スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gifアニメコラボセッション「GIF-JAM 2014」



11月末に行われた「Animation Breakdown 2014」でのフリープログラム。
Gifアニメのコラボセッション動画。
Gifアニメなので当然音がないので、これは編集した後に音をのせたもの。
 

こうして音がついちゃうと、元がGifアニメなのかよくわからなかったりしますが、今はGifアニメは手打ちの連続ドット絵のみをさすものではないということだ。
レガシーな動画フォーマットなどではなく、Gifアニメは新たなステージきている。
それは動く絵。

いわゆる「動画」 フィルム的に再生される「映像となった絵」とはまた違うもの。
ただそこに置かれている絵が動く。絵が動く。動く絵というフォーマット。
これはtumblrの影響がすごく強くて、Gifアニメは新しい表現として注目されてきてるんですよねえ。
テクノロジーとしてはレガシーなのに。

例えば、これにも参加している
Jacky Ke Jiangのtumblr。
Gifアニメが、動画・ムービーとは違う、動く絵としてのフォーマットであることがわかるかと。

ま、それはともかくとして
Gifjam2014.jpg
最後のこれも凄い気に入ってるんだけど、誰が作ったものかわからない・・・・
うぐぐ

一応、上記動画の説明文に参加者リストが載ってはいるんだけど。
わからん。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/8060-71231781

コメント

NeZ:
「これ絶対サイズヤベェ…」

やっぱり再生ボタン類押さなくてもネット上で置いとくだけで勝手にループ再生される存在って考えるとまだまだ需要はありますね

日本ではアニメのワンシーンを切り抜いてみた。って使い方でまだまだネット上転がってますし。

でも、サイズを考えるとなぁ…
黒枠が一際デカイ作品を見ると、やっぱGIFなんだよなぁ…って思ってしまいます
(;`・v・)ヤッテタカラ ツラサガワカル…
<記名なし>:
名無しで失礼します
見映えする作品いっぱいで面白かったです

>最後のこれも凄い気に入ってるんだけど、誰が作ったものかわからない・・・・
参加者リストのざっと見ですが Lindsey Small という方の作品っぽいですね
heimao:
00:42の所はパワパフのハートみたい。
01:13の黒猫はなんかガムボールに登場しそう。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。