スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Fighting is Magic Tribute Edition」Mac版

Tribute_Edition_app01.jpg
MLP対戦格闘ゲーム「Fighting is Magic Tribute Edition」にMac版も出たのでやってみました。
(実行環境:MacOS 10.6.8)

Fighting is Magic Tribute Edition Released

Mac版ダウンロード先(safari不可 Firefox か Google Chrome推奨)
 

ダウンロード先から「Tribute_Edition.7z」(圧縮形式は「7z」)というファイルを落とします。

解凍すると以下の3つのファイルができます
「Tribute_Edition.app」
「GameConfig」
「Readme.txt」

Tribute_Edition_app.jpg
「Tribute_Edition.app」を実行するとプレイできます。

Tribute_Edition_app03.jpg
あとはPC版とまったく同じ
そう。まったく同じすぎる。

Macユーザーにとっては見慣れないインターフェースになっているかと
Tribute_Edition_app04.jpg
トップバーではなく、ウィンドウ内にメニューがあり、このメニューパネルの雰囲気はWindowsのもの。

これはWineですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wine
「Wine」とはMacでWindowsアプリケーションを動作させる互換レイヤー。
ハードウェアをソフト的に再現するエミュレーターではなく、Windows互換のAPIやDLLを用意し、Windows不用でそのままMacOS上でMacアプリとしてネイティブで動かすテクノロジー。
CPUをエミュレートしないため、速度低下などはおきない。

「Tribute_Edition.app」>「パッケージの内容を表示」とするとその中身が見れます。
「Contents」>「Resources」>「wineprefix」>「drive_c」>「winebottler」
その中に入っているのが「Tribute_Edition.exe」をはじめ、PC版のプログラムそのもの。

これって、Wineのランタイムと必要なWindowsAPIをパッケージ化してあるってことかしら?
というか、今のWineて、こういうパッケージ化もできるんだ。すげえ。

ゲームは移植ではなく、中身はPC版そのままなので、内容はPC版とまったく同じです。

ただし
Tribute_Edition_app05.jpg
キーコンフィグはMac版では設定できません。(キー入力できないため)

代りに「GameConfig」ファイルをテキストエディターで編集します。
(これはエイリアスで、実体は「game.ini」)

例)Player2 KEY A=74
ここのキー割当の数字を変える事によって変更できます。
キー配列の番号がどれがどの数字なのかはよくわからないのですが、例えば74は「J」だったりするので、そのへんでテキトーにいじってやればいいんじゃないですかね。
まあ、キーボードでやる人とかいないと思うので、特に問題ないかと思いますけど。

・・・・という自分がキーボードプレイヤーだったりするので、まともに格ゲーなんてできるわけないのでした。
そうでなくとも、格ゲーというかゲームはからっきしなので、内容についてはどうこう言えないんですけどね。

とにかく、ゲーム自体はPC版とまったく同じなので、ゲーム内容についてはどっか他を参照してください。

こちらとか↓
MLP格闘ゲーム ~FiM Tribute Editionの遊び方~
FiM Tribute Editionについて簡単にまとめ

プレイ動画ではこちらなんかをどうぞ




ところで
Tribute_Edition_app02.jpg
キャラセレクトを見てみると、ダーピー、トリクシー、オクタヴィア、ギルダ が追加予定だったんですかねえ。
このゲーム自体、開発中止となった以前のものの(こっそり)引き継ぎ版なので、ゲームバランスの調整はあったとしても、素材を一から作る新規キャラ追加は難しそう。(な、気がする)
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/7461-bcacfd74

コメント

<記名なし>:
いずれLinuxパッケージ版も出るのかなぁ
スカポン太
Linux版も出るかもしれないですねえ。需要があればでしょうけど。
猫夫:
ダーピーの闘う姿は見てみたいですね、どんなになるんだろう
クワパレス:
他の隠しキャラは、誰になる予定だったんですかね。
スカポン太
全17キャラで完成予定だったようので、ある程度思いつくキャラは出てきそうな感じではありましたね。
セレスティア様とか。
ただ、まずはmane6完成が急務で、そこから先は具体的には決めて無かったような気がします。
樹海:
linuxだとwine上でwindows版パッケージがそのまま使えました(wine バージョン1.6.1で起動確認。1.4では起動不可)。ちょっと動かしただけなのでもしかしたら多少の不具合はあるのかもしれません。
スカポン太
なるほど。開発ツールが「ツクール」だから、wineならそのままいけそうすね。
Mac版は親切にランタイム付きで配布されたけど、これもwineでそのまま動きそう。
樫の木:gameconfigのキー設定
gameconfigのキーの数字を少し調べてきました。(自分もキーボードプレイヤーだから自分得)
8:バックスペース 13:エンターキー 16:シフトキー 17:Ctrlキー 32:スペースキー
48~57:0~9の数字 65~90:A~Zのアルファベット 96~105:テンキーの0~9の数字
37:左 38:上 39:右 40:下 のキーでした。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。