スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー」国内上映決定

ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー」11月14日(土)よりユナイテッド・シネマ&シネプレックスにて独占記念上映!


隊長…トム・マクギラス(飛田展男)、
コワルスキー…クリス・ミラー(手塚英彰)、
リコ…コンラッド・ヴァーノン(関貴昭)、
新人…クリストファー・ナイツ(石田泰弘)、
シークレット…べネディクト・カンバーバッチ(成田剣)、
オクト博士…ジョン・マルコヴィッチ(楠見尚己) 

配給:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社 
配給協力:ユナイテッド・シネマ株式会社
宣伝:シナジー・リレーションズ


ドリワ作品日本で劇場公開って何作ぶりなんだろうか
完全に諦めていた映画ペンギンズ劇場公開。限定とはいえ、劇場公開決定。

ただ、これはちょっと特殊な形。そして、なぜ劇場公開できたか。
ポイントは「11月14日(土) ブルーレイ&DVDリリース 記念」というとこですね。
つまりこれは、DVDのためのプロモーション上映といえる。
そう。
配給は本来の配給会社の「20世紀フォックス」ではなく、そのビデオ販売会社の「20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン」からの配給ということなのである。
どーしてこーいうことになったのか、ちょっとわからないんだけども、なるほど、そういうルートもあるのか!と。

ヒックとドラゴン2も、もしかしたらこのルートの可能性はあったのだろうか。
ヒクドラ2はもうDVDリリースされちゃったから今からじゃ難しいかなあ。

なんにしても、こういうルートが出てきたことで、今後はディズニーピクサー以外の海外劇場用アニメもチャンスが出てきたということだろうか。

『ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー』発売決定!
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/8282-37e74cc2

コメント

ニサ:
サクサクとお菓子にパクついて話を聞かずにいるへんてこ生意気可愛いペンギンの仕草が可笑しかった。
ポロポロ:
これでピーポディアンドシャーマンの日本版正式リリースも兆しが見えてきましたね
それとAmazonの配信限定というよく分からない日本展開をしているメガマインドBD化は何故しないのでしょうか?
ベン弁:
ペンギンズでなくマダダスカルの制作スタッフなんですよね、なので見るとしたらテレビ版でなくマダダスカルのペンギンズとして見ないと違和感が感じるんでしょうね。

テレビ版ペンギンズの方はスタッフはディズニーに移籍したらしいので無理なんでしょうね、キングジュリアンとかフレディやジョンソンとかデンマークの謎が解けるとかを最初は期待してたんですけど、まあこれから放送のテレビ版でわかるかもしれませんけど。
スカポン太:
そうですね。こちらはマダガスカルのペンギンズで、TVシリーズとは別物
で、実際そこらへんの違いによって、実は海外でもイマイチ成績良くなかったらしいんですよね。
まりも:
今夏はピクサーよりミニオンの宣伝がハンパないですね
東京駅の京葉線エリア全体がミニオンの広告ジャックされてたのは狙いすぎててちょっと笑いましたw
KET:ホントに....
マダガスカル3以降は公開してくれる会社が日本に無いことが原因らしいですけど、ホントヒックとドラゴン2は日本公開して欲しかったです。ガーディアンとかもイザコザが無ければ、日本公開出来てたのに.......

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。