スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園NINJA ランディ #13

#13 お仕置き島からの脱出/バッシュが忍者?
gakuenNINJA13_03.jpg
「あたしはダンスフロアで生まれたの」
モーガンさんいいね。
 

「お仕置き島からの脱出」
罰として「お仕置き島」に送られたハワード。親友を助けようとするランディだが、その援助が大きなお世話となって事態は悪化するばかり。
gakuenNINJA13_01.jpg
お仕置き島に召喚された問題児は、ハワードを筆頭にバッキー、バッシュ、モーガン
ここで気になったのは、ハワードがバッキーを「ヘンズレター」と呼んだところ。
バッキーのフルネームはバッキー・ヘンズレター(Bucky Hensletter)
前からちょっと気になっていたんだけど、ハワードはランディのことを「カニングハム」って呼ぶんですよねえ。
友人なのにファーストネームで呼ばないってのはどういう距離感なんだろう??って思っていたんですが、どうもハワードは相手を「ファミリーネームを呼ぶキャラ」なんじゃないかと。

ハンニバル・マクフィスト
ウィリアム・バイスロイ
ジェリー・ドリスコル先生
大人は苗字で呼ばれることが多い。
つまり、そういう大人っぽい言い方をしたいお年ごろ・・ってことかしらん??
このへんのニュアンスはちょっとよくわからんです。
それがどういうキャラ付けなのかはちょっと良くわからないところなんだけど、そういうキャラってことなんだろう。

話は特にコレといったことはないんだけど、忍者入門の中のニンジャがちょっとおもしろかったか。
gakuenNINJA13_02.jpg
サイのニンジャ。そしてクノイチ。えっ!?


「バッシュが忍者?」
gakuenNINJA13_04.jpg
バッシュがニンジャの正体だと勘違いされ、一躍学校の大人気者に。
ちやほやされるバッシュに、正体を隠さなければいけないランディは嫉妬する。
しかし、当然そうなると妖術師やマクフィストに狙われてバッシュが大ピンチに。

妖術師さん久々の登場かな。

なんともうしましょうか、「学園NINJA ランディ」で惜しいと思うのは、意外性の無い展開。
プロットから予想される通りの展開になり、予想どおりの終わり方で、ハワードまったく役に立たない。
周りのいいかげんさに四苦八苦しながら頑張るランディくんは、すっごくいいんだけど、緊迫感が無いのよねえ…
緊迫感というか、ストーリー展開に驚きが無いというか。
10分エピソードとはいえ、もうちょっとなんとかなるだろうに。
あらすじ書いたらもう語ることなくなっちゃうのは、ほんともったいない。

ただ、やっぱりモブはすんばらしくいい。
gakuenNINJA13_05.jpg
gakuenNINJA13_06.jpg
gakuenNINJA13_07.jpg
今回バッシュをニンジャと間違えたマーチンングバンドの子だけど、この男の子かわいい。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/7171-5c157d1f

コメント

おみそしる:
ストーリーも作画も良い。
なのに、いまいち人気が出ないのは、何故?

と思いましたが、同時期のライバルが、
アドベンチャータイムとMLPでは、
無理もないですね。

世はまさに大カートゥーン時代といったところでしょうか。
スカポン太
確かにその二つは勢いがすごいですからねえ。
ただ、ランディくんはもうひとつコレといったものが欲しいかなあ。
真空管:
ニンジャスレイヤ―と絡んでPRしよう!
え?忍殺もマイナーコンテンツ?アイエエ…
スカポン太
ニンジャスレイヤーの方がまだメジャーかも・・・

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。