スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MLPjp】フリムフラムのサイダーソング(日本語版)

MLPJPS2ep15.jpg
サイダー!サイダー!サイダー!サイダー!サイダー!サイダー!
ダーピーもいつもの二倍ガチャっております。
マイリトルポニー ~トモダチは魔法~ 第41話「アップルサイダー対決」でのフリムフラムの歌よかったわあ。

チキチキバンバンとかメリーポピンズとかあの頃のミュージカルぽい雰囲気で、ノリが気持ちいいです。
今回は長い歌にもかかわらず歌吹き替えになっててよかった。
しかも、途中の会話部分がちゃんとミュージカル的な会話イントネーションになってて感動ですよ。
フリムフラムももちろんだけど、グラニースミスのパートとかね!
すてきな日本語ミュージカルになってて期待以上でした。


というわけで、早くもカラオケ仕様になってあがっていました。
仕事早い!!

フリムフラムの憎めない悪役っぷり(まあ悪ではないんだけどね)もよかったけど、この回はとにかくレインボーダッシュがかわいかった。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/7264-d5d0f44f

コメント

桜花Blossom:
所々で聞こえるドューフェンシュマーツ博士の声に吹き出しますよ!
もうラストで「呪ってやるカモノハシペリー」て言わないか心配で心配でw
Uchiyama:
レインボーがサイダーの染み込んだ土を食べるシーンは、涙を禁じ得ないですねw
最後のサイダーで乾杯しているのが、ビールに見えるのは気のせいでしょうか?
スタッフも「ビール飲みてぇ」なんて思いながら作ってたのかも。

ところで、日本でサイダーと言えば炭酸飲料のことですが、
アップルサイダーは単なるりんごジュースみたいでした。
アメリカじゃジュースの事をサイダーと言うのでしょうか?

そう言えば、コーラス以外で初の男性ヴォーカルでしたね。
ニサ:
シュガー・ラッシュで、ラルフが火山噴火させたことより引き寄せられ、脅かす者ではあるが彼と語り合う良いところもあったのに、消滅してしまったキャンディ大王<ターボを演じてることで知ったんだが、あのマッドサエンティストやMLPのフラムも大げさだが、同じ方なんて初めて聞いた!
らぐりも:
はじめまして、ポニコンお疲れ様でした。私は、日本語版中心で見ているのでちょっと厳しいところもありましたが、楽しかったですね。

歌の吹き替え基準ってどうなってるんでしょうね。
子供が聞いて楽しめる歌かどうかって感じなんでしょうか。
ピンキーの歌はほとんど吹き替えでラリティの歌が全滅なあたりからなんとなく。
クリスマスの歌もジングルベル的なやつじゃなくて、日本では馴染みがない感じの歌でしたし。
また、長い歌も吹き替えるのかなと思いました。理解できない言語でずっと喋られても子供は飽きてしまいそうですし。
まあ、そうすると11話とか英語だったのは変ですけど。
全部吹き替えてくれたほうがいいんですが、難しいんでしょうかね。
何にしても、最終回付近の歌は吹き替えて欲しいですね。どんな歌かしらないですが歌うらしいので。
おみそしる:
RD は、この話以降サイダー中毒に・・・
ちなみに、アップルサイダーはアメリカだと期間限定で売り出される飲み物です。
地域によりますが農園で作られる生サイダーは、鼻血が出るほどおいしいです。
RD が中毒になるのもしょうがないですねw

今回は吹き替えも良い歌でしたね。
シーズン2も後半以降は、多言語への吹き替えを意識してか、
英語特有のリリック的な印踏みを自重してる感じがありますよね。
This Day Aria も色々な国の吹き替えに対応できていますし、
日本語版も楽しみですね。
Snowy Sky:
フラタの寝起きがカット!?
これはニコ動に完全版が上がるのを待たなければ!

