけど、仲良く遊んでるようにしか見えない。
仲いいよな・・・こいつら。

そして、そんなスノーゴーレムとファイヤーウルフを見て、ほっこりした彼らは・・・
AT_S3ep03_31.jpg
ちゅ♡
AT_S3ep03_32.jpg
「ありがとう」

めっちゃほっこりオチじゃないですかーーーー。
アドベンチャータイムはキチアニメじゃなかったのかよ。

でも、ほっこりはほっこりでも、どこかせつない
(´;ω;`)この気持ちはどんな言葉で表せばいいのだろうか。

AT_S3ep03_30.jpg
幸せそうなアイスゴーレムさん。
ほっこりはほっこりだけど・・・このままだとアイスゴーレムさん溶けて無くなっちゃうよね。

ありがとう。

でも相容れないままの種族の壁で終る。

思えば、唯一の人間フィンの物語も似たようなもので、暗示的だ。ぶわ。

<今回のカタツムリ>
AT_S3ep03_25.jpgAT_S3ep03_25b.jpg
冒頭、スノーゴーレムお出かけの時の木の枝
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/6933-1e934e9a

コメント

トレジャーエクストリーム:
18歳バブルガムいいなあ。
フィオナももっといいなあ、大好きです。
7us:
キチレモンの一人称が「僕」だと…
何となく伯爵ってことで「私」とか高貴な感じだと思ってたぜ…少しまともな喋りだったなぁと。英語版だとyouが「ゆ”ぅぅ」みたいな感じだったけど、訳すと日本語の方が長いから入れづらいのかね。
スノーゴーレムさんがなんかかっこいい。溶ける自分よりもファイヤーウルフを優先する勇気。
このあとスノーゴーレムはどうなったんかな…
7us:
アドベンチャータイムの見所はどう考えてもギャップ。
mocca:
アメリカ人ってすっぱいの苦手なんですか?レモン生産世界一と聞いたことがあるし、南部は柑橘系の栽培が盛んだと聞いていたので、すっぱいもの好きかと思っていました。ビネガーベースのサラダもあるみたいですし。(http://tastesouth.exblog.jp/12799877/
余談ですが、CN入会しようか悩んでます・・・。でもひとり暮らしに有料チャンネルはきついんですよね。
kazi:
キチレモンがかすむぐらい前後編せつなすぎやろ…
前回自分のまいた種とはいえフィンジェイクを助けようとしてたり
アイスキングも成長してると思ったら次の話では…
スカポン太
せつなくてグっとくる話でしたねえ。
キチレモンのギャップがあったからこそもあるかも。

「アドベンチャータイムの見所はどう考えてもギャップ」
そうですね!


>レモン
ドリンクといえばレモネードの国ですしね。
むしろ日常的に大量に接してるがゆえに、いろいろイメージの広がり方が誓うのかも。
あと、アメリカはブロッコリーを生で食べる国でもあるから、けっこう極端な食べ方してるのかも。
日本で思うよりすっぱいとか。

さっき知ったばかりのことなでの、レモンや酸っぱいものに対しての正確なイメージはまだよくわかりません。
a-jack:
レモングラブの「レモン」って、そっち(不良品の意味)の方の引用だったんですね。

「ぐあああ」のペパーミントバトラーさん見て、ケシカスくん思い出しました(笑)
土地神:
中村キチレモン(笑)。
欽ドン賞をあげます。
lcs:
レモングラブの声優さん誰になるんだろうとずっと気になってましたw
そういえばタイトルが伯爵でしたね。earlだからアールグレイから来ているのでしょうか?レモンの香りがする紅茶だし。
バブルガムの息子的な存在だと考えると妙ですね。二人の間に親子というか家族という認識自体あまりなさそうで。
失敗作だし、いろいろあってグレまくった結果があれかもしれない。
まぁそうだとしても、マジキチであることは間違いないですね!
スカポン太
欽ドン賞もろた〜〜!!

>lcsさん
失敗作はレモンで、公爵ではなく「伯爵」になったのはアールグレイとか、いろんな連想はありそうです。
hrok556:
ありがとうに出てきた牛がある意味拷問されてる感じに見えた

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。