スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西部劇カートゥーン「Long Gone Gulch」のクラウドファンディング開始

tumblr_nudmy3iU3U1udippto1_r1_500.jpgtumblr_nv1i633E8M1udippto1_500.jpg

オリジナルカートゥーン「Long Gone Gulch」(ロングゴーンガルチ)


そのトレーラー
カートゥーンでは、ありそうであまりなかった西部劇。
 

LongGoneGulch01.jpg
赤毛のカウガールが「ローハイド(RAWHAIDE)」

LongGoneGulch02.jpg
ロカビリー野郎が「スナッグ(SNAG)」

LongGoneGulch03.jpg
緑髪のシャーマン姉さんが「バッファローウィング(BuffaloWing)」

他にジャッカロープの市長(Mayor) ※ジャッカロープ 鹿の角がある伝説のウサギ
サスカッチ(Squatch)
サボテン男ピンチレイ(Pinchley)
などなどが主要メンバーの様子。

ローハイドちゃんいいねー

クリエイターはTara Billinger と Zach Bellissimo
ティーンタイタンズGo!やモーターシティなどに参加していたアニメーターコンビ。

数日前にこのトレーラーがひょっと出てきて、これは何???
と思っていたら、この作品のクラウドファンディングが開始されました

Long Gone Gulch Animated Pilot(gofundme)
目標額は3万ドル(360万円相当)

アニメーション作成費用にしては、めっちゃ安い。
これは、本編製作費ではなく、パイロット版制作のための費用。
アニメのシリーズ化なんて億単位の金額なので、さすがのクラウドファンディングでもまず難しい金額。
今回は、どこかへ売り込むための「パイロット版」製作費をなんとかクラウドファンディングで集めてという趣旨のものでしょうね。
ゲーム等の、製品購入費とイコールともなるファンディングとは違い、どっちかといえば寄付に近い感じか。

CNに務めていただけに、CNの次期作品の企画などにも出してたりしてたのかなあ。
ただ、そういう内部企画会議とかをすっぱ抜いて、直接視聴者へ企画をアピールできるのが、今の時代か。
今ならもしかしたら、CNとかディズニーとかでなく、オリジナル番組を求めているNefflixやHuluやamazonなんかがスポンサーになりそうな可能性も高いしねえ。
そのための、プレゼン企画物としての「パイロット版作成」

アニメーションそのものは作れても、音楽や声優、その他もろもろの費用が今回のクラウドファンディン資金ということみたいです。
だから、わりと低価格。
Bee and puppycat の時とか60万ドルっすよ。

けっこうよさげなので、これは成功してほしいですね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/8381-b208dae0

コメント

ソドミホモスキ:
メインの女性陣が歯っ欠け(すきっ歯?)やら、目の周りにペイント(入れ墨?)だったりで
コンテスト出場する様な美女・美少女のみを(視聴者も作り手も)要求してそうな日本だと
二の足踏まれそうなデザインが寧ろ魅力的ですね。

1人・一万円として360人…最悪パイロット版だけでも是非実現して欲しい処です。

処で↑でも少し述べてますが、カートゥーンの基本デフォルメ強いデザインはディティール
の解釈でたまに悩む時有るのですが、そんなの私だけでしょうか?w
スカポン太:
>ディティールの解釈で
わかる。
スティーブンユニバースくらいのものですら、この髪型どうなってんの?ってありますしね。
パワパフの擬人化とかでも人によってけっこう解釈かわってたりしますからねえ。
<記名なし>:
めちゃくちゃカワイイ・・・!
heimao:
さっそくローハイドちゃんイラスト描こう思ってる
EIJI:これいい!
これとっても好きです。西部劇モチーフのせいか、ほんのちょっとクラシカルな匂いがするのもいい。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。