来週の入院回、(不謹慎だけど)かわいいRDが楽しみです。
スカポン太
今回は歌吹き替えでよかったですねえ。
相変わらず歌吹き替えの基準がわからないとこですが、歌として独立していない会話としてストーリーにかかわるミュージカルはなるべく訳してくれるのかなあ。
ラリティは残念やなあ。

サイダーとは発泡飲料の総称ではなく「リンゴのジュース」の意味です。
Cider別の読み方をすればシードル。となるように、元はリンゴ酒の意味。
そんなわけで、ルートビアをビールにみたてるようなことがカートゥーンでもよくあるように、サイダーもほんのりそれっぽくしているのかも。

ただ、アメリカではここと同じく酒ではなく普通のジュースです。発酵させてないしね。

って、おみそしるさんはしぼりたて生サイダー飲んだ事あるんですか。わあいいなあ。
Uchiyama:
なるほど、リンゴのジュースの事でしたか。
勉強になります!
はなぢが出る程おいしいって、どれ程のおいしさなのでしょう。
そんなにおいしいのなら、レインボーには思うさま飲んでほしいですね。
っていうか、自分が飲みたい。
日本には無いのかと思ってググったら、長野県にもアップルサイダーがありました。
今度飲んでみます。
おみそしる:
私が飲んだことがあるのは、カリフォルニアのものでしたが、
アップルサイダーは、とにかく甘くて美味しかったです。
リンゴの蜜の甘みが濃縮した感じでしょうか。
市販の瓶詰めの物は、炭酸入りもありますね。

そして、熟成されたアップルサイダーというのもあるのですが、
発酵しているのか少しアルコールが入っていて発砲もしています。
色も金色に近いのでシャンパンみたいな感じになっています。
はりはり亭:
今回面白かったのは、基本的に生産量勝負というところで、最後には相手が数合わせのために質を落として自滅しますが、日本のアニメだったら同条件で味勝負という展開になったのではないでしょうか。作り方でそれほど味の差が出ないのか、国民性か。

リンゴ果汁100%の炭酸飲料では、手軽にスーパーで手に入るものに「アップルタイザー」がありますね。あれは南アフリカですが、ときどき無性に飲みたくなります。いわゆる「シードル」ではニッカが結構おいしいものを出していて、ついジュース代わりに飲んでしまいます。本場のシードルも一回試してみたのですが口に合わなかったなあ(良い銘柄を知っていたら教えてください)。そういえば、子供のころはよくミキサーでリンゴジュースをつくってもらいましたが、あれに近いのかな。
スカポン太
アップルサイダーは、きれいに濾過したクリアな林檎果汁ではなく、ちょうどこのエピソードのような泡立ち濁った茶色い感じぽいですね。
絞り立てミキサーでの林檎ジュースが一番近い気も自分もしますが、いろいろこだわりがありそうな。
探してみたら、家庭で作るアップルサイダーみたいな、How to 動画いっぱいあがってたw

こういうの見ると、アメリカでは伝統の定番ジュースなんだなあと実感します。
toki:
気になってサイダーのwikiを見ましたが、今までサイダー=無色透明の炭酸飲料だった自分の定義が覆りました。
面白いことに同じサイダーでも国や地域によってアルコール、炭酸の有無や色がバラバラなんですね。
日本には地サイダーというものがあるみたいですね、こちらが上記のサイダーに近い感じでしょうか。

どうでもいい話ですが海外の方は三○矢サイダーりんご味を不思議に思ったりするのでしょうか、ちょっと気になりますw
スカポン太
>同じサイダーでも国や地域によって
そうみたいですね。
このへん翻訳しにくい部分だと思いますが、そういう事情を知るとすっごく面白いですよね。

>三○矢サイダーりんご味を不思議に
そうかもしれませんww
海外でラーメン頼んだら「コレジャナイ」ものが出てきたみたいな感覚かも
空想の達人
ブンビーさん…もとい高木さんがまさか参戦するとは!

しかもまさかの日本語訳!ガラの時もそうでしたが、この曲は絶対英語のままだと思ったから余計にうれしい!

その上この次に登場するアビソトルは特撮やアニメで多くの悪役の声をあてた(ちなみにホーントキングの声もこの人!)飯塚昭三さん!!


MLPのサブキャラ吹き替え豪華ラッシュはとどまることを知らないw
スカポン太
すごく良かったですねえ。
あ、飯塚昭三さんは特撮の方でも活躍されていましたか。

しかし、なぜラリティの曲は・・・・

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。