スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Netflixで「ポップルズ」配信開始

Popples-netflix2.jpg
なんだこのもふもふ生物は・・・・


Popples-netflix.jpg
http://www.netflix.com/title/80045811
Netflixで「ポップルズ(Popples)」配信開始
Netflixオリジネル作品ということで、どうも世界同時配信ぽいですね。

ポップルズとは・・・新作ではなく、80年代の玩具のリニューアル版。


Popples.jpg
80年代のポップルズ


new-Popples.jpg
それが、こうなった。

ちょうど、ケアベアやマイリトルポニーと同じファンシー系玩具の一つ。
マイリトルポニーもリニューアルされて新シリーズが始まったように、このポップルズも2015年に復活したというわけだ。


80年代時のポップルズアニメ版

新しいシリーズはより擬人化が進んだ感じですかねえ。
こういった玩具のアニメ化シリーズは一時期は停滞していたんですが、ここ最近でどんどん活性化してますね。
そして、そのアニメ版の放送が、通常のTV局ではなくNetflixというネット局というのが時代の変化か。
こういうのは玩具のプロモーションであるゆえに、認知度をあげなくてはならないのが必須。
つまり、Netflixが通常のTV局と同レベルの影響力をすでにもっていることを意味する。(日本はともかく)
モンスターハイやエバーアフターハイなども今やニコロデオンで放送じゃなく、Netflixで独占配信とかだものなあ。

「ポップルズ」の内容に関しては、特にフツーの児童向けって感じだったけど、
ちょっと気になったのが、これの制作スタジオ

Saban Brand
Zagtoon
Method Animation

Saban といえば、あのご存じパワーレンジャーやタートルズ特撮版のサバン
Zagtoonといえば、あの「レディバグ」のスタジオ。
Method Animationは3Dのスタジオで、これまた「レディバグ」のCGや「チャップリン&Co」などの制作したスタジオ

つまり、これはフランスアニメ。
サバンがプロデューサーで、Zagtoonがコンテきって、Method Animationが動画制作ということかしら。

そこでNetflix配信の傾向をみると
フランス作品が多い(ワクフ、オギコクなどなど) というか欧州作品、アメリカ以外作品がけっこうある
サバンからもけっこう配給されてる

というわけで、今後はNetflixではパワーレンジャーや欧州系の作品がどんどん追加されてくる可能性が高そうですね


ところで、このクレジット
new-Popples-cd2.jpg
何語だこれ?

new-Popples-cd1.jpg
そして日本語クレジット

どちらも同じ「Mediadub International」が音声収録している様子。
ローカライズをその国の録音スタジオに任せるんじゃなくて、同じ会社が一気に各国語を作っちゃうという感じなんだろうか。
このへん公式が最初から複数各国語版を作るヨーロッパぽいなー ってちょっと思った。
ただ、今までその中に日本語版があったことはなかったんだけど。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://ppgcom.blog12.fc2.com/tb.php/8385-be6eb706

コメント

ニサ:
ブーズマーケットで未だに健在してるぐらい雑貨や玩具が売ってるのね。
massangeana:アラビア語
だと思うのですが、アラビア文字が左から右に並んでしまっているようですね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。