スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アベンジャーズ コンフィデンシャル:ブラック・ウィドウ & パニッシャー」日本語版秋発売

>アベンジャーズ コンフィデンシャル:ブラック・ウィドウ & パニッシャーが日本でも発売決定ですね。
ただ、英語版で取り寄せてみてみましたが、結構退屈な作品なので売れるのかどうか…。吹き替え声優は豪華です。 by スタスク


あ、ほんまや。
ACVP-jpBD.jpg
アベンジャーズ コンフィデンシャル:ブラック・ウィドウ & パニッシャー [Blu-ray]
キャスト:沢城みゆき, 玄田哲章, 手塚秀彰, 藤原啓治
発売予定日 2014年9月3日
  

うーん。もういいかなー このシリーズ
このシリーズって、脚本がなー。
前のアイアンマンのテクノヴォアでうんざりしちゃったからなあ。



>日本でつくられたアニメでも何故かDVD化されていない、もしくはブルーレイ化されていない作品が、配信が主流の米国ではしっかりソフト化されていると言うことがたまにあるんですが、何故なんでしょう?
スカポン太さんならお詳しそうなので質問させていただきました。 by スタスク


わかりません。
国によって需要が違うからなあ。
今や(前からかも)、DVDなどは「コレクターズアイテム」
見るためのものより、所有することの価値が高い商品かと。

購入できる一定層がいるかいないかでソフト化の有無が決まるんじゃないかと。
カートゥーンなんかは視聴者層が子供だったりするので、購買力の問題でなかなかDVD化されにくいですね。
また、子供向けでも、数年前のものなら、その当時の子供が大人になって購買力が高まるとDVD化されることもよくあります。
って、具体的にどのへんのことを言ってるのかよくわからないので、よくわからないです。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/7797-21d55039

コメント

真空管:
一方には作画だけはいいのにそれ以外が残念なシリーズがあり
もう一方には作画以外は素晴らしい惜しい販促アニメがあり…
ままならんものですね
<記名なし>:
ブラック• ウィドーのベルトのマークがオムニトリックスに見える。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。